新しいトイレに違和感を覚えた理由が分かった「フチなし形状」が秀逸

新しいトイレの便器に「漠然とした違和感」を覚えていました。最近、各社のカタログを見始めて「フチなし・フチレス」という便利な形状であることが分かり、改めて進化に感心しました。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

新しいトイレに覚えた漠然とした違和感

数年前から比較的新しいトイレの便器に何となく「違和感」を感じていました。

でもその違和感の原因が分かっていませんでした。

私の自宅のトイレはもう15年以上使っています。ふたのヒンジが壊れたり汚れが落ちにくくなったり、色々と不都合が出てきたことから、交換を検討。

各社のトイレのカタログを見るようになって、モヤモヤっとしていた違和感が何なのかが分かりました。

便器の「フチ」が無いのですよ。

便器の「フチ」がない形状

TOTOは「フチなし形状」、LIXIL(INAX)は「フチレス形状」と表現しています。

この形状は、「汚れやすいフチ裏がないため汚れが確認しやすい=掃除が楽」ということです。

こまめに掃除する人にとってはめっちゃ便利

マイオフィスのトイレ便器はフチレス形状です。実際に使ってみると便利です。

インターネットには「水が飛び跳ねてふたに黄色い汚れが付着する」というデメリットをあげる声もあります。

しかし頻繁に掃除をする人にとっては大きな問題ではなく、こまめに拭き取っていれば汚れが定着することもありません。

飽くなき進化を続ける日本のトイレには恐れ入りますー。

タイトルとURLをコピーしました