LINEで送る
Pocket

それまではあまりじっくり聴くことがなかったファンク・ミュージック。中期のアース・ウィンド・アンド・ファイアーによって関心が高められました。(文中敬称略)

ファンクへの関心を引き寄せた、EWF=Earth, Wind & Fire

実は音楽ジャンルのうち「ファンク」に関しては、BGMとして聴き流す用途が多く、じっくりと耳を傾けることがあまりありませんでした。

そんな私に強烈なインパクトを与え、ファンクへの関心を引き寄せたのが、1980年前後のアース・ウィンド・アンド・ファイアー(EWF=Earth, Wind & Fire)でした。

Earth, Wind & Fire – Let’s Groove (1981年)

 

EWFの代表曲のひとつ「セプテンバー(September)」

Earth, Wind & Fire – September(1978年)

 

1969年に結成、紆余曲折あった1970年代のEWF

EWF(=Earth, Wind & Fire)の前身は1969年に結成された「ソルティ・ペパーズ」。

1970年に「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」というバンド名に変わりました。

ヒットに恵まれず、一時解散

→1972年、活動再開し、ヒット曲を連発していく。

 

初の全米No.1シングル「Shining Star」

Earth, Wind & Fire – Shining Star (1975年)

 

「Shining Star」とともにファンクの傑作*と呼ばれる「Getaway」

(Earth, Wind & Fire – Getaway (1976年)

*Wikipedia アース・ウィンド・アンド・ファイアー より

 

EWF(Earth, Wind & Fire )といえば、やっぱり長岡秀星のジャケット画でしょう

長岡秀星のアートは大好きでした。

 

 

LINEで送る
Pocket