ブラック・ボックス(Black Box)デビュー曲”Ride on Time”訴訟事件

バブル絶頂期の1989年、イタリアのハウス・ミュージック・グループ ”ブラック・ボックス/Black Box” がヒットさせたデビュー曲 ”ライド・オン・タイム/Ride On Time” は、”ロリータ・ハラウェイ/Loleatta Holloway” のサンプリング音声を無断で使用して訴訟沙汰となったいわくつきの曲となりました。(文中敬称略)

訴訟

アメリカの歌手 ”ロリータ・ハラウェイ/Loleatta Holloway” は、1980年前後にディスコ・ダンス・ミュージックの分野でヒット曲を生み出して、その歌声はしばしばサンプリングされてダンス音楽で利用されていました。

Love Sensation

▲画像クリックでAmazonへ▲

1989年に”ブラック・ボックス/Black Box” が発表したデビューシングル ”ライド・オン・タイム/Ride On Time” でも、ロリータ・ハロウェイの曲 ”ラブ・センセーション/Love Sensation” からサンプリングされた音源が使用されました。しかしこれは無断利用したものでした。

さらには、”Ride On Time” のPV(プロモーション・ビデオ)では、ダンサーの ”Katrin Quinol” がリップシンク(Lip-sync=口パク)で実際に歌っているかのように演習され、かつ サンプリング元のロリータ・ハロウェイの名前はクレジットされなかったのです。このため、ロリータ・ハロウェイ側が訴訟を起こして勝利しました。

Black Box – Ride on Time

サンプリング元の原曲の歌詞を聞き間違えている ”Ride On Time”

ブラック・ボックスの”Ride On Time” のサンプリング元となった ”Love Sensation”。よく聴いてみると、2:10から ”Cause You’re Right on Time” と歌っています。

・・・ブラック・ボックスの曲は、本来の歌詞の ”Right” を ”Ride” と勘違いして ”Ride On Time” というタイトルになっているのです!

Loleatta Holloway “Love Sensation” Verse Music Group LLC © 2011

”ロリータ・ハロウェイ/Loleatta Holloway” ディスコの女王からハウスの女王へ

ディスコ・ナンバーのヒット曲で「(ディスコ)ダンスフロアの女王」と呼ばれていた ”ロリータ・ハロウェイ” は、ハウス・ミュージック・グループである ”ブラック・ボックス”の  ”ライド・オン・タイム” の大ヒットにより、図らずも「ハウスの女王」の肩書きも手に入れたのでした。

ロリータ・ハロウェイのインタビュー記事

下のインタビュー記事では、彼女の歌声が(音楽や映画等に)盛んにサンプリングされながらも、報酬を得られなかった当時の状況を語っています。

Loleatta Holloway インタビュー/ロレッタ・ハロウェイ、ディスコの女王 | Crown Cord
ロレッタ・ハロウェイは2011年3月21日、享年64で惜しくもこの世を去ってしまったが、ディスコ人気が去った後も、ハウスを中心に様々な楽曲で幾度となくサンプリングされ、長年に渡り彼女の声は愛され続けて来た。1999年ごろに彼女と行ったインタビューを織り交ぜながら、この偉大なるシンガーの功績を振り返っていこう。

替え玉ボーカル ”Katrin Quinol” のインタビュー記事

ブラック・ボックスでリップシンクしている女性ダンサーは、フランス人の ”Katrin Quinol” です。下に張ったリンクのインタビュー記事では、Black Box に参加した経緯が語られています。

当時は昼間はモデル、夜はナイトクラブでGOGOダンサーの仕事をしていた際に、スカウトされて Black Box に参加することになったとのこと。

▼INTERVIEW WITH MISS KATRIN QUINOL !
Interview with Miss Katrin Quinol ! From Black Box to "Apprivoiser Nos Désirs" - La Parisienne Life
La Parisienne Life would like to thank Mister Fabien Scarlakens for the translation. You've been a member of the italian dance music band Black Box. How did tha...
タイトルとURLをコピーしました