キャサリン・ジェンキンスの曲を聴き始めたきっかけは雑誌表紙のセクシーな背中だった

イギリスのクラシカル・クロスオーバー歌手「キャサリン・ジェンキンス」のCDを買ったきっかけは、白状しますと「英語雑誌 ENGLISH JOURNAL 表紙のかっこいいジャケット写真~クラシック界のシンデレラのセクシーな背中」だったのです。(文中敬称略)

未知の音楽アーティストを知るきっかけは様々だ

私が聴く音楽のジャンルの幅広さに驚く人が少なくありません。

カーオーディオのハードディスクから様々なジャンル・・・ロック、ジャズ、クラシック、ワールドミュージック、J-POPに演歌・・・挙句の果てには「ハナ肇とクレージーキャッツ」が流れてきたことから、ひどく呆れられたこともありました。

正直言って音楽ジャンルには全くこだわりません。全く予備知識のないアーティストでも、ちょっとしたキッカケでCDを衝動買いしてしまうことが多々あります。

キャサリン・ジェンキンスの場合は「雑誌の表紙の背中丸出しの写真」

例えばイギリスの歌姫 ”キャサリン・ジェンキンス/Katherine Jenkins” なんかの場合、CDを購入したきっかけは雑誌『ENGLISH JOURNAL』の表紙でした。

↓↓ これ!!

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2007年 08月号

▲画像クリックでAmazonへ▲

メチャかっこいいじゃないですか!?

こんなビジュアルながら、記事を読むと「クラシック界のシンデレラ」と紹介され、実力派とのこと。

7歳で聖歌隊に入り、10代で早くも数々のコンテストに優勝する。優秀な成績で奨学金を得て、ロンドンの王立音楽院に入学した。最終学年時には、友人と制作したデモテープがレコード会社に渡り、下積み生活を送ることなくデビューを果たしている。

English Journal 207年8月号 6ページ より引用

しかも「彼女には、自信過剰から生まれる傲慢なにおいが、まったくといっていいほどない」と。

この背中に魅せられて、雑誌の解説やインタビューを真剣に読んで、そして直ちにCDを注文してしまったのでした。

フロム・ザ・ハート キャサリン・ジェンキンス・ベスト

▲画像クリックでAmazonへ▲

肩肘張らずに聴ける「クラシカル・クロスオーバー」

キャサリン・ジェンキンスの作品は「クラシカル・クロスオーバー」というジャンル。

クラシックとポピュラー・ミュージックを融合させたもので、キャサリン・ジェンキンスのように、クラシックを学んだ経験のあるアーティストが多いのです。

下の動画はキャサリン・ジェンキンスが歌う、Time To Say Goodbyeサラ・ブライトマンアンドレア・ボチェッリ で大ヒットした曲です。

Time To Say Goodbye – Katherine Jenkins

本格的なクラシックファンにしてみれば、キャサリン・ジェンキンスの歌い方はイマイチなのかもしれません。

しかし逆に、イージーリスニング代わりに気軽に聴くことも出来るし、私などにはちょうど良いくらいなのです。

タイトルとURLをコピーしました