"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

音楽

注目したドラマー「エイブ・ラボリエル・ジュニア」やはり有名だった

2018年10月 31日(水)

ドラム

@carloscastilla/Depositphotos.com

ポール・マッカートニーの「フレッシュン・アップ・ツアー2018」東京公演を観た

2018年10月31日ハロウィンの日に行われたポール・マッカートニーの日本公演。東京ドームへ観に行きました。

 

 

ドラムを叩く大柄なミュージシャンに目が釘付けとなった

ステージ両サイドのスクリーンに時々大写しとなるミュージシャンたち。

ポール・マッカートニーの姿に興奮するのは当然ながら、時々大写しになるドラマーの姿が気になって仕方ありませんでした。

ご機嫌なドラムのサウンドとともに表情が豊かで見ていて飽きないのです。帰宅してから調べてみたら、やはり有名人でした。

 

エイブ・ラボリエル・ジュニア(Abe Laboriel Jr.)

ドラマーの名前は「Abraham "Abe" Laboriel Jr.」(1971年3月23日生まれ)。

 
Abe Laboriel Jr. – "GOE" with The Jazz Ministry

 

ポール・マッカートニーのバックは2001年から

ポールのバックを務め始めた2001年以前には、スティング(Sting)、エリック・クラプトン(Eric Clapton)やスティーブ・ウインウッド(Steve Winwood)のライブやツアーにも参加しています。(Abe Laboriel Jr.-Wikipedia ご参照)

 

Vic Firth Short Take: Abe Laboriel Jr.

 

Performance Spotlight: Abe Laboriel Jr.

 

エイブのドラムを絶賛する記事の一部を紹介

ネットにはエイブのドラムプレイを絶賛する投稿も多く見られます。

ヘヴィーだけど唄っているグルーヴが素晴らしい!
 
Vanessa Carltonのヒット曲”A Thousand Miles”(2002年)のドラム演奏
 

父親は伝説的ベーシストのエイブラハム・ラボリエル

エイブの父親は「エイブラハム・ラボリエル(Abraham Laboriel, Sr.)」でメキシコ出身のジャズ・ベーシストです。知る人ぞ知る重鎮とのこと。

3000作を越える楽曲の録音に参加。アメリカの雑誌『Guitar Player』では「我々の世代で最も幅広く活躍するセッションベーシスト」と評されている。

エイブラハム・ラボリエル ー Wikipedia より引用

 
Abraham Laboriel Sr., "Listen to Your Brother" - live at Berklee

 

▲画像クリックでAmazonへ▲

 

やはり血は争えない(DNAは嘘つかない)のでしょうか・・・

 

 
▼Abe Laboriel Jr. のTwitter▼

 

---------------ヽ(^。^)ノ

ヨシオクノのツイッターはこちら。

ヨシオクノのfacebookページはこちら。

 

コンサートに関する話題

 
 
 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を
 

 
= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号

 

 

JASRAC包括許諾マーク

JASRAC許諾マーク

JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 

 

プロフィール

奥野 良孝 Owndays(オンデーズ)CFO

ヨシオクノ 奥野良孝

OWNDAYS 取締役|
メガバンク~投資銀行
(融資/債権回収/再生)
→脱サラ
→オンデーズ再生に参画
→次は自分3.0?
音楽全ジャンルとダンスLOVER

 

ブログ内検索

-音楽

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.