ビジネス

ビジネス

きらぼし「合併初日にシステム障害」みずほ銀行の事故を覚えてますか

2018年5月1日に誕生した「きらぼし銀行」でいきなり初日からシステム障害のトラブルが発生。2002年のみずほ銀行の事件を思い出しました。当時のみずほの現場では、復旧目処が全く立たない中で「銀行の破綻」が脳裏をよぎりまし...
2019.12.25
ビジネス

富士銀行「史上最恐モンスタークレーマーの電話」その対策と対応実録

富士銀行の歴史において最恐ともいうべきモンスタークレーマーがいました。私が地方店の課長をしていたときに、運悪くそのクレーマーからの電話を受けることになりました。支店に「最高警戒レベル」の電話がくるかも? そのときの本部の...
2019.12.25
ビジネス

不正防止は会社経営側の責任「経理の横領」手口と発見の事例から学ぶ

財務経理責任者が金融機関出身だからと信用して任せっきりにしない。銀行員時代に担当していた中小企業の経理部長が1億円の横領をしていました。金融機関出身だからと社長が全面的に任せていた結果です。この事件から不正を抑止する基本...
2019.12.25
ビジネス

911アメリカ同時多発テロ事件「富士銀行ニューヨーク支店」の悲劇

2001年9月11日にアメリカ合衆国で勃発した同時多発テロ。世界貿易センタービル・ツインタワーで犠牲となった日本人は24名。その半数の12名が富士銀行のNY支店のオフィスで働いていた行員でした。 2017年10月、初めて...
2020.01.02
ビジネス

三菱UFJ銀行「顧客は置き去りかいな?の新名称」嘲笑を買う自己都合

「東京」の文字を消しただけの三菱UFJ銀行、なにそれ? 2018年3月1日、三菱東京UFJ銀行は、その名称から「東京」の文字を外して三菱UFJ銀行となりました。「東京」の由来である東京銀行に関する話題から、銀行の提携...
2019.12.20
ビジネス

期限の利益の喪失?「銀行取引約定書」の最重要ポイントを知っておけ

銀行取引約定書は「期限の利益の喪失」といった重要事項が定められた基本の契約書です。一般に馴染みがなく理解が浅いと思われるポイントを平易に解説してみました。ネット上には銀行実務を知らない人が書いた誤った記事も存在するのでご...
2019.08.05
ビジネス

内示なし銀行員の異動「引越し業者も嫌がる急な転勤」時期も配慮なし

きっと普通じゃない、銀行の人事異動。転勤の周期は基本2~3年で、4年超えると「リスク」認定!?  1週間以内に引継ぎを完了させろ!? 何じゃそれ。ヽ(´o`; 不正の隠蔽を防ぐための仕組みが仇となり、殺人事件の悲劇も起き...
2019.09.09
ビジネス

金融庁改革「検査官がいなくなる」金融検査マニュアル廃止!

金融機関を監督する「金融庁検査局」の解体と「金融検査マニュアル」の廃止が、2017年にニュース報道されました。銀行の融資スタンスが変化する転機となるであろう大改革と、過去の金融庁検査で経験した実録を書きます。(文中敬称略...
2019.12.20
ビジネス

銀行融資のDPO「事実上の借金の棒引き」知っておいたら強くなれる

事業に失敗!でも借金苦で自殺なんてダメ、絶対に。銀行で債権管理回収の業務を行っていたとき、残念なことに、将来を悲観して自ら命を絶たれたお客様がいます。銀行から離れた立場にいる今こそ、言えること、伝えるべきことがあります。...
2019.08.16
ビジネス

貸し渋り・貸しはがし「悪魔の緊急経済対策」融資回収の裏側

銀行が冷酷無慈悲となった理由。最前線にいた私が書きます。バブル崩壊~”失われた20年”の半ばで社会問題化した、銀行による過酷な融資の貸し渋りや貸しはがし。なぜ常軌を逸した行動に走ったのか、わかりやすく説明しましょう。...
2018.09.05
ビジネス

徳島阿波踊り「観光協会VS徳島市/徳島新聞社」雑誌記事を整理した

破産申し立てまで債権管理の整理と週刊現代の最新記事の解説。Web上の幾つかの報道と現代ビジネス・週刊現代から出来事を抽出して整理しました。(文中敬称略) 破産申立てまでの経緯の再整理(徳島市長VS観光協会会長の個人バト...
2019.08.14
ビジネス

銀行のお願い営業「拒絶して悪習断ち切ろう」融資審査には影響しない

銀行の悪しき慣習「お付き合いのお願い」営業を撲滅せよ。勤務先の取引銀行または個人取引がある銀行の営業マンから、「お付き合いで!」とか「お願いします!」といったお願いセールスを受けた経験がある人は多いと思います。特に会社の...
2019.08.18
ビジネス

ゴルフコンペ好き銀行員「恒例行事の馬券表」は違法行為と知ってた?

銀行の営業店で行われる店内ゴルフコンペでは「馬券」と呼ばれる”賭け”が恒例行事となっていました。店内スタッフの多くから掛け金を募り、当選金を現金で配当するこの行為は「賭博罪」。実際に一般企業では書類送検された事例も。(文...
2019.08.25
ビジネス

バブル期の銀行「不動産担保に完全依存」融資姿勢は狂気沙汰

1980年代後半のバブル時代、不動産の価格が下がることを想定していなかった銀行の融資スタンスと商品開発は、振り返れば狂気の沙汰とも言えるものでした。融資の押し売りで不幸になった方々も・・・(文中敬称略) 法務局で不動産...
2019.09.11
ビジネス

ドラマも凌駕「半沢直樹なんかガキだよ」富士銀行赤坂支店事件を知る

戦後最大の金融スキャンダルと呼ばれた「富士銀行赤坂支店事件」。私が「入行した店舗」と「銀行員生活の最後を過ごした店舗」の2つともが、この大事件の舞台となった店舗でした。(文中敬称略) 事件の舞台:富士銀行赤坂支店とは?...
2019.11.15
ビジネス

私は『富士銀行の犯罪』に書かれている最もバブリーな店舗に入行した

富士銀行(みずほ銀行の前身)市ヶ谷支店は全国レベルで最もバブリーな店舗だった。ルポルタージュ『富士銀行の犯罪』・・・この本に登場する大事件の大半に(私が最初に配属された)富士銀行市ヶ谷支店が関与していました。(文中敬称略...
2019.09.07
ビジネス

銀行員の仕事「時間と勝負の滑稽すぎる点検当番」総合職男性の輪番制

元号変更に係る事務|銀行の退行時刻、点検当番と時間外管理の特殊性と実情。銀行の営業店では必ず22時に建物の外に出て施錠しなければいけません。そのための点検当番が輪番制で巡ってきます。客観的に見れば可笑しなことが多いの...
2019.03.16
ビジネス

ペーパードライバーのまま銀行に就職したら集金業務を免除されました

アウトソーシングがまだ進んでいなかったバブル時代。銀行の新人の基本業務の一つが大口先の集金。ペーパードライバーだった私は運転テストに失格となり、結果として融資スペシャリストの道を歩み始めたのです。(文中敬称略) 銀行で...
2019.12.21
ビジネス

カード獲得の「常軌を逸したノルマ」バブル時代の銀行員はどうした?

クレジットカードとカードローン。バブル時代の銀行は、個人取引拡充のため、行員へ過酷な獲得ノルマを課していました。結果として「手段が目的化」し、冷静に考えれば首を傾げるセールス方法が蔓延(まんえん)したのでした。(文中敬称...
2019.12.07
タイトルとURLをコピーしました