シンディ・ローパー東京公演ラストは”よよかちゃん”と共演!

シンディ・ローパー東京公演の最終日、BUNKAMURAオーチャードホールへ行きました。なんと天才ドラマー少女「よよかちゃん」が特別ゲストで登場して2曲のドラムを演奏!!全く予期していなかったサプライズで興奮MAXです!!(文中敬称略)

シンディ・ローパー東京公演(2019/10/25)を聴きに行った

米国の人気歌手 シンディ・ローパーCyndi Lauper の東京追加公演に行きました。

鮮烈なデビューとなった『シーズ・ソー・アンユージュアル』(’83年/日本発売’84年)から35周年を記念したスペシャル・ツアー。・・・

シンディ・ローパーの4年ぶり、計17回目、単独ジャパン・ツアーとしては14回目となるライヴ。

ウドー音楽事務所ウェブサイト より引用

シンディ・ローパー 日本公演 SOLD OUT続出!

BUNKAMURAオーチャードホールの座席

私の席は「1階15列24番」です。オーチャードホールに行くのは初めてなので、事前に座席の情報を色々と調べました。

1階15列は、なかなかの良席だったかも

ステージから近い1~5列目は、座席がフラットなためステージが見えにくく、音響面も考慮すると「11~16列あたりが良席」という意見が多いようでした。

そういう点では私の座席は良席の部類かもしれません。

座席幅と間隔が広いため前の人の頭は気にならない

着席した目線の位置で撮影したステージの見え方は、下の写真のとおりです。

ステージの人物の表情はよく分かります。

最初から全員が総立ちになるものの、座席幅と間隔が広いため、前の人の頭がじゃまでずっと見えないということはありませんでした。

観客席に下りてきて歌うシンディ・ローパー

シンディ・ローパーは左右1度ずつ、歌いながら客席へ下りてきました。

5~7列目のあたりで(たぶん肘掛けに登って)上半身を飛び出させて、腕を振りながら歌います。

この周辺のシートの観客は、まさに(触れることができる至近距離の)目の前で歌を聴くことができていました。

2曲目”She Bop”に2つのサプライズ

1曲目が終わると、通訳さんをステージに呼び、シンディのトークが始まりました。

今日のライブ全般にわたって、曲の合間で何度も通訳さんを呼び寄せ、曲の背景を説明し時折ジョークも挟みます。

「観客にしっかりメッセージを伝えたい」というシンディの強い意志が伝わってきます。

そして、最初のトークの後の2曲目 ”She Bop”ではサプライズが2つありました。

スクリーンにゴジラの映像!?

まず曲が始まってステージ後ろのスクリーンに映し出された映像は「ゴジラ」でした。

なんと、3日前に私はブログでゴジラを取り上げたばかり( 昭和ゴジラシリーズ全15作品がクライテリオンからリリース!!)だったのです。

「もしかして、シンディー・ローパーはゴジラ好きなの!?」

真相は定かではありませんものの、この偶然に一気にテンションが上りました。

ちなみに She Bop の(オリジナル)ミュージックビデオがコレ↓。

なぜ今回はゴジラなのかー? (゜o゜)

Cyndi Lauper – She Bop

天才ドラマー少女”よよかちゃん”のサプライズ共演!?

驚きはゴジラだけではありませんでした。

She Bop の曲が中盤にかかるあたりで、ステージの後ろの方を走る小さな女の子の影が見えました。

女の子は中央に置かれていたドラムセットに座りました。実はあらかじめステージ上には2つのドラムセットが設置されていたのです。

私にとっては見覚えがあるシルエットでした。

「も、もしかして、よよかちゃん!?」

よよかちゃんYOYOKA)は、8歳の時にレッド・ツェッペリンの曲でドラムを叩く映像が話題になり、私のブログでも何度か取り上げました。

▶ 8才ドラマー「よよかちゃん」ドラムを叩く動画にR.プラントも絶賛!


今回のツアーメンバーのドラム Caitlin Kalafus がYouTubeに動画をアップロードしていました。

よよかちゃんの登場シーンは 2:10 の辺りから!!

She Bop, Cyndi Lauper – Tokyo, Japan 10/25/2019

公演の2日前にシンディ・ローパーからオファー!?

よよかちゃんは ”She Bop” の他、アンコールの “Girls Just Want to Have Fun” でもドラムを叩きました。

シンディ・ローパーは、「よよかは私の新しいベストフレンド。ロックバンドを組むときがあったら私を呼んでね」と、とてもお気に入りの様子でした。

よよかちゃんのお父様のツイートによると、公演の2日前にシンディ・ローパーからオファーがあったそうです。

えっ!? 2日前?

と、ビックリ!!(゜o゜;

でもYOYOKAちゃんの先週のツイートを見ると、オファー前から既にシンディ・ローパーの ”Girls Just Want to Have Fun” がセッション候補のレパートリーに入っていました。

シンディは「よよかと、この曲(Girls Just Want to Have Fun)がやりたかったの!!」と紹介していたので、もしかすると下の情報を聞きつけてオファーを出したのかもしれませんね。

Cyndi Lauper – Girls Just Want To Have Fun

総括:ほのぼのとした楽しいライブ

正直言って、1曲目はシンディ・ローパーの歌声が演奏の音量に負けているような気がして「大丈夫かな?」と少し心配になりました。

しかしそれは杞憂でした。すぐにエンジン全開。昔と変わらぬ歌声に、腕をひらひらさせながらクルクル回る仕草も健在。

時折マイペースで、冗談を言いながらモノを片付けたり水を飲んだり、ほのぼのとした感じのステージでした。

2週間ほど前に観た スティングSting のステージが「ストイックに、ひたすら歌い続ける」スタイルだったのと対象的です。

▶ スティングSTINGの来日公演!!幕張メッセで観てきました

まだまだ衰え知らずのシニア世代

スティングが68歳、シンディ・ローパーが66歳ですか・・・山下達郎と同じ1953年生まれなのですね。

みんな私より一回り以上も年齢が上です。

「50歳代なんてまだまだ老け込むような年齢じゃないよな!?」

と、元気をもらえます!!


▼会場で推していた最新のベストCD

ジャパニーズ・シングル・コレクション-グレイテスト・ヒッツ- (DVD付)

▲画像クリックでAmazonへ▲

タイトルとURLをコピーしました