"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

音楽

▼今月のピックアップ▼

 

音楽ジャンルに全くこだわらない私のお気に入りや気になったアーティスト・曲を紹介します。

荒川静香トリノ五輪で金メダルの曲「トゥーランドット」メロディーは?

2006年のイタリア・トリノで開かれたオリンピックで、日本の荒川静香がフィギュアスケートの女子シングルで優勝。フリー演技で利用した音楽はオペラ「トゥーランドット」の曲です。聞き耳立てた若い子の会話に誤解があったので、正解 ...

イトーヨーカドーの”連絡BGM”の種類と意味を調べてまとめてみた

私はつい最近まで「イトーヨーカドーのBGMはビートルズのヘルプ!」と思い込んでいました。ところが実は音楽には業務連絡の意味があり、かつ何種類もあるらしい・・・ショックを受けたので調べてみました。(文中敬称略) 乳児を連れ ...

再生回数10億回はいつ?"a-ha"に会いにノルウェーへ行こう?

1980年代に大人気だったノルウェーの ”a-ha/アーハ” が一風変わったプロモーションを行っています。代表曲 "Take On Me" のYouTube動画の再生回数が「いつ10億回を突破するか!?」を当てよう! と ...

ユーミンは「パンク少女」だ!?ルーツはプロコル・ハルム『青い影』

遅れ馳せながらユーミンのデビュー40周年ベストアルバムを入手しました。ユーミンを『パンク少女』と断言する、小林克也が書いたライナーノーツも面白いのです。(文中敬称略) 松任谷由実(荒井由実)の40周年記念ベストアルバムを ...

キャサリン・ジェンキンスの曲を聴き始めたきっかけは雑誌表紙の背中

イギリスのクラシカル・クロスオーバー歌手「キャサリン・ジェンキンス」のCDを買ったきっかけは、白状しますと「英語雑誌 ENGLISH JOURNAL 表紙のかっこいいジャケット写真~クラシック界のシンデレラのセクシーな背 ...

13歳”声変わり少年”スティーヴィー・ワンダーのスタンダード曲集

久しぶりに引っ張り出して聴いてみたCDアルバム ”With A Song In My Heart/わが心に歌えば”。スティーヴィー・ワンダーが声変わりの少年時代に歌ったスタンダード・ナンバーのアルバムです。(文中敬称略) ...

エルビス・プレスリー「伝説のTV特別番組の50周年記念」HD動画

エルビス・プレスリーの伝説のテレビ番組(1968年)の50周年記念としてHDリマスター版が公開されていることに気がつきました。とにかくカッチョイー!ので、晩年のイメージしかない層には観てほしいのです。(文中敬称略) '6 ...

最近「竹内まりや」をよく聴いてたら40周年記念アルバム発表きた!

山下達郎のライブ抽選にハズレまくりながら、最近は竹内まりやのCDをよく聴いていたのですよ。そしたら40周年記念のアルバム発売の発表があってタイムリーにサプライズ~(文中敬称略) 山下達郎のライブの抽選が当たらない! チケ ...

カクテル

ボズ・スキャッグスが「こどもの日」から4年ぶりの来日公演してる!

少年時代に大人の香りをプンプン嗅ぎながら聴いていた「アダルト・コンテンポラリー」音楽の代表とも言えるボズ・スキャッグス。昔のヒット集のCDを衝動買いしたところ、まだ現役で2019年5月に来日公演があることも知りました。( ...

DENON CDプレーヤーDCD-1650SR

DENONの「神機」CDプレーヤーDCD-1650SRを入手した

2002年に発売されたDENONのCD専用プレーヤー「DCD-1650SR」の中古機種を入手しました。最高傑作の誉れ高い名機は、噂に違わずすごいやつでした。(文中敬称略) 「神機」と呼ばれるCDプレーヤーを入手した CD ...

ホワイトクリスマス

名曲「ホワイト・クリスマス」を世に出した映画「スイング・ホテル」

”世界で最も売れた”シングル曲と言われる「ホワイト・クリスマス」。この名曲が最初に映画で歌われたのは、ビング・クロスビーとフレッド・アステアが共演した1942年のアメリカ映画『スイング・ホテル/Holiday Inn』で ...

鐘

鐘の音が印象的なジョン・レノン「マザー」”放送禁止”の狂気の歌!?

元ビートルズのジョン・レノンのソロ作品に、イントロが「鐘の音」から始まる2つの曲があります。それぞれ全く異なった鐘の音色と意味合いを持たせたもので、どちらも印象深い名曲となっています。(文中敬称略) 鐘の音から始まるジョ ...

編み物

ジョン・レノン「Instant Karma!」ヨーコ・オノはなぜ編み物を?

ジョン・レノンの曲 ”インスタント・カーマ/Instant Karma!" のライブ動画を初めて観ました。ヨーコ・オノが目隠しをして黙々と編み物を続けるパフォーマンスにも目を引かれますが、どうやら女性解放運動の流れのよう ...

ランバダ(ズーク)

ランバダーLambadaブームは陽気に踊り狂ったバブル期の象徴か

バブル期の1989年に曲が大ヒットし、エロチックなダンスとともにブームを巻き起こした "ランバダ/Lambada"。ダンス曲を世に送り出した "カオマ/Kaoma” は、実はフランスのグループです。ボリビアのバンドの曲を ...

クインシー・ジョーンズ

クインシー・ジョーンズ「愛のコリーダ」は大島渚監督の映画がヒント

1981年のインシー・ジョーンズによる大ヒット曲『Ai No Corrida(愛のコリーダ)』は同名映画からインスピレーション得たもの。当の映画は昭和初期の猟奇事件『阿部定事件』をテーマとしたものでした。(文中敬称略) ...

即席ラーメン

ドリームズ・カム・トゥルーが歌う「NHK連続テレビ小説」テーマ曲

NHKの連続テレビ小説『まんぷく』の即席ラーメンの開発裏話は面白いです。しかし実は、私をさらに揺さぶるのはドリームズ・カム・トゥルーが歌う主題歌なのです。ドリカムの曲は26年前の私にとっては想い出深い『ひらり』以来。(文 ...

巨人の星のめんこ

宇多田ヒカルの「衝撃デビュー」と藤圭子と星飛雄馬(『巨人の星』)

20世紀の終わりに彗星のごとく登場して大ブレイクしたシンガー宇多田ヒカル。私が受けた当時の衝撃を振り返るとともに、母親である藤圭子に関してマンガ『巨人の星』と紐づけられた特殊な思いを綴ります。(文中敬称略) 宇多田ヒカル ...

フィル・コリンズ

’80年代フィル・コリンズの活躍はバンド”ジェネシス”と同時だった

バブル経済のピークへと向かう1980年代の中・後期に大ブレイクした英国の ”フィル・コリンズ/Phil Collins” にはソロの印象しか持っていない人も多いと思います。あの大活躍をプログレッシブ・ロックの人気バンド ...

マドンナとモンローのイメージ

マドンナ主演映画3作目『フーズ・ザット・ガール』サントラがヒット

1980年代半ばに大ヒットアルバムを連発したアメリカのエンターテイナー ”マドンナ/Madonna” は同時期に映画への主演も相次いでいました。主演3作目となった『フーズ・ザット・ガール』はサントラが大ヒット。(文中敬称 ...

マドンナ

マドンナ『トゥルー・ブルー』~ポップスの宝箱~最も売れたアルバム

アメリカのスーパースター ”マドンナ/Madonna” が1986年にリリースしたサード・アルバム『トゥルー・ブルー/True Blue』は、全世界でヒットチャートNo.1を獲得し、マドンナ最大の売上を誇る作品となりまし ...

マドンナ

マドンナの出世作『ライク・ア・ヴァージン』セカンドアルバムの衝撃

『最も成功した女性アーティスト』とも言われるアメリカのシンガーかつマルチタレントでもある ”マドンナ/Madonna” のデビューは1982年でした。1984年に発売されたアルバム『ライク・ア・ヴァージン』の世界的ヒット ...

セントラル・パーク

サイモン&ガーファンクル”再結成”1981~82年にブームが再燃した

アメリカのフォーク音楽(2人組)ユニットの ”サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel” は人気絶頂の1970年に事実上解散しました。しかし1981年にチャリティー・コンサートで一時的 ...

クールなスポットライト

クール・アンド・ザ・ギャング’70年代と’80年代では音楽性が異なる

’80年代に高い人気を得たクール・アンド・ザ・ギャングの結成は1964年。1970年代はリード・ボーカルのないジャズ・ファンク・バンドとして人気がありました。ポップス路線への転機は、1979年のジェームス・"JT"・テイ ...

ホイットニー・ヒューストン

ホイットニー・ヒューストンの「セカンド・アルバム」も更に凄かった

1985年にデビューアルバムで大ブレイクした、アメリカの歌手兼女優のホイットニー・ヒューストンは、2年後の2枚めのアルバムでも更に人気に勢いを増し、7曲連続で全米No.1となる快挙を達成しました。(文中敬称略) ホイット ...

ホイットニー・ヒューストンの蝋人形

ホイットニー・ヒューストンのデビューアルバムは曲順に注意するべし

ホイットニー・ヒューストンの名前を聞くと、ある年代以降の人は映画『ボディーガード』の脚光と、その後の薬物使用による逮捕や不慮の死といったイメージが強いかもしれません。しかし'80年代後半の活躍は眩しいほど輝かしいものでし ...

ママと恋に落ちるまで

チープ・トリックはテレビドラマ ”how i met your mother” から

現在では、ほぼどんな曲でもインターネットで調べて聴くことができます。しかし1990年代の以前は、リアルタイムに生きていた時代の、多くの音楽やミュージシャンの中で聴くことのできる曲はごく一部に限られていました。近年に昔の曲 ...

女性シンガーのシルエット

ローリン・ヒルの「フージーズ時代~ソロ活動」のグラミー賞アルバム

”ローリン・ヒル/Lauryn Hill” は、1990年代にグループ ”フージーズ/The Fugees” とソロのアルバムでそれぞれグラミー賞を獲得したアメリカの 歌姫です。発表した曲は少ないものの、抜群の歌唱力には ...

ジャマイカの国旗

ジャネット・ケイ「Lovin' You」ベストアルバムがレゲエ入門だった

バブル時代末期の1991年に購入した ”ジャネット・ケイ/Janet Kay” のベストアルバム(日本向け特別企画)の心地良い歌声に、何度となく心が洗われました。レゲエ(ボブ・マーリー)を聴くきっかけとなったのもこのCD ...

バックストリート・ボーイズ

バックストリート・ボーイズのデビューアルバムはアメリカで未発売

アメリカの5人組男性アイドルグループ バックストリート・ボーイズ/BSB(=Backstreet Boys )は2018年で結成25周年を超えました。新アルバムがグラミー賞にノミネートされて再注目されたBSBも、デビュー ...

ノルウェー国旗と自然

テイク・オン・ミーの「a-ha」ノルウェー3人組バンドはいまだに人気

1985年に ”テイク・オン・ミー/Take On Me” の世界的な大ヒットで一躍人気バンドとなった ”a-ha” は、2010年に解散。しかし欧州や南米での人気は衰えず、2015年に再結成しライブ活動も行っています。 ...

煉瓦の壁

マイケル・ジャクソン「オフ・ザ・ウォール」ソロ活動の快進撃の起点

マイケル・ジャクソンの史上最高売上アルバム「スリラー」発売から3年前の1979年に大ヒットを記録したアルバム ”オフ・ザ・ウォール/Off The Wall” は、マイケル自作の曲やアイデアを取り入れた最初のソロ・アルバ ...

墓地

マイケル・ジャクソン「スリラー」のシングル代表曲を順を追って視聴

”マイケル・ジャクソン/Michael Jackson” のアルバム ”スリラー/Thriller” は、1982年終盤に発売され1983年に大ブレイクしました。当時は高校1-2年生だった私を夢中にさせた代表曲を、当時リ ...

ダンスのイメージ

アイリーン・キャラは”Fame”と”フラッシュダンス”でアカデミー賞

1983年に世界的ブームを巻き起こした映画『フラッシュダンス』。主題歌 ”What a Feeling” も大ヒットを記録し、アカデミー歌曲賞を受賞しました。主題歌を歌った ”アイリーン・キャラ/Irene Cara” ...

タグ

a-ha/アーハ (2) LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン (3) およげたいやきくん (3) アーネル・ピネダ/Arnel Pineda (2) ウェザー・ガールズ/The Weather Girls (1) エアロスミス/Aerosmith (2) エルビス・プレスリー/Elvis Presley (3) クリス・ハート/Chris Hart (6) サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel (1) サブカルチャー (4) サミー・デイビス・ジュニア/Sammy Davis Jr. (2) シンディ・ローパー/Cyndi Lauper (3) ジャーニー/Journey (5) ジョアン・ジルベルト/João Gilberto (3) ジョン・レノン/John Lennon (14) ジョージ・ハリスン/George Harrison (4) スティング/Sting (3) スティーヴ・ペリー/Steve Perry (5) タップダンス (7) デビッド・ボウイ/David Bowie (3) デュラン・デュラン/Duran Duran (4) ノラ・ジョーンズ/Norah Jones (3) ノーランズ/The Nolans (2) バディ・ホリー/Buddy Holly (2) ビリー・ジョエル/Billy Joel (7) フレッド・アステア/Fred Astaire (10) ブラック・ボックス/Black Box (2) プロコル・ハルム/Procol Harum (2) マイケル・ジャクソン/Michael Jackson (2) マドンナ/Madonna (3) マーサ・ウォッシュ/Martha Wash (4) モスバーガー (2) ユーミン(松任谷由実・荒井由実)/Yuming (1) ヨーコ・オノ (11) 大谷 翔平 (6) 客席乗務員 (2) 富士銀行 (14) 日産自動車/NISSAN (4) 映画の日 (5) 破天荒フェニックス (43) 鈴川 絢子 (6) 銘菓 (3) 香港/Hong Kong (4)
Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.