LINEで送る
Pocket

エリック・カルメンの代表作「オール・バイ・マイセルフ」は今でも時々耳にする名曲です。この曲がロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフのピアノ協奏曲をモチーフとしていることを最近知りました。比較してみたら一部パートはほぼ同じじゃん!という話です。(文中敬称略)

エリック・カルメンの代表作「オール・バイ・マイセルフ」はセリーヌ・ディオンもカバー

アメリカのミュージシャン「エリック・カルメン」の大ヒット曲「オール・バイ・マイセルフ(All by Myself)」・・・

私が1980年代から好きで、よく聴いたりカラオケで歌ったりした曲です。

1997年にカナダのスター歌手「セリーヌ・ディオン」がカバーした曲が大ヒットしたことでも知られています。

▲画像クリックでAmazonへ▲

1975年、エリック・カルメンのソロデビューアルバム「オール・バイ・マイセルフ」からシングルカット

 

Eric Carmen – All by Myself (Audio-1975年)

 

1997年、セリーヌ・ディオンのカバー曲も全米4位のヒットを記録

 

Céline Dion – All By Myself (1997年)

 
▼リンク先14曲目で試聴できます▼
エッセンシャル・セリーヌ・ディオン

▲画像クリックでAmazonへ▲

オール・バイ・マイセルフは「ラフマニノフ”ピアノ協奏曲第2番”をモチーフとした」

ところでこの「オール・バイ・マイセルフ」。セルゲイ・ラフマニノフのピアノ協奏曲をモチーフにしているというエピソードを最近知りました。

インターネット上では時々取り上げられていたようですが、私は初めて知って少なからずショックをうけました。

本ブログの9月の記事 ビリー・ジョエルが”敬愛する”「ベートーヴェン」について語っている では、ビリー・ジョエルが「This Night」でベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」の一節をそのまま利用していることを書きました。

このエリック・カルメンの「オール・バイ・マイセルフ」もラフマニノフのピアノ協奏曲の一節をそのまま拝借したパートがあるのです。

1976年、「オール・バイ・マイセルフ」が全米2位の大ヒットを記録した。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をモチーフにしたこの曲は、途中にピアノ協奏を挟んだ7分超のドラマチックな大曲。

多くの歌手にカバーされたほか、日本では何度かCMに使われたことがある。

エリック・カルメン ー Wikipedia より引用

それでは、問題? の酷似している部分を続けて聴いてみましょう。

原曲:ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ー第2楽章

まずは、原曲である「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ー第2楽章」です。

下の動画をクリックすると、該当部分(01:45~02:15)が自動再生されます。

 

河村尚子 Hisakokawamura ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 第2楽章

エリック・カルメンのオール・バイ・マイセルフ

次に、エリック・カルメンの「オール・バイ・マイセルフ」。

下の動画をクリックすると該当部分(00:28~00:55)が自動再生されます。

 

Eric Carmen – All by Myself (Audio)

 

いかがでしょうか? オール・バイ・マイセルフが盛り上がっていくパートがほぼ同じに聴こえます。

 

たとえパクリであっても曲は好きだけど・・・

一部が(悪く言えば)パクリであっても、この曲が好きであることには変わりありません。

しかしながら、数年前の「類似デザイン問題」の過剰にも思える叩かれ方を思い出しました。

デザインも音楽も同じ「芸術作品」なのに、その寛容度に大きな差があることに違和感を覚えてしまうのです。

 

▼Amazonで「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」を調べる▼
 

おすすめ記事
 
LINEで送る
Pocket