”ブラス・ロックの先駆者”シカゴ「素直になれなくて」タイトルに感動

投稿日:2018年8月 28日(火) 更新日:

夜のシカゴ・ダウンタウン

@maxym/Depositphotos.com

2017年に結成50周年、ブラス・ロックの先駆者「シカゴ」。1982年の大ヒット曲「素直になれなくて(Hard To Say I'm Sorry)」のタイトルを見た高校の国語の先生がいたく感動していたのが忘れられません。

高校の国語教師がタイトルに唸ったシカゴの「素直になれなくて」

高校の国語の先生は変わり者でした。教科書をほとんど無視して自分が選んだ本で授業を進めます。

小説の一節を黒板に書きながら、時々その文章に感極まって涙を流し始めたり、たいへん感受性の強い先生でした。

そんな先生がある日、教室の後ろの黒板に生徒が落書きしていた「ヒット曲ランキング」に目を留めました。

そして「うーむ・・・『素直になれなくて』って良いタイトルですね・・・素晴らしい・・・」とため息をつきました。

「素直になれなくて」
Chicago - Hard To Say I'm Sorry/Get Away (1982年)

当然その先生は「素直になれなくて」を聴いたことなんかなかっただろうし、この曲が洋楽であることも知りません。

それでも感動してしまう人がいるわけですから、タイトルはおろそかにできない・・・と心から思いました。

 

もはや伝説的な「ブラス・ロックバンド」”シカゴ(Chicago)”

シカゴのデビューは1969年。2017年には結成50周年を迎えた歴史あるバンドです。

ロックに金管楽器(ブラス)を取り入れたことで「ブラス・ロック」の先駆者と呼ばれます。

ロックのアレンジを基調とし、ジャズの要素を加味してトランペットやトロンボーンなどの金管楽器(ブラス)を前面に押し出した音楽性が特徴。1960年代後半から1970年代前半に流行した。

ブラス・ロック - Wikipedia より引用

1976年、全米・全英チャートNo.1 「If You Leave Me Now(愛ある別れ)」

「愛ある別れ」
Chicago - If You Leave Me Now (1976年)

 

2016年CNN特集「シカゴ”音楽は時を超える”」

Chicago: 'This music has transcended time'

 
 

おすすめ記事

 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を

= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 
******************************
ブログ主のプロフィール

奥野 良孝 Owndays(オンデーズ)CFO

ヨシオクノ 奥野良孝
OWNDAYS 取締役|
メガバンク~投資銀行
[融資/債権回収/再生ハゲタカ]
→脱サラ
→オンデーズ再生に参画
→次は自分3.0?
音楽全ジャンルとダンスLOVER
******************************
NewsPicksインタビュー
▲画像クリックでNewsPicksへ▲
******************************
破天荒フェニックスに登場

▲画像クリックでAmazonへ▲
 
******************************
******************************
ブログ内の記事は↓↓↓でお探し下さい
(改修途上)
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ブログ内検索

カテゴリー

タグ

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.