LINEで送る
Pocket

2018年4月から無期限の活動休止を発表したJ-POP歌手のクリス・ハート。話題となったプロモーションビデオ(PV)短編ドラマ『I LOVE YOU』には続編『Still loving you』があります。本編だけ観てモヤモヤを感じた方は必見!。合わせて、クリス・ハートのバイオグラフィーもご紹介します。(文中敬称略)

活動休止のクリス・ハートの「アイラブユー」とは?

2014年2月に、クリス・ハートの初のオリジナルシングルとして発表されたのが「I Love you(アイラブユー)」。

同時に短編ドラマ仕立てのPV(=プロモーションビデオ)が公開されると、「再生回数800万回突破」と、大きな話題を呼びました。

本編はヒロインの行動に賛否両論あり(YouTube)

クリス・ハート『I LOVE YOU』のPV短編ドラマの本編。

ネタバレの内容を書きませんが、ヒロインのとった行動が賛否両論を呼び、少しモヤモヤ感が残った人も多かったと思います。

2014年2月 クリス・ハート「アイラブユー」短編ドラマ(約20分)

I LOVE YOU【作詞:H.U.B.,坂詰美紗子/作曲:坂詰美紗子/編曲:福田貴史】

続編のPV短編ドラマ動画『Still loving you』

『I LOVE YOU』からおよそ2年後の2016年4月に続編が発表されました。

賛否の大反響を受けて続編を作ろうと考えたのか、当初から企画を温めていたのか、どちらかは知りません。

しかし小道具をうまく使ってモヤモヤをスッキリさせた続編だと感じました。本編しか観ていない方は、ぜひ続編もどうぞ。

2016年4月 クリス・ハート「Still loving you」短編ドラマ(約18分)

Still loving you【作詞:H.U.B./作曲:堂野晶敬】

クリス・ハート(Chris Hart) バイオグラフィー

サンフランシスコ、ベイエリア生まれ、1984年8月25日生まれ

幼少の頃から日本語とJ-POPに慣れ親しむ

ジャズ・ベーシストの父親とクラシック・ピアニストである母親の元、幼い頃からクラシック音楽のトレーニングを受け、オーボエやクラリネット、サックス、フルートを学ぶ。

クリス・ハート公式ウェブサイト より引用

クリス・ハートの公式ウェブサイトのバイオグラフィーには上記のとおり書いてあります。

しかし2013年12月15日放送の『ホムカミ〜ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り〜』では、本人とナレーションが次のように説明しています。

  • 祖父も父親も警察官。父親は警察を退官後に探偵会社を経営している
  • 母親はサルサ歌手を目指していたが出産後に断念。今はIT企業の副社長

12歳のときに中学校で日本語科目を受講し日本語に触れます。次第に日本の文化にも興味を覚えます。

そしてケーブルTVから聴こえてきたkiroroの『未来へ』に魅了され「歌詞の意味を知りたい!」の一心で日本語の勉強を本格的に始めました。

kiroro 『未来へ』:クリス・ハートがJ-POPへのめり込むきっかけとなった曲

  • 小田和正
  • 徳永英明
  • ZARD

影響を受けたアーティストとして上記の名前が上がっていることから、歌うま番組等で披露した曲のレパートリーに納得できます。

どんどん日本への思いを膨らませたクリス・ハートは、13歳の夏休みに来日し茨城県新治村(現在土浦市)にホームステイします。

 

初の日本滞在後に「日本に帰りたいとホームシックに」

2週間あまりの日本滞在だったが、日本で過ごした際に触れた日本人の親切心やさしさが忘れられず、アメリカ帰国後に日本へのホームシックにかかり〈日本に帰りたい〉という感情がわき起こった。

そのときたまたまTVのCMから流れて来たオフコースの「言葉にできない」のフレーズに(「ラララ」と最後の「言葉にできない」のたった30秒で)自然と涙がこぼれてその感情はますます高まる

クリス・ハート公式ウェブサイト より引用

『言葉にできない』の有名な「ラララ」はこちら
クリス・ハート – 「言葉にできない」MUSIC VIDEO (from NEW COVER ALBUM「Heart Song Tears」)

 

小田和正のカバー曲ではこちらもおすすめ
クリス・ハート – ラブ・ストーリーは突然に

 

その後もJ-POPを聴き続けながら、日本人とビジュアル系のロックバンドを組んでヴォーカルを担当し、X JAPANやLUNA SEAの曲を日本語で歌っていたとのこと。

大学で日本語と音楽を専攻した後に就いた職業は、

  • 国際線の空港で飛行機のメンテナンス
  • 日本系化粧品会社のコールセンター
  • 警察官

いずれの職業も「日本語を使う機会があるかもしれない」という理由でした。そして日本に憧れて日本で歌いたいという想いを捨て切れず、24歳の時に日本へ移住します。

 

日本に移住し音楽活動、「のどじまん ザ!ワールド」チャンプ

2009年に日本に移住したクリス・ハートは、自動販売機のセールスマンをしながら、J-POPのカバーやオリジナル曲の動画をYouTubeに投稿していました。

 

まだYouTubeに残っている『FLAVA』というユニット名でのYouTube投稿(2010年)

 

そして2011年にYouTubeにアップしていた動画が日本テレビのスタッフの目にとまり、ゴールデン番組「のどじまん ザ!ワールド」に出演します。2012年3月のことでした。

UR都市機構の情報誌のインタビューでは、出演のきっかけを「たまたま街で声をかけられた」と語っています。テレビ局側の都合で「YouTube投稿で発掘された」というエピソードにされた可能性はありますね。

妻と出会ってから、すべてが変わってきました。彼女が東京に引っ越してくる前、銀座でデートをしていたら、たまたまテレビ局のスタッフから「二人の出会いを知りたい」と声をかけられたんです。

そして番組で歌を歌ったら、そこからまた次の番組出演へとつながって、2012年3月にテレビの「のどじまんザ!ワールド」で優勝したんです。それがデビューのきっかけになりました。

ユーアールプレス(UR都市機構)2016年 vol.46 より引用

いずれにせよ、「のどじまん ザ!ワールド」の出演が強烈なインパクトとなったのは疑いありません。

そのハートフルな歌声と抜きん出た歌唱力が、居合わせた観客と審査員の方々に心に響き、”天才ソールシンガー、奇跡の歌声”という賞賛の中、見事番組にて”優勝”を飾った。

テレビを通じて、まるで生粋の日本人の様に慎ましやかで愛らしいキャラクターと、包み込まれるような温かな彼の歌声に心底惚れ込んだヒット・プロデューサー、ジェフ・ミヤハラが放送翌日に即刻本人にコンタクトをとり自らプロデュースに名乗りをあげることになる。

クリス・ハート公式ウェブサイト より引用

 

2013年デビューの年に紅白歌合戦に初出場

2013年6月5日、デビューアルバム『Heart Song』がリリースされ、オリコン週間ランキングで3位を記録。デビュー半年後の2013年の紅白歌合戦には松田聖子とのデュエット曲「夢がさめて」で初出場を果たします。

 

クリス・ハートが語る日本語の奥深さとは

例えば「桜」という言葉、このたった一つの単語の中には「出会い、旅立ち、別れ、春など」色々な意味が込められている・・・この奥深さに感銘を受けたとのこと。

「のどじまん ザ!ワールド」への2回目の出演をする前のエピソード、デビュー曲ともなた『home』の歌詞について次のように語っています。

2回目の出演の前、何を歌おうかと悩んでいたら、妻が「あなたには木山裕策さんの『home』が合ってるよ」とアドバイスしてくれたんです。ちょうど結婚式をする前だったので、家族を思う気持ちが、とてもぴったりきました。

でも、詩のなかの茜色という言葉の意味がよくわからない。英語には同じようなフレーズがないし、ずっと考えていたんですが、仕事から帰ってくる途中、商店街を歩いているときに、やっと気づいたんです。茜色って、色のことだけじゃなくて、家族のために一日頑張った気持ちなどのメッセージが込められているって。その気持ちを込めて歌ったらとても反応がよくて、結局、その曲がデビュー曲になりました。

ユーアールプレス(UR都市機構)2016年 vol.46 より引用

インタビュー記事に出てくる奥さんは日本人で、元シンガーソングライターの福永瞳さん。クリス・ハート自身も2017年4月に日本国籍を取得しています。

 

クリス・ハート – home (Lip Ver.)

 

クリス・ハート活動休止の理由は?

2017年12月5日、クリス・ハートは、公式サイトで2018年春から活動休止することを発表しました。

「しばらくの間ゆっくりと育児や、音楽の専門的な知識を高める時間に費やしていきたい」との理由です。「将来は日本人アーティストの海外進出をサポートする活動も希望している」と報じる新聞もあります。

将来的に、海外での活躍を目指す日本人アーティストをサポートする活動を行いたいという希望があるといい、休止中にそのための勉強に励む。

「グラミー賞を取る日本人アーティストをサポートしたい」と意気込み、「(言葉の面など)いろいろ難しいけど僕もいろんな人のおかげで日本で活動できた。感謝の気持ちを込めて、気持ちを返したい」と語った。

日刊スポーツ 2017/12/6 より引用

 

クリス・ハートのラストコンサートは2018/4/13

ラストコンサートは、2018年4月13日(金)NHKホールにて行われました。

クリス・ハートのラストライブ NHKホール入口

NHKホールへの入場

クリス・ハートのラストライブ寄せ書きするファン

寄せ書きを行うファン

クリス・ハートのコンサートのお願い

サプライズ演出の「お願い」

 

ラストコンサートの様子は 4月22日(日)にWOWOWで放送されました。

ハートフルな歌声と抜きん出た歌唱力で多くの日本人の心をつかむクリス・ハート。活動休止前最後のワンマンコンサートの模様をオンエア。


▼Amazonでクリス・ハートを調べる▼

▼スポンサーリンク▼
dヒッツ/初回31日間無料

おすすめ記事

▼スポンサーリンク▼
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

LINEで送る
Pocket