デュラン・デュランの特徴”アーケイディア”シンセポップ・ユニット

当ブログの記事 デュラン・デュラン音楽的特徴はダンスミュージック×シンセポップ に「”デュラン・デュラン/Duran Duran” の音楽の特徴として二面性がある」ことを書きました。その特徴の一つ「ヨーロッパの耽美主義(たんびしゅぎ=美を何よりも優先させる)をベースにした陰あるシンセポップ」を知るためには、シンセポップ・ユニットの ”アーケイディア/Arcadia” を聴いてみると良いです。(文中敬称略)

デュラン・デュランの一面「陰あるシンセポップ」

デュラン・デュランの ”ジョン・テイラー/John Taylor”“アンディ・テイラー/Andy Taylor”が別のロック・バンド ”パワーステーション/The Powerstation” を結成してダンスミュージックを演奏する一方、残りの3人でシンセポップ・ユニット ”アーケイディア/Arcadia” として活動を行いました。

アーケイディアの参加メンバーは次の3人。

サイモン・ル・ボン/Simon Le Bonボーカル
ニック・ローズ/Nick Rhodesキーボード
ロジャー・テイラー/Roger Taylorドラム

アルバムは1枚のみ ”情熱の赤い薔薇/So Red the Rose”(1985年)

アーケイディアが発表した唯一のアルバムは、1985年の ”情熱の赤い薔薇/So Red the Rose” です。

アルバム ”So Red the Rose” には大物アーティストも参加しています。

  • デヴィッド・ギルモア/David Gilmour[ピンク・フロイド]
  • スティング/Sting(「The Promise」のバック・コーラス)
  • アンディ・マッケイ/Andy Mackay[ロキシー・ミュージック]
  • ハービー・ハンコック/Herbie Hancock
  • グレイス・ジョーンズ/Grace Jones(「The Flame」のバック・コーラス)
  • 土屋昌巳

Amazon music

So Red The Rose

▲画像クリックでAmazonへ▲

Apple Music

(2010 Remastered Version)

全米トップ10入りしたシングル曲

アーケイディアのアルバム ”情熱の赤い薔薇/So Red the Rose” からシングルカットされた曲も、パワーステーションと同様に、全米ヒットチャートでTOP10入りの大ヒットとなりました。

エレクション・デイ – Election Day

1985年10月リリースの ”エレクション・デイ/Election Day” は、英7位・米6位(#14 on the UK Singles Chart and #6 on the US Billboard Hot 100)。

Arcadia – “Election Day (7″ Version)”

タイトルとURLをコピーしました