LINEで送る
Pocket

徳島市観光協会の破産ニュースを見る際に知っておくべき経緯。阿波おどりを運営する徳島市観光協会を徳島市が債権者として破産の申立てをしたという報道が3月2日に流れました。このニュース単発だけだと唐突感が否めません。調べていくと、どうやら1年前から続く泥仕合の様相が強いため、ざっくり経緯をまとめました。

大きく分けて2系統のもめごと?

3月のニュースだけ読んでいると「?」な部分が多いです。

市観光協会の金融機関からの借入に対して徳島市が債務保証をしている

・・・債務者が破産したら、金融機関は保証人の市に対して保証債務履行請求するのでは?どういう保証の形なんだろう?とか

【2018/3/6 追記:もう少し詳しい背景が判りました→徳島阿波踊り「観光協会VS徳島市/徳島新聞社」雑誌記事を整理したに書きました】

 

・調査報告書もダウンロードして目を通してみました。

 

ニュースでは「4億円超の債務!」と騒いでいるが、借入残高は2004年から増えておらず、急激に膨らんだものではない。

調査報告書をもとにグラフ作成(単位:千円)

阿波おどりの徳島市観光協会の借入残高推移グラフ

経常赤字の推移を見れば、収支は改善傾向にある。「4億円を超える累積赤字」は数十年間の積み重ね。

  • 2013年度 ▲15,620千円
  • 2014年度 ▲18,727千円
  • 2015年度   ▲2,850千円
  • 2016年度   ▲8,693千円

 

何で突然、破産に追い込むの?と思いますよね。

 

過去ニュースを追いかけてみたら、色々出てきました。

 

トラブルは大きく分けて2つあります。

  1. 徳島市長VS市観光協会『公務員職権乱用罪の告訴』
  2. 徳島市観光協会と徳島新聞のトラブル

徳島市長VS市観光協会『公務員職権乱用罪の告訴』

  • 過去に有罪判決を受けた男性職員を観光協会が雇用
  • 雇用を問題視した徳島市長が、協会会長に辞職を迫り恫喝
  • 頭にきた協会の会長が市長を職権乱用罪で告訴した
  • 市長が会長を恫喝する様子を録音したテープが流出
  • 市長は不起訴となった
  • 市長は調査団を観光協会へ送り込み「ダメ出し」
  • 債権者破産の申し立て ← 今ここ(2018/3/5 現在)

徳島市長を告訴・告発 市観光協会長「辞職迫られた」

徳島市観光協会の近藤宏章会長が15日、遠藤彰良市長が過去に有罪判決を受けた男性職員を協会が雇用していることを問題視し、近藤会長に会長職を辞すよう迫ったなどとして、市長を強要と公務員職権乱用の疑いで徳島地検に告訴・告発した。

徳島新聞 2017/3/16 より引用

 

YouTubeに公開された録音テープの内容の一部に触れた記事↓

巨額赤字で右往左往…阿波おどりが招いた市長告訴の行方|日刊ゲンダイDIGITAL
「阿波おどり」といえば、日本を代表するビッグイベント。先ごろ4億3000万円の累積赤字を抱えていることがクローズア...
 日刊ゲンダイDIGITAL 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/214922/1

 

職権を越えた人事に関する要求を行ったとして公益社団法人徳島市観光協会の近藤宏章会長から公務員職権乱用罪などで告訴・告発されていた遠藤彰良市長について、徳島地検は26日、「罪にならない」として不起訴処分にしたと発表した。

毎日新聞 2017/12/27 より引用

徳島市観光協会と徳島新聞のトラブル

2017/6/3 週刊現代のこの記事

徳島が誇る「夏の風物詩」阿波おどりが、中止の危機に直面している。

2017/8/1 現代ビジネス

徳島の夏の風物詩・阿波おどりが、主催者の徳島新聞の杜撰な運営で、4億3000万円にのぼる巨額の赤字を積み上げている。筆者は、同社の「チケット買い占め」疑惑を示す証...

 

要は、主催者である徳島新聞の不透明な関与が問題化し内紛が起きた

  • 徳島新聞はチケットを買い占める
  • 徳島新聞の天下り先企業への不透明な発注
  • 徳島新聞の社員をアルバイトに採用、運営費の無駄使い

内紛騒動が週刊誌にすっぱ抜かれて公然の事実となり、地元の不満が噴出!

記事には「徳島市長は徳島新聞グループの出身だから共犯を疑われても仕方がない・・・」と書いてあります。

報道の時期からみて、情報をリークした意図はそちらかも?

 

「徳島市長VS観光協会会長」の泥仕合が基本で、徳島新聞の傍若無人ぶりの暴露が合わせ技で繰り出され、さらにドロドロ感が強まっている・・・そんな感じに見えます。

 

しばらく、徳島市の阿波おどりの動向を追いかけてみます。

 


【2018/ 4/13 追記】

徳島新聞社がウェブサイトで週刊誌報道やネットの書き込みに対して反論しています。

徳島市の阿波踊り「徳島新聞社の見解」を整理してみた

 

阿波おどりは大好きなので中止とかマジ止めてほしい

実は私は本場の阿波おどりが大好きです。

大阪に住んでいた時もフェリーに乗って観に行ったし、数年前には子どもたちにもどうしても見せたくて、家族で徳島へ行きました。

それでもまだ、また観に行きたいなーと思っています。

 

徳島市阿波踊り−4K映像でめぐる日本のふるさと

 
この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

 

LINEで送る
Pocket