ビリー・ジョエル|バンド

ビリー・ジョエル オネスティ ドラム

2018/12/6

ビリー・ジョエルの名曲『オネスティ』は歌詞と比べてドラムがハード

ビリー・ジョエルの曲の中でも、特に日本では人気が高い名曲『オネスティ/Honesty』。よく耳を澄ますと、哀愁が漂う歌詞とは裏腹に、バックのドラムスは段々とボルテージが上がり、激しく打ち鳴らしているのに気がつきます。ドラマーは「元祖ハードヒッター」として知る人ぞ知る人気者でした。(文中敬称略) 日本で人気が高い名曲「オネスティ」の哀愁漂う歌詞 『オネスティ/Honesty』は、ビリー・ジョエルが1978年発売のアルバム『ニューヨーク52番街/52nd Street』に収録した曲。翌1979年に、同アルバム ...

ニューヨーク52番街の標識

2018/5/13

黄金期の「ビリー・ジョエル・バンド」はメンバーだけで再集結した

ビリー・ジョエルのトップ10の曲を全て演奏した「ビリージョエルバンド」。オリジナルメンバーはビリー・ジョエルとの確執が深まり解雇。ベーシストの自殺や金銭トラブルによる訴訟へと発展し、結局バラバラになってしまいました。ところが時を経て、還暦を超えたメンバー達(ビリー・ジョエルを除く)が再集結し、2014年にバンドを結成して活動をしていることはあまり知られていません。(文中敬称略) ビリー・ジョエル VS バンドメンバーの確執 ビリー・ジョエルの黄金期のバックを支え、ミュージックビデオにも一緒に登場していた” ...

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2018 All Rights Reserved.