映画

映画のリールとテープ

2018/12/11

エジソンが発明した映画上映装置”キネトスコープ”は立ったまま観る

エジソンが発明した初期の「映画鑑賞装置」は「キネトスコープ」と呼ばれ、立ったまま装置をのぞき込んで映画を観るスタイルでした。装置を並べた”キネトスコープ・パーラー”なるものが大流行となりましたが、やがて登場するスクリーン投影装填「シネマトグラフ」に取って代わられるのでした。(文中敬称略) 日本の12月1日「映画の日」はエジソンのキネトスコープ由来 当ブログの記事  料金1000円「映画の日」は12月1日のみ!毎月の割引サービスは別物 で「キネトスコープ」について触れました。 毎年12月1日を「映画の日」と ...

スポーツする人たちのシルエット

2018/11/17

スポーツ動画の集大成「夏季・冬季オリンピック100年史」を映画で

「オリンピックの100年史を振り返る」映画53作品のブルーレイBOX。2017年12月の発売後まもなく1年でかなり値崩れしてきました。そこで個人輸入で入手することにしました。1996年から20年をかけた映画修復プロジェクト。その美しい映像の一部を紹介します。(文中敬称略) ”100 Years of Olympic Films” ブルーレイBOX ”高度なレストア技術と高品質な映像”で人気のクライテリオン・コレクション。2017年12月にコレクションに加わったのが『オリンピック映画100年史』。Blu-r ...

ジョーン・ジェット

2018/11/2

姐御ジョーン・ジェットと「ザ・ランナウェイズ」元祖ガールズバンド

1980年代初めに強烈な印象を残したジョーン・ジェット。実はソロ活動の前は”元祖ガールズバンド”として日本で絶大な人気を誇った「ザ・ランナウェイズ」の創設メンバーでした。(文中敬称略) 80's初頭に強烈な”I Love Rock N' Roll” ジョーン・ジェット&ブラックハーツ 1980年代の前半に”姐御風”のジョーン・ジェット(Joan Jett)が凄みをきかせながら歌うロックンロール。今でも強烈な印象が残っています。 Joan Jett & The Blackhearts   2作目のソ ...

フレディー・マーキュリー

2018/10/25

衝動買い!!クイーン「フレディー・マーキュリー」の可動フィギュア

2018年11月に公開される映画『ボヘミヤン・ラプソディ』~伝説のバンドQueenのボーカル「フレディー・マーキュリー(Freddie Mercury)」の物語です。バンダイから発売されていたフレディーのフィギュアを衝動買いしてしまったので簡単なレポートを・・・(文中敬称略) クイーンの映画を観る前に「フレディー・マーキュリー」のお人形を買ってしまった(゜o゜; アマゾンでふと見つけて衝動的にポチッとしてしまいました。 伝説のバンド”クイーン(Queen)”のボーカル、フレディー・マーキュリーのアクション ...

フィルム白黒

2018/9/3

リュミエール兄弟の「シネマトグラフ」が映画スクリーン上映の始まり

日本の「12月1日は映画の日」はエジソンのキネトスコープによる日本初上映を記念する日。一方12月28日は、リュミエール兄弟によって世界で初めて現在スタイルの映画興行が行われた「シネマトグラフの日」として重要な記念日です。(文中敬称略) リュミエール兄弟が発明「シネマトグラフ」は映像をスクリーンに投影する装置 エジソンのキネトスコープ・パーラーがアメリカに広まったのと同時期に、リュミエール兄弟が「シネマトグラフ(cinématographe)」を発明します。 リュミエール兄弟ーWikipedia シネマトグ ...

映画館のアイコンセット

2018/9/2

料金1000円「映画の日」は12月1日のみ!毎月の割引サービスは別物

もはや定着化した「毎月1日」の映画サービスデー。料金が1000円になる「12月1日の映画の日」と混同している人も多いようです。主要シネコンの状況と割引サービスの歴史を調べてみました。 毎月1日の映画サービスデーは本来の「映画の日」ではない いまやほとんどの映画館で行われていると思われる「毎月1日」の料金割引サービス。 この1日を「映画の日」と呼ぶ人も多いですが、厳密に言うと間違っている場合が多いのです。   シネマコンプレックス大手のウェブサイトを調べてまとめた シネマコンプレックス大手6社の「毎月1日」 ...

ビッグウェイブとサーフィン

2018/8/31

青春サーフィン映画の傑作「ビッグ・ウェンズデー」遂にブルーレイ化

高校時代に名画座で観てから大好きな映画『ビッグ・ウェンズデー』。待ち焦がれること10数年、待望のブルーレイ化が発表されました。このムービーはぜひブルーレイの精細映像+大画面で鑑賞して欲しいのです。(文中敬称略) 待望の「ビッグ・ウェンズデー(Big Wednesday)」ブルーレイ(Blu-ray)発売 とにかく首を長くして待っていました。かれこれ10年以上にはなるでしょう。DVDは持っていました。 人気映画だから直ぐにブルーレイ化するだろうと思って、定期的にアマゾンをチェックしていました。 ときどきアメ ...

ミッション:インポッシブル

2018/8/11

仕事がつらい?映画「ミッション:インポッシブル」シリーズが効くよ

「ミッション:インポッシブル」シリーズもついに6作目「フォールアウト(Fallout)」が2018年夏に公開されました。これまでシリーズは全部観ているので、最新作も楽しみ!Mission: Impossible は「仕事が過酷で辛いときに」元気と勇気をもらえるお気に入りの映画シリーズなのです。(文中敬称略) 2018年 最新作(6)フォールアウト Fallout 予告編(日本/英語) 2018年公開の最新作「フォールアウト」予告編。日本語版と英語版は内容が異なります。いきなり窓を破って隣のビルへジャンプす ...

ダンス・パーティ

2018/8/7

大瀧詠一が語った映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の楽しみ方

人気映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクライマックスのダンスパーティシーンは普通に観ていても面白いです。さらにあの大滝詠一がマニアックな視点からこの映画の興味深さと楽しみ方を教えてくれます。(文中敬称略) 映画のクライマックスはダンス・パーティでの演奏シーン 1985年に公開され、今でも根強いファンがいる映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。クライマックスとも言えるシーンは、過去へタイムスリップした主人公がダンスパーティーでチャック・ベリーのJohnny B. Goode を演奏するシーンです。 ...

ハリウッドのイメージイラスト

2018/7/27

必見「ザッツ・エンターテインメント」ミュージカル映画の入門に最適

映画「ザッツ・エンターテインメント」は、映画会社MGMのミュージカル映画のハイライト集です。1974年公開の第1作がヒットした後Part3まで続編が作られました。ミュージカル映画に興味があるけど観たことない!という人にはオススメです。(文中敬称略) 1974年 That's Entertainment 第1作の登場 1974年に公開されヒットした「ザッツ・エンターテインメント」。まずミュージカル映画というものに親しむには格好の映画です。 内容は『ブロードウェイ・メロディ』(1929年)にはじまるMGM社ミ ...

映画グリースのサウンドトラックレコードのジャケット

2018/7/15

オリビア・ニュートン・ジョン「衝撃だった」ザナドゥからフィジカル

’70年~'80年代に大活躍したオリビア・ニュートン=ジョン。憧れのブロンドお姉さんがばっさり髪を切ったイメージチェンジは衝撃でした。1992年の乳がん治療後にがん研究センターの設立やチャリティーと積極的にがんの啓蒙活動を行ってきたオリビアは、今も闘病中なのです。(文中敬称略) 中高生時代の憧れ、オリビア・ニュートン=ジョン まずは、オリビア・ニュートン=ジョン本人がTwitterで絶賛しているこの動画。映像作家 Eric Thigpen の手によるもので、オリビアの魅力が凝縮されています。 Thank ...

小さな映画館の館内

2018/7/14

寺山修司の監督デビュー作品「書を捨てよ町へ出よう」は覚悟して観ろ

「アングラ四天王」の寺山修司が初めて監督した映画作品「書を捨てよ町へ出よう」を学生時代に観に行きました。映画のタイトルはカッコいいフレーズですが、内容は前衛的な実験映画であり、観るにはかなりの覚悟が必要です。(文中敬称略) 予備知識ゼロで寺山修司の映画を観に行った ブログ記事 故佐藤重臣「アングラ映画のジューシン」黙壺子フィルム・アーカイブ をご覧になった方は「奥野ってアングラ映画が好きなのか?」と思われるかもしれません。 いえいえ、私はアングラ映画や前衛的な作品を好んでは観ていません。黙壺子(もっこす) ...

映画フィルムのリール

2018/7/13

故佐藤重臣「アングラ映画のジューシン」黙壺子フィルム・アーカイブ

1988年に亡くなった映画評論家の「佐藤重臣(しげちか)」は、アングラ映画の自主上映に情熱を注ぎ「アングラのジューシン」の異名もありました。佐藤重臣が手がけた伝説の「黙壺子フィルム・アーカイブ」。学生時代に観に行ったことがあるのでその時の話を書きます。(文中敬称略) 黙壺子(もっこす)フィルム・アーカイブとは? 主に1980年代に新宿で行われていたアングラ映画の自主上映会。映画評論家の佐藤重臣が主催していました。 今や伝説となった「アングラ映画の殿堂」 黙壺子フィルム・アーカイブとは、“アングラのジューシ ...

チャールズ・チャップリン

2018/6/27

チャップリン「日本人秘書」ポーレットゴダードと喧嘩して飛び出した

知る人ぞ知る「高野虎市」は、喜劇王チャールズ・チャップリンの信頼を得た日本人秘書でした。高野がチャップリンのもとを去る要因となったのは女優ポーレッド・ゴダードの高野に対する激しい嫉妬でした。いまだ人気の衰えないチャップリンの日本人に関わるエピソードをご紹介。(文中敬称略) 踊るポーレット・ゴダード 前回の フレッド・アステアがオーケストラをダンスで指揮する凄い映画シーン で紹介した映画「コーラス・ライン」。フレッド・アステアとペアを組んでダンスを踊るのは、ポーレット・ゴダード(Paulette Godda ...

ファッツ・ウォーラー

2018/5/6

ストーミー・ウェザー「空前絶後の黒人映画」ファッツ・ウォーラー

オール・ブラック・キャストの異色エンターテインメント映画。大学生の時に初めて観て、今でも最も好きな映画である「ストーミー・ウェザー」。現在はパブリック・ドメイン(=著作権消滅)になっている「ファッツ(太っちょ)・ウォーラー」の演奏シーン。アル・カポネも認めた『道化の仮面をかぶった天才音楽家』です。(文中敬称略) 日本では渋谷「シネマライズ」のみで上映 「最も好きな映画は何か?」と聞かれた場合、なかなか一つに絞るのはむずかしいですが、候補の筆頭に入るのは間違いなくこの「ストーミー・ウェザー(Stormy W ...

ジェームズ・ディーンのネーム

2018/5/4

映画の中では見られない「ジェームズ・ディーン」のメガネ姿に痺れる

小さい頃からメガネっ子の自分にとっては、ジミーのメガネスタイルが憧れ。中学生の頃からジェームズ・ディーンが大好きでした。特に普段の彼のメガネ姿がカッコ良くて憧れていました。彼が使用していたメガネブランドは、ジョニー・デップも愛用するTART。すでに廃業してヴィンテージになっていましたが、近年は復刻版も出ているようです。(文中敬称略) ジェームズ・ディーンは映画も観て欲しい 「エデンの東(East of Eden)」は、中学生ごろにテレビで観て、高校生の時に映画館(名画座)で観て、DVDを買って観て・・・好 ...

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2018 All Rights Reserved.