"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

ヨシオクノ 奥野良孝

Debt借金という文字を鉛筆のお尻の消しゴムで消している

銀行融資のDPO「事実上の借金の棒引き」知っておいたら強くなれる

事業に失敗!でも借金苦で自殺なんてダメ、絶対に。銀行で債権管理回収の業務を行っていたとき、残念なことに、将来を悲観して自ら命を絶たれたお客様がいます。銀行から離れた立場にいる今こそ、言えること、伝えるべきことがあります。 ...

木製スプーンでライスベリーをすくった様子

バカ売れしてた「ライスベリー飲料」セブンイレブン-タイ-バンコク

恐る恐る買ったドリンク、素材は注目のスーパーフードだった! バンコクのコンビニエンスストアで目にした不思議なドリンク。「Rice Berry」と(その部分だけ)英語で書いてある。「ライスベリー」とか、聞いたことも見たこと ...

カバンにぶら下げられたヘルプマークのアップ

全国へ拡大中「ヘルプマーク」とは?内容を深く知っておけば慌てない

全国に普及し始めた ”ヘルプマーク”  目にしたら、どうすればいい? 地下鉄の車内。目の前の座席の女性がバッグに赤色のマークをぶら下げている。以前ネットに流れる記事を読んで「知っていたつもり」だった。しかし今この瞬間に正 ...

散らばったトランプ

東南アジア行くなら必読「イカサマ賭博・トランプ詐欺」手口を知ろう

日本人を狙う「いかさま賭博」  手口を知っておけば安心。ネットで「トランプ詐欺」と検索すると、たくさん情報が出てきます。特に多いのはセブ(フィリピン)での被害。実際は日本人が訪れる東南アジアのほぼ全ての地域で被害に遭う可 ...

4匹の猫

伝説のイカ天バンド「たま」ヒット曲と人気沸騰の裏側で葛藤

平成元年(1989年)の「イカ天」で全国区で人気に火がつき、”たま現象”とも呼ばれるブームを巻き起こした伝説のバンド『たま』。その特異性と音楽史における意義を書いた記事は山ほどあります。ここでは「白ランニングシャツの」石 ...

no image

※この記事は削除しました

階段を上がるスーツ姿の男性 白黒反転

貸し渋り・貸しはがし「悪魔の緊急経済対策」融資回収の裏側

銀行が冷酷無慈悲となった理由。最前線にいた私が書きます。バブル崩壊~”失われた20年”の半ばで社会問題化した、銀行による過酷な融資の貸し渋りや貸しはがし。なぜ常軌を逸した行動に走ったのか、わかりやすく説明しましょう。原因 ...

銀行員の悪魔のシルエット

貸し渋り・貸しはがし「銀行員は冷酷非情?」融資回収の裏側

21世紀初頭、銀行による過酷な融資の貸し渋りや貸し剥がし(はがし)が社会問題化しました。実際に何が行われていたのか? 「貸し剥がし」にフォーカスしてその手法と実例を、メガバンクの最前線にいた私が書きましょう。(文中敬称略 ...

no image

※この記事は削除しました

阿波おどり女踊りの列

徳島阿波踊り「観光協会VS徳島市/徳島新聞社」雑誌記事を整理した

破産申し立てまで債権管理の整理と週刊現代の最新記事の解説。Web上の幾つかの報道と現代ビジネス・週刊現代から出来事を抽出して整理しました。(文中敬称略) 破産申立てまでの経緯の再整理(徳島市長VS観光協会会長の個人バトル ...

阿波おどり

徳島阿波踊り中止?観光協会の破産は「泥仕合」の様相が強い

阿波おどりを運営する徳島市観光協会を徳島市が債権者として破産の申立てをしたという報道が2018年3月2日に流れました。このニュース単発だけだと唐突感が否めません。調べていくと、どうやら1年前から続く泥仕合の様相が強いため ...

no image

※この記事は削除しました

no image

※この記事は削除しました

no image

※この記事は削除しました

高層ビル群の前にたつスーツ姿の男性の後ろ姿

銀行のお願い営業「拒絶して悪習断ち切ろう」融資審査には影響しない

銀行の悪しき慣習「お付き合いのお願い」営業を撲滅せよ。勤務先の取引銀行または個人取引がある銀行の営業マンから、「お付き合いで!」とか「お願いします!」といったお願いセールスを受けた経験がある人は多いと思います。特に会社の ...

手錠をかけられたスーツ姿の男性の腕

【検証】北村晴男弁護士「しくじり先生」で言う痴漢冤罪の回避術とは

昨年(2017年)8月、テレビ番組『しくじり先生』で北村晴男弁護士が提言した『痴漢冤罪を回避する術』が、「画期的!」や「神解説!」とネット上を駆け巡りました。その内容は「まずは両手を上げ『今から私は何も触らない。DNA検 ...

no image

※この記事は削除しました

ゴルフコンペの馬券は違法

ゴルフコンペ好き銀行員「恒例行事の馬券表」は違法行為と知ってた?

銀行の営業店で行われる店内ゴルフコンペでは「馬券」と呼ばれる”賭け”が恒例行事となっていました。店内スタッフの多くから掛け金を募り、当選金を現金で配当するこの行為は「賭博罪」。実際に一般企業では書類送検された事例も。(文 ...

ライブハウスの観客

忌野清志郎→実は「ザ・タイマーズ」の名曲がデイドリームビリーバー

RCサクセションとかアナーキーとか『メシ喰うな!』とか、古い時代のロックバンドの話。CMソングとして有名な『デイ・ドリーム・ビリーバー』は、忌野清志郎の曲だと思われているが、リリース時には「ザ・タイマーズ」という覆面バン ...

no image

※この記事は削除しました

新宿のビル街の航空写真

バブル期の銀行「不動産担保に完全依存」融資姿勢は狂気沙汰

バブル期の銀行の貸出姿勢と担保の基本。バブルの時代、不動産の価格が下がることを想定していないような銀行の融資スタンスに商品開発。振り返ってみれば、あまりにも異常でした。 法務局で不動産担保の調査 三つの銀行が合併して誕生 ...

高速道路「日産スカイラインR32型」180kmでパトカーを追い越したら

ペーパードライバーで恥をかいた社会人1年目。私の購入した記念すべき最初の愛車は、日産渾身の力作「スカイラインR32型」でした。ハンドリングおたくも納得する操縦性能と、どこまでもご機嫌なエンジン。勢い余って高速道路でパトカ ...

no image

※この記事は削除しました

ドラマも凌駕「半沢直樹なんかガキだよ」富士銀行赤坂支店事件を知る

「戦後最大の金融スキャンダル」と呼ばれた「富士銀行赤坂支店事件」。私が「入行した店舗」と「銀行員生活の最後を過ごした店舗」の2つともが、この大事件の舞台となった店舗でした。(文中敬称略) 事件の舞台:富士銀行赤坂支店とは ...

泡が飛び散る

私は『富士銀行の犯罪』に書かれている最もバブリーな店舗に入行した

富士銀行(みずほ銀行の前身)市ヶ谷支店は全国レベルで最もバブリーな店舗だった。ルポルタージュ『富士銀行の犯罪』・・・この本に登場する大事件の大半に(私が最初に配属された)富士銀行市ヶ谷支店が関与していました。 バブル世代 ...

愛が止まらない「Wink」洋楽カバーもYouTube公式で視聴可能

アイドルユニット『Wink』はバブル時代の男女にとって救世主!?平成元年(1989年)歌謡界を席巻したのは、何と言ってもWinkでしょう。バブル時代の控えめ女子たちの救世主だったという考察です。(文中敬称略) 鈴木早智子 ...

17周年記念

南沙織より森高千里「17才」MV!公式YouTubeはセルフカバーのみ?

銀行に入行した当初は毎日、最終退行時刻の22時まで仕事をしていました。しかし毎金曜日には必ず退行後に若手行員だけで飲みに行きました。 市ヶ谷駅近くの居酒屋で、背の高いラックの上に置かれた14インチのブラウン管テレビ。そこ ...

点検当番 鍵

銀行員の仕事「時間と勝負の滑稽すぎる点検当番」総合職男性の輪番制

元号変更に係る事務|銀行の退行時刻、点検当番と時間外管理の特殊性と実情。銀行の営業店では必ず22時に建物の外に出て施錠しなければいけません。そのための点検当番が輪番制で巡ってきます。客観的に見れば可笑しなことが多いのが実 ...

ペーパードライバーのまま銀行に就職したら集金業務を免除されました

アウトソーシングがまだ進んでいなかったバブル時代。銀行の新人の基本業務の一つが大口先の集金。ペーパードライバーだった私は運転テストに失格となり、結果として融資スペシャリストの道を歩み始めたのです。(文中敬称略) 銀行で最 ...

クレジットカードの束

カード獲得の「常軌を逸したノルマ」バブル時代の銀行員はどうした?

クレジットカードとカードローン。バブル時代の銀行は、個人取引拡充のため、行員へ過酷な獲得ノルマを課していました。結果として「手段が目的化」し、冷静に考えれば首を傾げるセールス方法が蔓延(まんえん)したのでした。(文中敬称 ...

横浜港クルージングの波しぶき

バブル時代の就活「内定者拘束の実際」富士銀行(みずほ銀行の前身)

(バブル時代の就活「リクルーター」が銀行に無関心な私を揺り動かした の続き) バブル時代の就活時、あまり関心がなかった都市銀行でしたが、前日に呼び出され話をしたリクルーターの方々の人柄に惹かれ、面接解禁日の朝に富士銀行( ...

履歴書を書こうとするペンを持つ手

バブル時代の就活「リクルーター」が銀行に無関心な私を揺り動かした

採用難・人手不足の昨今、学生拘束が復活しているらしいです。しかしネットには又聞きの話が溢れていて信憑性が今一つです。記憶が遥か彼方に逝ってしまう前に体験談を記録しておきましょう。私が就職活動を行ったのは1988年。織田裕 ...

燃え上がる炎

丙午(ひのえうま)迷信「由来と影響」概略と研究成果を知るポータル

2026年は60年に一度の丙午。女性にまつわる迷信を正確に知りたい。丙午って何? [ひのえうま]60年周期の干支で、直近では1966(昭和41)年。 「丙午生まれの女性は気性が激しすぎて夫を不幸にする」という迷信によって ...

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.