クール・アンド・ザ・ギャング’70年代と’80年代では音楽性が異なる

投稿日:2019年1月 28日(月) 更新日:

クールなスポットライト

@Wavebreakmedia/Depositphotos.com

’80年代に高い人気を得たクール・アンド・ザ・ギャングの結成は1964年。1970年代はリード・ボーカルのないジャズ・ファンク・バンドとして人気がありました。ポップス路線への転機は、1979年のジェームス・"JT"・テイラーの加入でした。(文中敬称略)

1980年 ”Celebration” が全米No.1の大ヒットの ”Kool & The Gang”

アメリカのバンド ”クール・アンド・ザ・ギャング/Kool & The Gang ” は、1980年代にソフトでポップなダンスナンバーで高い人気を得ました。

彼らの最大のヒット曲は1980年リリースの ”セレブレーション/Celebration です。

 
Celebration(1980年)

 

1970年代は「ジャズ・ファンク・バンド」として活躍

1964年に結成、1969年にデビューしたクール・アンド・ザ・ギャングは、リード・ボーカルのいないジャズ・ファンクを演奏していました。

1974年からは、R&B部門で全米TOP5に入るヒット曲を連発して人気を得ます。

 
Jungle Boogie(1974年)

 
Hollywood Swinging(1974年)

 

ジェームス・"JT"・テイラー(リード・ボーカル)加入が大きな転機(1979年)

1979年、クール・アンド・ザ・ギャングにリード・ボーカルとして ”ジェームス・"JT"・テイラー/James JT Taylor” が加入し、バンドの音楽性は、ソフトなダンス曲やポップスへ変化していきました。

“レディース・キラー”と称されるほどの色気と華やかさを携えたフロントマンがバンドに加わったことにより、音楽性も泥臭いジャズ・ファンクから、当時流行していたディスコ路線へとシフト・チェンジしていく。

ビルボード・ジャパン クール&ザ・ギャング 来日記念特集 より引用

 
 

ヒット曲を連発した1980年代前半

ジェームス・"JT"・テイラーの加入後のクール・アンド・ザ・ギャングは、1980年代にもヒット曲を連発し、1970年代以上の活躍を見せたのでした。

 
Get Down On It(1981年)

 
Joanna(1983年)

 
Fresh(1985年)

 
Cherish(1985年)

 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を

= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 

ブログ内検索

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.