ブログについて■ 広告・アフェリエイトなし。リンク先は価値あるサイトのみを厳選。安心してご覧いただけます。■ 過去記事は、頻繁にリライト(加除修正)し、情報をアップデート。開くたびに新発見があるかもしれません。
■ カテゴリーとタグは整備途上のため、まだ必ずしも適切な分類となっていません。

音楽

リトル・リチャード「ルシール」の絶品シャウトに興奮してみませんか

投稿日:2018年4月 15日(日) 更新日:

リトル・リチャードの碑文

alexeynovikov/Depositphotos.com

自他ともに認めるロックンロールの創始者、波乱の音楽活動。

1950年代のミュージック。リトル・リチャード(Little Richard)が、バディー・ホリーと並ぶ、私の大のお気に入りでした。リトル・リチャードは、2017年3月に亡くなったチャック・ベリーとともに「ロックンロールの創始者」と呼ばれ、最初の「ロックの殿堂」受賞メンバーとなりました。(文中敬称略)

Little Richard – Mono Box: The Complete Specialty And Vee-Jay Albums

リトル・リチャードの活動を振り返る

リトル・リチャードを聴き始めたきっかけ

きっかけは、ビートルズでポール・マッカートニーがシャウトする「のっぽのサリー(Long Tall Sally)」でした。私はポールに関しては(優しい歌声も悪くないですが)シャウトが好みです。

余談になりますが、ポール・マッカートニーは「ミックスヴォイス(=高音を地声のように出すこと)の達人」であると、詳しく解説を行っているウェブサイトがあります。ご興味があればどうぞ。↓

 

ビートルズはこの他にも、リトル・リチャードのカバー曲を多数リリースしています。当然ながら本家本元のリトル・リチャードの曲を追いかけるようになったのです。

 

のっぽのサリーも良いですが、私は「ルシール(Lucille)」が一番好きかな・・・

Little Richard - Lucille

「リトル・リチャードはロックンロール全部だ」

誤解を恐れず述べるならばロックンロールとはリトルリチャードの凄まじさをリトルリチャード以外の人間がどうやって表現するかという挑戦の歴史だ

Rock is 平田ぱんだのロックンロールの話 より引用

リンクを張ったWebマガジンの記事はリトル・リチャードの凄まじさをとても的確に説明しています。ぜひ一読することをオススメします。そしてリトル・リチャードの稀有なパフォーマンスを見てもらいたいです。前かがみに立ってピアノを演奏しながらシャウトするその姿は、何度見てもゾクゾクします。

 

リトル・リチャードの紆余曲折

同性愛者、家に居場所なし

リトル・リチャードの祖父はキリスト教の牧師。両親も厳格なクリスチャンだったため、ゲイをカミングアウトした彼は家に居場所を失い、15歳のころには酒場のミュージシャンとして生活していたとのこと。

人気爆発と突然の活動休止

1955年の『トゥッティ・フルッティ(Tutti-Frutti)』のヒットで一躍スターダムにのし上がり、ヒット曲を連発する。

しかし1957年10月に突然引退を宣言すると、翌年1月には神学を学ぶため大学に入学します。やがて牧師となり「ロックンロールは悪魔の音楽」と否定して、歌うのはもっぱらゴスペルとなりました。この辺りの経緯は こちら「ロックの歴史を変えた『叫び声』」- リトル・リチャード Little Richard - に詳しく書かれています。

 

ロックンロールの封印を解く

1962年、彼はある出来事がきっかけで、ロックンロールの封印を解き、復活します。その時の様子は、こちらの記事に詳しく書かれています。↓

 

2013年9月ついに引退

復活後のリトル・リチャードは80歳近くまで音楽活動を続けていましたが、2013年9月に引退を宣言しました。

「俺がショービズの世界で仕事を始めた時には、まだロックンロールなんてもんは存在しなかったんだ……だから、そこに俺のレガシーがあるって言えるはずさ。『トゥッティ・フルッティ』を発表した時、その時こそロックが本格的に誕生した瞬間なのさ」

BARKS 2013/09/05 より引用

「自分はロックの創始者だけど、何にも貰っていない」は、グラミー賞のプレゼンターで呼ばれた際のお決まりのジョークとなっていました。そんなことを言っても嫌味にならないのは、今で言う「オネエキャラ」の為せる業かもしれません。

 

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。
バディー・ホリーの銅像
ロックの殿堂1号「バディー・ホリー」の黒ぶちメガネはここで買える

「音楽が死んだ日」とフィデル・カストロも愛用のメキシコFAOSA。 真っ先にロックの殿堂入りしたバディー・ホリー、大好きでした。彼のトレードマークと言えば黒縁の尖ったメガネ。キューバのカストロも愛用していたメキシコのFA ...

続きを見る

TWIST on the beach
チャビー・チェッカー「レッツ・ツイスト・アゲイン」おやじもダンス

Chubby Checker の "Let's Twist Again" がバブル時代から好きでした。最近はツイストダンスへの関心が強いのです。ヒップホップダンスの習得にはまだ時間がかかりそうだけど、ツイストならすぐさま ...

続きを見る

 

 

_____ 使用する素材について _____

本ブログで使用している画像素材は、下記のウェブサイトからの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。"depositphotos” "photoAC”

本ブログの動画は JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードが存在しないレコード会社等の公式YouTubeから埋め込みの方法で利用しています。また本ブログは奥野良孝が広告収入等を得ずに個人で運営するサイトにつき許諾契約不要となります。


____ この記事を書いている人 ____


奥野 良孝(おくの よしたか)

OWNDAYS CFO|メガバンク~投資銀行
[融資/債権回収/再生ハゲタカ]→脱サラ
→オンデーズ再生に参画|趣味は雑多

_________   Facebookページ   _________

_____________   Twitter   _____________

-音楽

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2018 All Rights Reserved.