昭和の居酒屋バイト「人気を期待していた」珍メニューが最悪な結果に

喫煙や破廉恥(ハレンチ)が普通だった昭和の時代。今なら「ハラスメント」で訴えられそうなヤバい話もあります。バイト先の居酒屋では、とんでもない「セクハラ」メニューが登場して、私はお客様へ提供することに・・・(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

アルバイト先の居酒屋に登場した珍メニュー!?

大学1年の夏休み、初めてアルバイトをしたのが池袋の居酒屋「D」でした。前回の 食い逃げは無罪!? で書いたお店です。

私が働いた「D」は、池袋東口のサンシャイン通りの入口にあるカフェ「ミルキーウエイ」と交差点の対角にある雑居ビルの地下にありました。

コテコテの居酒屋ではなく、女性同士でも気軽に入店できるような雰囲気の居酒屋でした。

ある夜のこと、店が閉まると板さん(厨房のスタッフ)にホールスタッフが集められました。

「明日から新メニューを提供します!」

私たちは目の前に出されたお皿を見て思わず「おぉぉー!?」と声をあげてしまいました。

それは「ソーセージ」がメインの料理でした。

ソーセージとウィンナーの違いとは!?

ちなみに、ソーセージとウィンナーの違いってご存知ですか?

私も、この記事を書きだして改めて

「あれ? ソーセージとウィンナーのどちらが正解なのだろうー?」

と分からなくなり調べてみて、ようやく納得しました。

ウィンナーはソーセージ種類の1つ(太さで分類)

ソーセージとウィンナーの違いを簡単に図にすると、こういうことですね。

▼ソーセージとウィンナーの関係図

ソーセージの種類

 

「ソーセージ」の中の種類として「ウインナー」等がある。

元来は天然ケーシング(=Casing:ソーセージを包む薄い膜)の種類によって分けられていました。

人工ケーシング(コラーゲン等)が一般的になった日本のJAS規格(日本農林規格)では、ソーセージの太さで「ウィンナー」等に分類されています。

▼ソーセージの分類表

ウィンナー
ソーセージ
羊腸を使用したもの又は製品の太さが20㎜未満のもの(牛腸を使用したもの及び豚腸を使用したものを除く)
フランクフルト
ソーセージ
豚腸を使用したもの又は製品の太さが20㎜以上36㎜未満のもの(牛腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く)
ボロニア
ソーセージ
牛腸を使用したもの又は製品の太さが36mm以上のもの(豚腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く)

農林水産省 ー JAS規格一覧(番号32)ソーセージ による分類

居酒屋「珍メニュー」の全貌

話を戻して、居酒屋「D」で私たちホールスタッフがどよめきの声をあげた珍メニューの料理とは・・・

1太くて長さ12~3cm程度のソーセージをベーコンで巻いてあります。一般的なベーコン巻きは素材を中央で巻くはずですが、ソーセージの先端の2、3cmだけ露出しています
2レタスを敷いたお皿の中心から少しずれた位置に、ソーセージのベーコン巻きを置きます
3半分にカットしたゆで卵を、ソーセージベーコン巻きの(先端が露出していない)根元に、ソーセージを挟むようにして置きます
4ソーセージの根元と卵の一部を覆うようにキャベツの千切りを置きます
5卵とキャベツの反対側のソーセージの先端部分に、白いフレンチドレッシングを流します

この説明で伝わってますか?

料理のイメージが浮かんできますでしょうか?

そう、相当にアンビリバボーなディッシュです。ヽ(´o`;

図解してみました。

▼居酒屋珍メニュー!?

マスターベーコン

マスターベーコン図解

珍メニュー、名付けて「マスターベーコン」!?

「な、何すか、これ?」

「名付けて、マスターベーコンだ!」

「まじっすかぁーー?」

初めは板さんの冗談かと思いました。しかし、どうやら本気のようです。

すでにポスターまで作ってありました。

店長はそのポスター(料理の写真は無い)を得意げに私たちに見せてくれたのです。

珍メニュー「マスターベーコン」の発売開始日に・・・

衝撃の新メニューが発表された次の日、居酒屋の店内の壁にマスターベーコンのポスターが貼られました。

昨晩の話はジョークではなかったのです。

困惑の朝礼「マスターベーコンを積極的におすすめせよ!」

私たちホールスタッフの困惑をよそに朝礼(時間は夕方)が始まりました。店長が檄を飛ばします。

「それでは準備は整いましたので、新メニューのマスターベーコンを積極的におすすめしてくださいね!」

「・・・はい! (正気か・・・)」

まじめな学生アルバイトだった私は、出された指示に従わざるを得ません。

全てのお客様に対して新メニューの「マスターベーコン」をおすすめしました。

女性客から珍メニューの注文が入った!?

私が、しばらく接客を続けていると、あろうことか若い女性の二人組が新メニューのポスターに気がつきました。

「このマスターベーコンってどういうものですか?」

「ソーセージのベーコン巻きに卵と野菜を合わせたものです。 面白いメニューですよ!」

「じゃあ、それひとつお願いします!」

お客様の様子を見ていると、彼女たちはこの珍メニューの名称の怪しい響きには気がついていないようです。

私は一抹の不安を抱きながら、厨房カウンターへ注文を告げに行きました。

「マスターベーコン注文入りました!」

「おう! でかした!」

「女性の二人組ですよ・・・ 大丈夫ですかね?」

「平気だよー!」

最初の注文が女性客ということを、板さんは全く気にする様子もありません。

マスターベーコンを出したところ・・・

そして、私は「マスターベーコン」を女性二人のテーブルへ運んでいきました。

「お待たせいたしました。マスターベーコンでございます・・・」

「・・・!!」

お皿の料理を見た瞬間、二人の女性の表情が凍りついたのが分かりました。

しかし二人は無言です。

「あれっ? キャーとかイヤーとか、反応なし?」

私はそっとテーブルから離れて少し歩いてから、振り返ってみました。

無言で席を立ってしまったお客様ー!?

ふと振り返ってみた私が見た光景とは、硬い表情のまま席を立つ、二人の女性のお客様の姿でした。

なんと二人は終始無言のまま、料理に全く手を付けず、そそくさと勘定を済ませて店を出ていってしまったのです!

私は「新メニュー注文第1号のお客様の状況」を店長へ報告しました。

「店長、マスターベーコンを見た女性のお客様が、料理に手を付けず、食事の途中でお帰りになってしまいました・・・」

「まじか・・・」

店長も少し想定外の反応だったようでショックを受けていました。

消えたセクハラ”珍”メニュー

そして新メニューの発売開始から数日も立たずに、マスターベーコンのメニューは廃止となり、ポスターも撤去されました。

バブル時代の入り口で「セクハラ(=セクシャルハラスメント)」という言葉がまだ日本では認識されていなかった頃の話です。

平成の今の時代にこんなメニューを提供したら「セクハラ」で訴えられてしまうでしょう・・・

タイトルとURLをコピーしました