ナット・キング・コール「スターダスト」20代におけるベストソング

競技ダンスを踊るようになってから、ジャズ・スタンダードを聴く機会が増えました。そんな中で最もハマったのはナット・キング・コール。(文中敬称略)

ナット「キング」コール

Nat King Cole – “Stardust”

美空ひばりもぞっこん惚れ込んだ

とにかく「ええ声」してます。歌い方も丁寧で情感たっぷりに歌い上げる・・・まさに「歌い上げる」という表現がぴったりするようなシンガーでした。

美空ひばりがナット・キング・コールの歌にぞっこん惚れ込んでいたというエピソードも、さもありなんと思います。美空ひばりは1960年に英語で歌った『ナット・キング・コールをしのんで ひばりジャズを歌う』というレコードも出しています。

ひばりとジャズ、そしてシャープ──原信夫が見つめた「美空ひばり」(6) - TOWER RECORDS ONLINE
ひばりとジャズ、そしてシャープ──原信夫が見つめた「美空ひばり」(6) - タワーレコード

ジャズ・ピアニストからスタート

ナット・キング・コールはもとはジャズピアニストとして活動をスタートしています。

1930年代からピアニストとして活動。スウィング・ジャズ時代末期の傑出したピアニストとしての業績を残した。

1939年にピアノ、ギター、ベースのシンプルな編成からなる「ナット・キング・コール・トリオ」を結成。 ビッグバンドの時代におけるコールの編成は革新的とみられ、トリオバンド流行の火付け役となった

ピアニストとしての活動の間、艶のある声を買われて、歌手としても活動するに至った・・・

ナット・キング・コール ー Wikipedia より引用

1939年にピアノ、ギター、ベースのシンプルな編成からなる「ナット・キング・コール・トリオ」を結成。このシンプルな編成が革新的で、トリオバンド流行の火付け役となったとのこと。

ナット・キング・コール〜20世紀を代表する偉大なシンガーは、もともと“歌わないはずの”ピアニストだった
それは今から約半世紀前の出来事だった。 1965年2月15日、20世紀の音楽シーンに偉大な功績を残した男が、サンタモニカの病院で家族に看取られながら静かに息をひきとった。 14歳だった彼の次女は「自分も父のような歌手になるんだ」と心に誓ったという。 ジャズ・ピアニストからポップス・シンガーに転身し、まさに“ジャンルを超...

ソロ活動になってからも、時々ピアノを聴かせます。これがまた軽妙で良いんです。

Nat King Cole – “It’s Only A Paper Moon”

娘(ナタリー・コール)との「夢の」共演

ナット・キング・コールは1965年2月に肺がんで亡くなります。その当時14歳だった娘のナタリー・コールは、1991年に、父親の声をオーバーダビングさせたデュエット曲「アンフォゲッタブル」をヒットさせます。

Natalie Cole – Unforgettable (Live at Singapore International Jazz Festival 2014)

ナット・キング・コールの「Unforgettable」をよく聴いていた自分にとっては鳥肌モノでしたね。バックに映される在りし日の父と娘の姿も感動的です。(ただし上の動画のナタリー・コールはもう声が出なくなっているのかな?)

なぜ「キング」と呼ばれている?

本名は、ナサニエル・アダムズ・コールズ(Nathaniel Adams Coles)。

一説によると、まだ駆け出しの頃に、酔った客がふざけて紙で作った王冠を彼の頭にかぶせたことから「キング」という愛称がついたとか。

タイトルとURLをコピーしました