LINEで送る
Pocket

1980年代にはメジャーロックスターとなったデビッド・ボウイ。2000年代の活動休止状態から2013年に突如復活。2016年1月8日の69歳の誕生日に最期のアルバムを発表。その2日後にがんで死去。翌年にグラミー賞5冠に輝きます。(文中敬称略)

1989年、シンプルなロックバンド「ティン・マシーン」時代

奇抜なメイクとファッション「デビッド・ボウイ」何者なのか?(1)
奇抜なメイクとファッション「デビッド・ボウイ」何者なのか?(2)
ではデビッド・ボウイのデビューから”カルト・スター”を経て”メジャーロックスター”へ駆け上がるまでを書きました。

1989年、デビッド・ボウイはロックバンド「Tin Machine」を結成します。1991年の「Tin MachineⅡ」を最期に事実上解散。

1989年、ボウイはゴージャスなサウンドとステージからイメージチェンジをはかり、シンプルなロックバンド「ティン・マシーン」を結成。

スタジオ・アルバムを2枚、ライヴ・アルバムを1枚リリースする。

その後、過去のベストヒットメドレー的なコンサートとしては最後と銘打って『サウンドアンドヴィジョン』ワールドツアーを行い、過去の総決算を果たそうとした。

デヴィッド・ボウイ – Wikipedia より引用

 
 

画像クリックでAmazonへ

1990年代、ソロ活動再開

1993年にはモデルのイマン・アブドゥルマジドと再婚。

そして、ナイル・ロジャースと再び組んで6年ぶりのソロアルバム『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』を発表、『トゥナイト』以来9年ぶりに全英1位を獲得する。

1995年には今度はブライアン・イーノと再び組んで『アウトサイド』をリリース。その後、1997年に『アースリング』、1999年には『アワーズ…』をリリースする。 メジャーなロックスターには珍しく、1990年代のボウイはコンスタントに新しい作品の発表とツアー活動を行い、時代の実験的なアプローチを導入し、復調の兆しをみせる。

デヴィッド・ボウイ – Wikipedia より引用

David Bowie – Black Tie White Noise (1993年)

 

2004年、活動休止状態に、引退の憶測も

2002年、2003年とアルバムを発表。しかしワールドツアー中に動脈瘤により緊急入院。2004年以降は活動休止の状態になり、「実質的に引退した」という憶測も報道されるようになりました。

2000年代に入っても創作意欲は衰えず、2002年に『ヒーザン』、2003年に『リアリティ』と立て続けにアルバムを発表し、大規模なワールドツアーを開始する。

その中で8年ぶりの来日公演も果たした。しかし、このツアー中にハンブルクにて動脈瘤による前胸部の痛みを訴え緊急入院、残りの14公演を急遽中止した。

この一件以来、ボウイは創作活動には消極的となり、2004年の「ネヴァー・ゲット・オールド」(『リアリティ』からのシングル・カット)以降は2013年までリリースされていない。

公の場に姿を現したのも、2006年にデヴィッド・ギルモアアリシア・キーズのライブにゲスト出演した程度で、表立った活動はほとんど行われていない。

デヴィッド・ボウイ – Wikipedia より引用

David Bowie – Never Get Old (2004年-A Reality Tour)

 

2013年、突如復活

しかし2013年1月8日の66歳の誕生日に突如復活。新曲「Where Are We Now?」を発表しました。

2013年1月8日、ボウイの66歳となる誕生日に突如、新曲「ホエア・アー・ウィー・ナウ?」と10年ぶりとなる新作『ザ・ネクスト・デイ』を3月に発売すると発表。

先行シングルの「ホエア・アー・ウィー・ナウ?」は全世界119か国のiTunes Storeにて一斉配信開始され、リリースから24時間で27か国のiTunesチャート1位になった。

デヴィッド・ボウイ – Wikipedia より引用

 

David Bowie – Where Are We Now? (2013年)

 

2015年、最期のシングル発表

2015年11月に「★(Blackstar)」、12月に「Lazarus」のシングルを発表。

David Bowie – Blackstar (2015年)

 

David Bowie – Lazarus (2015年)

 

2016年1月、ニューアルバム発表の2日後にがんで死去

2016年1月8日、デビッド・ボウイの69歳の誕生日にニューアルバム「★(Blackstar)」を発表します。

★(Blackstar) David Bowie

画像クリックでAmazonへ

 
 

アルバム「★」は、イギリスで1位、アメリカで2位のベストセラーを記録

2016年1月9日の Facebook ではベストセラーの状況を投稿しています。

 

アメリカのマスコミもデビッド・ボウイの復活を大きな記事に

ニューアルバムのジャズの要素を取り入れた世界観も話題を呼びました。

 
 

2016年1月10日、がんによる死亡をFacebook上で公表

 
 

マスコミは大騒ぎとなった

 

2017年2月、グラミー賞5部門を獲得

 
 

2018年11月、グラストンベリー・フェスティバル2000の完全版が発売される

デビッド・ボウイの伝説的なライブと言われていた「グラストンベリー2000」が2018年11月30日に発売されます。

 
 
デヴィッド・ボウイのキャリアにおいてハイライトの一つともいうべき伝説のライヴ・パフォーマンスの模様が、初めて完全版でリリースされることが発表された。パーロフ...
 

Amazonでデビッド・ボウイを調べる
 
おすすめ記事
 
LINEで送る
Pocket