"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

松田聖子の歌声でストレス解消「破天荒フェニックス」CFO奥野の流儀

2018年12月 10日(月)

赤いスイートピー

@belayakaterina/Depositphotos.com

溜まったストレスを抜くために音楽を聴くことがあります。色々と試してみたところ、私には松田聖子の曲が効果的でした。人によって音楽に触れてきた環境が異なるので効果的な音楽ジャンルも人それぞれ違うと思います。あくまでも「奥野流」の参考情報としてお読みください。(文中敬称略)

音楽を聴いてストレスを抜く

当ブログの記事 [su_permalink id="16346" target="blank"][/su_permalink] では、「あ。まずいかな?」と感じたときに意識的にストレスを「抜く」方法の一つとして『目を閉じてヘッドホンで音楽を聴く』を紹介しました。

聴く音楽のジャンルは色々あります。ボサノバだったりジャズ・ボーカルであったり。しかし最も効果があったのは「聖子ちゃん」こと松田聖子の曲でした。「奥野は洋楽好き」という印象を持たれている方には意外かもしれません。

実際、十数年前まではそれほどファンという訳でもありませんでした。ティーンエイジャーの時には、どちらかというと敬遠している感じもあったくらい。

でも実は、私は松田聖子が歌手デビューする前からラジオでその存在を知っていました。

 

松田聖子とラジオ番組『ザ・パンチ・パンチ・パンチ』

私が中学生の時、寝床で深夜ラジオをよく聴いていました。平日23時台の後半から主に聴いていたのはニッポン放送の『ザ・パンチ・パンチ・パンチ』という番組。

パーソナリティーは「パンチガール」という女性3人組で、そのパンチガールの一人が松田聖子でした。冒頭の自己紹介の際には「セイコよ!」と名乗っていました。

ある日のこと「このたび、セイコが曲を出すことになりました!聴いてください!」とラジオで語り、そして流れてきたのが『裸足の季節』です。

正直言って初めて聴いたときは「なんか、素人っぽい歌い方だなー」という印象で、まさかまさかあれほどのビッグスターになるとは露程も思いませんでした。(ラジオに片耳イヤホンの低音質だったのでなおさらそう感じたのかも)

 

NHK「レッツゴーヤング」を観に行った

しかし私の第一印象を見事に裏切り、『裸足の季節』は『エクボ』のCMソングとして大ブレイクし、松田聖子はまたたくまにトップアイドルへと駆け上がっていったのでした。

聖子ちゃんがデビューした年、中学校の友人がNHKの歌番組『レッツゴーヤング』の公開録画観覧の抽選を当て、一緒にNHKホールに観に行きました。その時に松田聖子が歌っていたのは2曲めのシングル『青い珊瑚礁』だったと記憶しています。

もうすでに親衛隊のような集団ができており、歌っている間もず~~~っと二階席の後ろの方で叫んでいました。

「L(エル)O(オー)V(ブイ)E(イー)、セ・イ・コッーー!!

これが私にとってはダメでしたね。時々後ろを振り返りながら「チェッ、うるさくて歌が聞こえないよー」と舌打ちして忌々しく思いました。

そして松田聖子の曲を真剣に聴くことを避けるようになっていったのです。(当然ながらビッグヒットを連発していたので、色んな場面で曲を耳にすることは多かった)

 

ストレス解消のため、藁にもすがる思いで松田聖子を聴き始めた

ところが2008年にOWNDAYSの再生に参画してとてつもないプレッシャーに襲われるようになったころ(『破天荒フェニックス』ご参照)、インターネットの掲示板で「松田聖子の歌はストレス解消になる?」みたいな投稿をいくつか目にしました。

「1/fゆらぎ」がどーのこーのと科学的に説明するような記事もあったような気が・・・

そこでデビューアルバムから10作目くらいまでのCDを一気に購入し聴いてみました。そこで思ったことは、

あー、どうして今まで避けてきたのだろー?」という後悔でした。

当時は気が付きませんでしたが、松田聖子の声質に魅了された大御所たちが、こぞって曲を書いていました。

聖子ちゃんの声も初期のハイトーンボイスから徐々に喉を痛めて(?)いわゆるキャンデイボイスに移行していく過程の変化が実に興味深い。

 

ストレスを抜くときに聴く松田聖子ソング

くり返し聴くときには、膨大な曲をさすがに全部聴くことは出来ません。各アルバムから曲をピックアップして聴くことになります。

私がピックアップする曲を紹介しましょう。どうしても昔懐かしいシングルカットされた人気曲が中心になるのは仕方ありません。

主に聞くのは第2作~第5作のアルバム。デビューアルバムも嫌いではありませんが、ちょっと元気すぎて、聴くタイミングが違うかな・・・

 

2ndアルバム”North Wind”

North Wind からは 、1曲目「白い恋人」、5曲目「風は秋色」

 

3rdアルバム”SILHOUETTE~シルエット~”

5曲目「チェリーブラッサム」、8曲目「夏の扉」

 

4thアルバム”風立ちぬ”

3曲目「一千一秒物語」、5曲目「風立ちぬ」、8曲目「白いパラソル」

シングルカットされていませんが『一千一秒物語』は最も好きな曲の一つです。

大瀧詠一が好きなので、アルバム『風立ちぬ』は(特にA面を)通して聴くこともあります。

 

5thアルバム”Pineapple”

5曲目「渚のバルコニー」、8曲目「赤いスイートピー」

ユーミン(松任谷由実)による『赤いスイートピー』は外せません。

 

できればハイレゾ音源で聴きたい

ストレス解消にかなりの効果を感じたので、1st~5thアルバムはハイレゾ音源も購入しました。ハイレゾ対応のヘッドホンでボリューム上げて聴けば、また別世界が広がります。

 

破天荒フェニックスに関する話題

ベストセラー小説『破天荒フェニックス』の中の比喩「2トントラックに1.4トンの砂利を積む危険」が共感を呼んでいます。しかしこのセリフは実際にはないフィクションで...
 
「オンデーズ再生物語」に関するインタビューが、Newspicksの「イノベーターズ・トーク」で5話連載されました。当初からの事情を唯一知るCFOの奥野がTwitterで少しずつ...
 
「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語」の第1話~第5話の試し読みが、NewsPicks に連載されました。当初からの事情を唯一知るCFOの奥野がTwitterで少しずつツイー...
 
NewsPicks(ソーシャル経済メディア)へ2018年秋に掲載された『破天荒フェニックス - オンデーズ再生物語』関連の記事をまとめました。有料会員向けの記事が含まれるも...
 
ある時期から私は会社の飲み会への参加がガクンと減りました。実は凄惨を極めた資金繰りコントロール時に受けたトラウマの後遺症なのです。温かい目で見てやって下さい...
 
小説『破天荒フェニックス』で人気のフレーズ「倒れるときは前向きに」と似た言葉が、マンガ『巨人の星』で”坂本龍馬の名言”として登場します。しかし、この言葉は史実...
 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を
 

 
= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号

 

 

JASRAC包括許諾マーク

JASRAC許諾マーク

JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 

 

プロフィール

奥野 良孝 Owndays(オンデーズ)CFO

ヨシオクノ 奥野良孝

OWNDAYS 取締役|
メガバンク~投資銀行
(融資/債権回収/再生)
→脱サラ
→オンデーズ再生に参画
→次は自分3.0?
音楽全ジャンルとダンスLOVER

詳しいプロフィール

 

ブログ内検索

-ビジネス
-, ,

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.