"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

映画

エルビス・プレスリー映画『ブルー・ハワイ』登場カクテルはマイタイ

数十年ぶりに観てみたエルビス・プレスリーの主演映画『ブルー・ハワイ』。登場するカクテルはマイタイで、ダイキリもブルー・ハワイも出てきません。私の記憶違いと長年の勘違いに気がついたのでした。(゜o゜)(文中敬称略) 『ブル ...

値上げが相次ぐ映画館「最大手シネコン」イオンシネマはまだ動かず?

2019年6月、7月と鑑賞料金改定(値上げ)を行った多くのシネコン。しかし最大手のイオンシネマはいまだ動かず? 根強い「ワーナー・マイカル」のイメージを覆して「イオン」の存在感をアピールするのには良いかも。(文中敬称略) ...

薬師丸ひろ子は女優?歌手?私のイメージは圧倒的にデビュー映画です

私にとっての薬師丸ひろ子の強烈なイメージは眼力の強い「女優」です。デビュー映画『野性の証明』のイメージが強烈なのです。竹内まりやのセルフ・カヴァー曲を聴いていてふと懐かしい少年時代に思いを馳せました。(文中敬称略) ”歌 ...

羽と青空

人生を変えた映画『フォレスト・ガンプ』無邪気な好奇心の価値を知る

「自分の人生に大きな影響を与えた映画をあげよ」とリクエストがあれば、私が外すことのできない映画が1994年のアメリカ映画 "フォレスト・ガンプ/Forrest Gump" です。(文中敬称略) ガンプ(=うすのろ)なフォ ...

橋と桜の木

『君の膵臓をたべたい』は日々を無駄に過ごすことを戒めてくれる映画

2017年公開の日本映画『君の膵臓をたべたい』。私は飛行機の中でナイトキャップ代わりに見始めたところ最後まで観て泣きました。大画面で見直したくて(邦画としては珍しく)Blu-ray ソフトを購入しました。(文中敬称略) ...

映画館のシート

TOHOシネマズの映画料金が2019年6月から100円の値上げ!

映画ファンにとっては悲報かも。TOHOシネマズが(消費税の増税前の)2019年6月1日より映画鑑賞料金を引き上げする旨を3月に発表しています。全般的に100円の値上げになります。(文中敬称略) 2019年3月に発表された ...

西部戦線

映画『ワンダーウーマン』ガル・ガドットのアクションシーンに興奮!

アクションシーンのひとつを「ちょい見」するつもりで再生を始めた『ワンダーウーマン』のブルーレイ。”ミス・イスラエル”のガル・ガドットが演じるヒロインの戦闘シーンが面白すぎて、ストーリーそっちのけでアクションを最後まで追い ...

ブロードウェイ・メロディー

「予告編でここまで見せるか!?」と驚く映画”Broadway Melody"

二人のタップダンスのスターが共演する映画「ブロードウェイ・メロディー」の予告編の内容が濃くて驚きました。こんなパフォーマンスが手のひらで無料で観ることのできる今の時代って凄いなー! と、爺さんみたいなボヤキです。(文中敬 ...

地球の日の出

キューブリック映画『2001年宇宙の旅』はやっぱり大画面で観たい

1968年に公開された『2001年宇宙の旅』はSF映画の金字塔。製作50周年を迎えた2018年には、70mmニュープリント版や4K、8K版も登場して盛り上がりを見せています。 NHKのBS8Kで特別放送された”8K”『2 ...

映画のリールとテープ

エジソンが発明した映画上映装置”キネトスコープ”は立ったまま観る

エジソンが発明した初期の「映画鑑賞装置」は「キネトスコープ」と呼ばれ、立ったまま装置をのぞき込んで映画を観るスタイルでした。装置を並べた”キネトスコープ・パーラー”なるものが大流行となりましたが、やがて登場するスクリーン ...

スポーツする人たちのシルエット

スポーツ動画の集大成「夏季・冬季オリンピック100年史」を映画で

「オリンピックの100年史を振り返る」映画53作品のブルーレイBOX。2017年12月の発売後まもなく1年でかなり値崩れしてきました。そこで個人輸入で入手することにしました。1996年から20年をかけた映画修復プロジェク ...

ジョーン・ジェット

姐御ジョーン・ジェットと「ザ・ランナウェイズ」元祖ガールズバンド

1980年代初めに強烈な印象を残したジョーン・ジェット。実はソロ活動の前は”元祖ガールズバンド”として日本で絶大な人気を誇った「ザ・ランナウェイズ」の創設メンバーでした。(文中敬称略) 80's初頭に強烈な”I Love ...

フレディー・マーキュリー

衝動買い!!クイーン「フレディー・マーキュリー」の可動フィギュア

2018年11月に公開される映画『ボヘミヤン・ラプソディ』~伝説のバンドQueenのボーカル「フレディー・マーキュリー(Freddie Mercury)」の物語です。バンダイから発売されていたフレディーのフィギュアを衝動 ...

映画「SWING TIME」

アステア&ロジャース映画「スイング・タイム」はジェローム・カーン

1936年のアメリカ映画「スイング・タイム(Swing Time)」/邦題「有頂天時代」は、私が最も好きなミュージカル映画の一つです。フレッド・アステア(Fred Astaire)とジンジャー・ロジャース(Ginger ...

リュミエール兄弟の「シネマトグラフ」が映画スクリーン上映の始まり

日本の「12月1日は映画の日」はエジソンのキネトスコープによる日本初上映を記念する日。一方12月28日は、リュミエール兄弟によって世界で初めて現在スタイルの映画興行が行われた「シネマトグラフの日」として重要な記念日です。 ...

料金1000円「映画の日」は12月1日のみ!毎月の割引サービスは別物

もはや定着化した「毎月1日」の映画サービスデー。料金が1000円になる「12月1日の映画の日」と混同している人も多いようです。主要シネコンの状況と割引サービスの歴史を調べてみました。(文中敬称略) ファーストデー(毎月1 ...

ビッグウェイブとサーフィン

青春サーフィン映画の傑作「ビッグ・ウェンズデー」遂にブルーレイ化

高校時代に名画座で観てから大好きな映画『ビッグ・ウェンズデー』。待ち焦がれること10数年、待望のブルーレイ化が発表されました。このムービーはぜひブルーレイの精細映像+大画面で鑑賞して欲しいのです。(文中敬称略) 待望の「 ...

ミッション:インポッシブル

仕事がつらい?映画「ミッション:インポッシブル」シリーズが効くよ

「ミッション:インポッシブル」シリーズもついに6作目「フォールアウト(Fallout)」が2018年夏に公開されました。これまでシリーズは全部観ているので、最新作も楽しみ!Mission: Impossible は「仕事 ...

ダンス・パーティ

大瀧詠一が語った映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の楽しみ方

人気映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクライマックスのダンスパーティシーンは普通に観ていても面白いです。さらにあの大滝詠一がマニアックな視点からこの映画の興味深さと楽しみ方を教えてくれます。(文中敬称略) 映画のク ...

ハリウッドのイメージイラスト

必見「ザッツ・エンターテインメント」ミュージカル映画の入門に最適

映画「ザッツ・エンターテインメント」は、映画会社MGMのミュージカル映画のハイライト集です。1974年公開の第1作がヒットした後Part3まで続編が作られました。ミュージカル映画に興味があるけど観たことない!という人には ...

フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの蝋人形

”ダンスの神様”「フレッド・アステア」が踊る動画を高画質で観たい

ダンスの神様「フレッド・アステア」の映画は、日本でも廉価版のDVDが広く出回るようになりました。もっと高画質でダンスシーンを観たい!という欲求は尽きません。そんなときは海外のYouTubeを探してみます。(文中敬称略) ...

タップシューズのイラスト

タップの歴史に輝く「ニコラスブラザーズ」ストリートダンスにも影響

フレッド・アステアとともに私のお気に入りのタップダンサーは「ニコラスブラザーズ」。後のストリートダンスにも影響を与えたと言われるアクロバティックダンスはいつ観ても爽快です。(文中敬称略) 映画「ストーミー・ウェザー」で最 ...

映画グリースのサウンドトラックレコードのジャケット

オリビア・ニュートン・ジョン「衝撃だった」ザナドゥからフィジカル

’70年~'80年代に大活躍したオリビア・ニュートン=ジョン。憧れのブロンドお姉さんがばっさり髪を切ったイメージチェンジは衝撃でした。1992年の乳がん治療後にがん研究センターの設立やチャリティーと積極的にがんの啓蒙活動 ...

小さな映画館の館内

寺山修司の監督デビュー作品「書を捨てよ町へ出よう」は覚悟して観ろ

「アングラ四天王」の寺山修司が初めて監督した映画作品『書を捨てよ町へ出よう』を学生時代に観に行きました。映画のタイトルはカッコいいフレーズ。しかし内容は前衛的な実験映画であり、予備知識なく鑑賞しようとするとショックを受け ...

映画フィルムのリール

故佐藤重臣「アングラ映画のジューシン」黙壺子フィルム・アーカイブ

1988年に亡くなった映画評論家の「佐藤重臣(しげちか)」は、アングラ映画の自主上映に情熱を注ぎ「アングラのジューシン」の異名もありました。佐藤重臣が手がけた伝説の「黙壺子フィルム・アーカイブ」。学生時代に観に行ったこと ...

色々な打楽器のイラスト

映画イースターパレード「タップは楽器」フレッド・アステアが魅せる

ハリウッドスターのフレッド・アステアの後期作品の中で最も好きな映画の一つ『イースター・パレード』。彼が踊るソロはまるで楽器の一部となったようなリズム感と躍動感。観たらタップ・ダンスをしたくなる!?(文中敬称略) フレッド ...

チャールズ・チャップリン

チャップリン「日本人秘書」ポーレットゴダードと喧嘩して飛び出した

知る人ぞ知る「高野虎市」は、喜劇王チャールズ・チャップリンの信頼を得た日本人秘書でした。高野がチャップリンのもとを去る要因となったのは女優ポーレッド・ゴダードの高野に対する激しい嫉妬でした。いまだ人気の衰えないチャップリ ...

指揮棒を振る指揮者の腕

フレッド・アステアがオーケストラをダンスで指揮する凄い映画シーン

最も好きな映画スターは誰か? と聞かれたらフレッド・アステア(Fred Astaire)と即答します。ペアで踊るダンスも最高ですが、ソロで踊るシーンの中で最も衝撃を受けたダンスシーンを紹介します。(文中敬称略) ペアなら ...

ファッツ・ウォーラー

ストーミー・ウェザー「空前絶後の黒人映画」ファッツ・ウォーラー

オール・ブラック・キャストの異色エンターテインメント映画。大学生の時に初めて観て、今でも最も好きな映画である「ストーミー・ウェザー」。現在はパブリック・ドメイン(=著作権消滅)になっている「ファッツ(太っちょ)・ウォーラ ...

メガネ

ジェームズ・ディーン愛用のメガネブランドTartのArnel

ジェームズ・ディーンが大好きで、普段の彼のメガネスタイルが素敵で憧れていました。ジミーが好んだメガネブランドTARTはジョニー・デップも愛用。同ブランドは廃業してヴィンテージになっていたものの復刻版が出ています。(文中敬 ...

タグ

a-ha/アーハ (2) LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン (3) およげたいやきくん (3) アーネル・ピネダ/Arnel Pineda (2) ウェザー・ガールズ/The Weather Girls (1) エアロスミス/Aerosmith (2) エルビス・プレスリー/Elvis Presley (3) クリス・ハート/Chris Hart (6) サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel (1) サブカルチャー (4) サミー・デイビス・ジュニア/Sammy Davis Jr. (2) シンディ・ローパー/Cyndi Lauper (3) ジャーニー/Journey (5) ジョアン・ジルベルト/João Gilberto (3) ジョン・レノン/John Lennon (14) ジョージ・ハリスン/George Harrison (4) スティング/Sting (3) スティーヴ・ペリー/Steve Perry (5) タップダンス (7) デビッド・ボウイ/David Bowie (3) デュラン・デュラン/Duran Duran (4) ノラ・ジョーンズ/Norah Jones (3) ノーランズ/The Nolans (2) バディ・ホリー/Buddy Holly (2) ビリー・ジョエル/Billy Joel (7) フレッド・アステア/Fred Astaire (10) ブラック・ボックス/Black Box (2) プロコル・ハルム/Procol Harum (2) マイケル・ジャクソン/Michael Jackson (2) マドンナ/Madonna (3) マーサ・ウォッシュ/Martha Wash (4) モスバーガー (2) ユーミン(松任谷由実・荒井由実)/Yuming (1) ヨーコ・オノ (11) 大谷 翔平 (6) 客席乗務員 (2) 富士銀行 (14) 日産自動車/NISSAN (4) 映画の日 (5) 破天荒フェニックス (42) 鈴川 絢子 (6) 銘菓 (3) 香港/Hong Kong (4)
Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.