マーサ・ウォッシュ「C+C Music Factory・Black Box」真の歌手

バブル絶頂期に大ヒットしたディスコ音楽の代表的なグループ2つ。パワフルな歌声を裏で支えたのは ”マーサ・ウォッシュ/Martha Wash” でした。1980年にはビッグ女性デュオを組んで人気を得ていました。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

バブル絶頂期にディスコ・クラブシーンで大ブレイクした代表的な2曲は口パク

日本ではバブル最盛期にあたる1990年前後にヒットしたハウス・ミュージックの代表曲2つには共通する特徴があります。PV(プロモーションビデオ)に登場する女性はリップシンク(Lip-sync=口パク)です。

C+C Music Factory ”Gonna Make You Sweat (Everybody Dance Now)”

アメリカのダンス・ポップ・プロジェクト ”C+C Music Factory” の女性ボーカル ”ゼルマ・デイビス/Zelma Davis” がメインで歌っている他の曲もあります。

しかし代表曲である ”Gonna Make You Sweat (Everybody Dance Now)” のパワフルで最も印象的なパートはリップシンクです。

C+C Music Factory – Gonna Make You Sweat (Everybody Dance Now) ft. Freedom Williams

Black Box ”Everybody Everybody”

イタリアのハウス・ミュージック・グループ “ブラック・ボックス/Black Box” の看板女性、フランス人の ”Katrin Quinol” はモデル&ダンサーであってイメージ専用です。歌っていません。 表情が素晴らしくて好きですけど。

Black Box – Everybody Everybody

実際のボーカルは ”マーサ・ウォッシュ/Martha Wash”

ハウス・ミュージックの代表曲2つのボーカルを務めるのは、アメリカのシンガー ”マーサ・ウォッシュ/Martha Wash” です。

The Legendary Martha Wash EPK

ビッグ女性デュオ ”トゥー トンズ オー ファン/Two Tons Of Fun”(”ウェザー・ガールズ/The Weather Girls”)

1953年12月にサンフランシスコで生まれたアフリカ系アメリカ人シンガーのマーサ・ウォッシュ

マーサ・ウォッシュは、1970年代の後半に(ドラァグクイーンのミュージシャンとして知られる) ”シルヴェスター/Sylvester James” のバックコーラスとして活躍した後、1980年に ”アイゾラ・ローズ/Izora Rhodes” と ”トゥー トンズ オー ファン/Two Tons Of Fun” を結成しました。

”Two Tons Of Fun”(後に ”ウェザー・ガールズ/The Weather Girls” に改名)は、”I Got The Feeling””It’s Raining Men” といったヒット曲を生み出しています。

The Weather Girls – It’s Raining Men

Got the Feeling
Fantasy
¥2,538(2020/10/11 11:22時点)

ハウス・ミュージックのアーティストの話題

C+C Music Factory「Gonna Make You Sweat (Everybody Dance Now) 」
ワイモバイルのテレビCMで流れる替え歌のイントロ・・・バブル世代の人にとっては血湧き肉躍るメロディーです。1990年にダンスシーンで大ブレイクした、アメリカのダンス・ポップ・プロジェクト "C+C Music Facto...
ブラック・ボックス(Black Box)のアルバム”Dreamland”にノリノリ
日本のバブル全盛期の1989年~1991年、アメリカの ”C+C Music Factory” とともにディスコ(クラブ)シーンを席巻したのが ”ブラック・ボックス/Black Box” でした。代表曲とともに「看板女性...
ブラック・ボックス(Black Box)デビュー曲”Ride on Time”訴訟事件
バブル絶頂期の1989年、イタリアのハウス・ミュージック・グループ ”ブラック・ボックス/Black Box” がヒットさせたデビュー曲 ”ライド・オン・タイム/Ride On Time” は、”ロリータ・ハラウェイ/L...
タイトルとURLをコピーしました