ナット・キング・コール「スターダスト」20代におけるベストソング

投稿日:2018年6月 5日(火) 更新日:

Cuba, Havana - 08 April, 2016: books, magazine, old records on and under book stalls of Havana, on topics of communism and socialism, revolution, old retro coins,vintage badges and photos, posters and banknotes, money

hakunamatata372/Depositphotos.com

競技ダンスを踊るようになってから、ジャズ・スタンダードを聴く機会が増えました。そんな中で最もハマったのはナット・キング・コール。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

ナット「キング」コール

Nat King Cole - "Stardust"

 

美空ひばりもぞっこん惚れ込んだ

とにかく「ええ声」してます。歌い方も丁寧で情感たっぷりに歌い上げる・・・まさに「歌い上げる」という表現がぴったりするようなシンガーでした。

美空ひばりがナット・キング・コールの歌にぞっこん惚れ込んでいたというエピソードも、さもありなんと思います。美空ひばりは1960年に英語で歌った『ナット・キング・コールをしのんで ひばりジャズを歌う』というレコードも出しています。

 

ジャズ・ピアニストからスタート

ナット・キング・コールはもとはジャズピアニストとして活動をスタートしています。

1930年代からピアニストとして活動。スウィング・ジャズ時代末期の傑出したピアニストとしての業績を残した。

1939年にピアノ、ギター、ベースのシンプルな編成からなる「ナット・キング・コール・トリオ」を結成。 ビッグバンドの時代におけるコールの編成は革新的とみられ、トリオバンド流行の火付け役となった

ピアニストとしての活動の間、艶のある声を買われて、歌手としても活動するに至った・・・

ナット・キング・コール ー Wikipedia より引用

1939年にピアノ、ギター、ベースのシンプルな編成からなる「ナット・キング・コール・トリオ」を結成。このシンプルな編成が革新的で、トリオバンド流行の火付け役となったとのこと。

 

ソロ活動になってからも、時々ピアノを聴かせます。これがまた軽妙で良いんです。

Nat King Cole - "It's Only A Paper Moon"

 

娘(ナタリー・コール)との「夢の」共演

ナット・キング・コールは1965年2月に肺がんで亡くなります。その当時14歳だった娘のナタリー・コールは、1991年に、父親の声をオーバーダビングさせたデュエット曲「アンフォゲッタブル」をヒットさせます。

Natalie Cole - Unforgettable (Live at Singapore International Jazz Festival 2014)

ナット・キング・コールの「Unforgettable」をよく聴いていた自分にとっては鳥肌モノでしたね。バックに映される在りし日の父と娘の姿も感動的です。(ただし上の動画のナタリー・コールはもう声が出なくなっているのかな?)

 

 
▼スポンサーリンク▼
 

なぜ「キング」と呼ばれている?

本名は、ナサニエル・アダムズ・コールズ(Nathaniel Adams Coles)。

一説によると、まだ駆け出しの頃に、酔った客がふざけて紙で作った王冠を彼の頭にかぶせたことから「キング」という愛称がついたとか。

 
 

おすすめ記事

 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を

 
▼スポンサーリンク▼
 

= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 

ブログ内検索

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.