"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

ヨシオクノ 奥野良孝

今月はブログのオーバーホール「過去記事リライト強化月間」とします

このブログを1年5ヶ月続けて記事数が500を超えてきました。右も左も分からない初期の頃の文章や内容は、放置できないほど「酷い・・・」と感じるように・・・。そこでブログをオーバーホール!? することに決めました。(文中敬称 ...

「メクール」に「ハガロン」?銀行で使用する「何だそりゃ?」グッズ

銀行で使っていたグッズには変わった(というよりストレート過ぎて可笑しい)名称のモノがありました。「メクール」とか「ハガロン」とか、何なのか想像できますか!?(文中敬称略) 紙幣を数える機会の多い銀行員の必須アイテム 札勘 ...

エルビス・プレスリー映画『ブルー・ハワイ』登場カクテルはマイタイ

数十年ぶりに観てみたエルビス・プレスリーの主演映画『ブルー・ハワイ』。登場するカクテルはマイタイで、ダイキリもブルー・ハワイも出てきません。私の記憶違いと長年の勘違いに気がついたのでした。(゜o゜)(文中敬称略) 『ブル ...

三原じゅん子参議院議員が「恥を知りなさい!」と野党を叱りつけた!

私たちの世代にとっては「スケバン役女優」のイメージが強烈な「三原じゅん子」参議院議員。2019年6月24日の参議院本会議の反対討論で野党に対して「恥を知りなさい!」と発言。話題になった動画を通して見てみました。賛否両論あ ...

シンディ・ローパーは天王洲アイルでプロモーション・ライブを行った

アメリカのスーパースター「シンディ・ローパー」が大ブレイクする直前の初来日時に、天王洲アイルの倉庫群でプロモーション・ライブをしていたエピソードをアルバムのライナーノーツで読みました。職場の近くなので「たぶんこの場所だろ ...

スカーレット・ヨハンソンの”ENGLISH JOURNAL”表紙写真の変遷

英語学習雑誌「ENGLISH JOURNAL」の表紙を飾るのは、主に海外セレブたちの写真。中でもお気に入りなのはスカーレット・ヨハンソンが登場する号でした。え? そんなのに目を奪われないで、ちゃんと勉強しろってか!?ヽ( ...

キャサリン・ジェンキンスの曲を聴き始めたきっかけは雑誌表紙の背中

イギリスのクラシカル・クロスオーバー歌手「キャサリン・ジェンキンス」のCDを買ったきっかけは、白状しますと「英語雑誌 ENGLISH JOURNAL 表紙のかっこいいジャケット写真~クラシック界のシンデレラのセクシーな背 ...

13歳”声変わり少年”スティーヴィー・ワンダーのスタンダード曲集

久しぶりに引っ張り出して聴いてみたCDアルバム ”With A Song In My Heart/わが心に歌えば”。スティーヴィー・ワンダーが声変わりの少年時代に歌ったスタンダード・ナンバーのアルバムです。(文中敬称略) ...

トルティーヤの原材料はトウモロコシでなく小麦粉というのが常識!?

メキシコの代表的な具材であるトルティーヤはトウモロコシで作るものと思っていたら、現代では小麦粉で作るのが主流なんですねーヽ(´o`;って今さらながら思い込みは怖いなと。(文中敬称略) トルティーヤラップ(巻き)の原材料表 ...

値上げが相次ぐ映画館「最大手シネコン」イオンシネマはまだ動かず?

2019年6月、7月と鑑賞料金改定(値上げ)を行った多くのシネコン。しかし最大手のイオンシネマはいまだ動かず? 根強い「ワーナー・マイカル」のイメージを覆して「イオン」の存在感をアピールするのには良いかも。(文中敬称略) ...

都バスのマスコットキャラクター「みんくる」名前の由来は何だろー?

東京都交通局(都バス)のマスコットキャラクター「みんくる」が誕生したのは1999年。もう20年も経つ(2019年現在)のに、その名前の由来を知りませんでした。想像も出来なかったので調べてみたところ・・・(文中敬称略) 都 ...

銀行へお願いしている「担当者を飛ばして鍛錬の機会を奪わないで」と

「まずは担当者と話を」とお願いしても、窓口となる若手を飛ばして上席と直接コンタクトを取ろうとする金融機関がなくなりません。彼らの「実践で学ぶ機会」を奪わないで欲しいのです。それを面倒臭がるのはフェアじゃありません。(文中 ...

ボーナス支給シーズン「マルボキャンペーン」銀行のイカれた恒例行事

ボーナスシーズンの到来です。私がいた銀行では「マルボキャンペーン」と称する定期預金を増強する行事が毎年恒例となっていました。ノルマ達成のために(冷静に考えれば)イカれた? こともしていました・・・(文中敬称略) 賞与支給 ...

知らなかった!KUREの潤滑スプレー「5-56」は金属以外はNG

有名な呉工業の潤滑スプレー「KURE 5-56」を昔から様々なモノに使っていました。買い替えしようと何気なく調べたら「NGな用途」があることを初めて知って、ショックを受けました・・・(文中敬称略) 昔から愛用していた潤滑 ...

実際に利用したことある?「クーリングオフ制度」私は一度だけ使った

よく見聞きする「クーリングオフ」・・・一定の期間であれば無条件で契約の撤回・解除ができる制度です。私は過去に一度だけ利用したことがあります。バブル崩壊の後の生命保険の契約変更でした。(文中敬称略) クーリングオフ制度って ...

店員の「配慮に欠けた一言」がリピーターを生むチャンスをぶち壊す!

たとえ人気のお店であろうと、店員さんの何気ない一言で「嫌な気持ち」になってしまったら、もう二度と利用しません。短気な行動への自省も兼ねて、最近の事例を書きましょう。(文中敬称略) サイレントクレーマーとなるきっかけは2種 ...

実は私は昔から「たちが悪いサイレントクレーマー」だったのです・・・

実は私はかなり短気です。お店で理不尽な(と自分が感じる)対応をされると、黙って立ち去り、もう二度と行かない「サイレントクレーマー」です。しかし一度だけ牙をむいて店を潰してしまったことがあります。(文中敬称略) ムカつくお ...

お掃除ロボット「ルンバ」に兄弟がいた?床拭きロボット「ブラーバ」

お掃除ロボットの「ルンバ(Roomba)」を持っています。たまたまメーカーであるアイロボット社のウェブサイトを見ていたら姉妹ロボット「ブラーバ(Braava)」があることを知って、がぜん欲しくなってきたのです。ルンバ自体 ...

かつては夏の風物詩だった?「光化学スモッグ注意報」は進化していた

役所から届いた冊子にパラパラと目を通していたら、ふと目に留まった「光化学スモッグにご注意を」という記事。子供の頃には、夏場になると毎日のように耳にしていた「光化学スモッグ警報」が懐かしいと思って調べてみたら、日本での初報 ...

6月の新潟で思い出すのは「白根大凧合戦」大迫力の激突と綱引き合戦

「新潟・6月」と聞いて、真っ先に思い出すのは「白根大凧合戦」なのです。新潟に住んでいる時に観戦に行って、かなり気に入ってしまいました。チャンスがあればまた見に行きたいー!(文中敬称略) 新潟の6月上旬は「白根大凧合戦」 ...

口論で駅のホームから相手を線路へ突き落とすトンデモナイ事件が続発

電車内や駅で、マナー注意等の口論から相手を線路へ突き落とす事件が2週続けて発生。私は以前から電車が侵入してくる際には足を踏ん張って警戒をしていたものの、それだけでは足らないかなー?と・・・世知辛い世の中になりました。(文 ...

言葉の勘違い「噴飯もの」は”怒り”ではなく”笑い”の表現だった!

何らの違和感もなく見聞きしていた「噴飯もの」という言葉。珍しく使ってみようと意味を再確認したところ、全く違った解釈をしていたことに気がついてショックを受けました。(文中敬称略) 「噴飯もの」は腹立たしいことを表現するもの ...

もみじマークじゃない「高齢運転者標識」は四つ葉のクローバーとS字

高齢者ドライバーによる交通事故のニュースがクローズアップされるに伴い「高齢運転者標識」についてコメントするツイート等も増えています。しかし新しい「四つ葉マーク」を「もみじマーク」と勘違いしている人も多そうです。(文中敬称 ...

大谷翔平の偉業で話題「サイクル安打」意味を調べたら意外な定義が?

大リーグ大谷翔平選手が2019年6月13日(現地時間)にサイクルヒットを記録。快挙に沸く報道にふと「もとの意味はなんだろー?」と興味が湧いたので調べてみたら「へー」でした。(文中敬称略) 大谷選手の偉業でふと「サイクルヒ ...

中途採用面接における「ノーショウ」中小企業を舐めきっているのか?

キャンセルの連絡もなく約束をすっぽかす、迷惑で非常識な行為。ノーショウ(No Show)という用語があることを知りました。飲食店だけでなく中小企業の採用面接でも腹ただしいことが起きるのです。(文中敬称略) ノーショウ(N ...

冷蔵庫の中仕切りに「アルミ製ブックエンド」を使うと一石二鳥だった

冷凍庫・冷蔵庫の中仕切りとして「アルミ製のブックエンド」を使ってみました。キンキンに冷えるため、冷却効果も向上して一石二鳥!? なわけです。(文中敬称略) 冷凍庫用にアルミ製のブックエンドを探す! テレビ番組で紹介されて ...

こんまり流のキモ「片づけはマインドが九割」を理解するには本を読め

「片づけはマインドが九割」と、こんまり流「片づけメソッド」では言い切っています。ただし断片的に取り上げられるテレビや記事を見るだけでは意識に残りづらいかも。ポイントを理解するには本を繰り返し読むのが良いです。(文中敬称略 ...

こんまりメソッドの「スピリチュアル」背景は神社好きと巫女の経験?

世界的なブームとなっている「近藤麻理恵=こんまり」流の『人生がときめく片づけの魔法』~7年前に読みました。Netflix の番組を観てから改めて読み直して、再認識したのは「スピリチュアル」でした。(文中敬称略) Netf ...

統計データに見る”晩婚化”~『ゼクシィプレミア』33歳以上の背景

リクルートの結婚情報誌『ゼクシィ』が創刊した14年後に「30代向けの姉妹誌」が発刊された背景としては「晩婚化」のあることが想像できます。そこで厚生労働省の統計データを見てみました。(文中敬称略) ターゲット33歳以上『ゼ ...

結婚情報誌『ゼクシィプレミア』の対象読者は33歳からの花嫁さん?

地下鉄の広告で偶然目にして、リクルートの結婚情報誌「ゼクシィ」に姉妹版があるのを知りました。Premier(プレミア)を謳うその雑誌がターゲットとする年齢は33歳以上!?(文中敬称略) 車内広告で知った「ゼクシィプレミア ...

「売上原価」より「Cost of Goods Sold」の方が理解しやすい

「会計は英語のほうがラクに覚えられる」と主張する本の冒頭で紹介されている一例。損益計算書の主要科目のひとつの「売上原価」→英語の会計用語「Cost of Goods Sold」の表現の方が直感的に理解しやすいかもー(文中 ...

ワクワクを生む「書店やCDショップのリアル店舗」無くなったら嫌だ

ネットショップに押されて? 減少傾向にある「書店やCDショップのリアル店舗」。未知の作品との思いがけない出会いやモノを持ち帰るプロセス・・・といった独特のワクワク感は貴重なのです。(文中敬称略) つい選んでしまう「書店を ...

Wi-Fiサービスのマーク「日本を代表する4つの花」って何だろ?

地下鉄の車内にあったWi-Fi案内のステッカー。外国人向けサービスのマークに4種類の花がデザインされていました。3つはすぐに分かったものの、最後の1つが分かりませーん (゜o゜;(文中敬称略) 日本のシンボルを表すTRA ...

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.