ニュースの深掘り

2019/6/18

口論で駅のホームから相手を線路へ突き落とすトンデモナイ事件が続発

電車内や駅で、マナー注意等の口論から相手を線路へ突き落とす事件が2週続けて発生。私は以前から電車が侵入してくる際には足を踏ん張って警戒をしていたものの、それだけでは足らないかなー?と・・・世知辛い世の中になりました。(文中敬称略) 駅のホームでは気を抜けない習慣がついた自分 昨年(2018年)の夏に「駅のホームでは、後ろに注意を払いつつ足を踏ん張る習慣が抜けない」というツイートをしました。   駅のホームに電車が入ってくる→後ろに注意を払いつつ足を踏ん張る習慣が抜けない。銀行の最前線で「貸し渋り・貸しはが ...

カミオカンデのレプリカ

2018/8/25

カミオカンデとは?ニュートリノとは何か?わかりやすく簡単に書いた

ニュース記事で見た次世代「カミオカンデ」建設計画。2015年のノーベル物理学賞の「ニュートリノ」の研究施設ということですが、その名称の由来が気になって仕方ないので調べてみました。 素粒子ニュートリノの観測施設、次世代「カミオカンデ」建設へ 2018年8月24日のニュース記事。次世代「カミオカンデ」建設へ。 次世代「カミオカンデ」建設へ 3度目ノーベル賞狙う https://t.co/WMr5j2j5ep — 日本経済新聞 電子版 (@nikkei) 2018年8月24日 日本経済新聞の記事は有料会員向けの ...

国会議事堂

2018/5/7

銀行システム障害「実害はない」みずほ前田社長の国会発言を検証する

きらぼし銀行の発足初日のシステム障害から遡ること16年前、同じく合併直後にトラブルを起こしたみずほ銀行。持株会社の前田社長が衆議院に参考人として招致されました。そして「取引先に実害はなかった」と暴言を吐いたというニュースが駆け巡り、更に袋叩きに合いました。当時の議事録を読み解いてみると、単純な暴言とも言い切れない事実関係が分かります。(文中敬称略) 衆議院に参考人として招致「前田晃伸氏」実際の質疑応答 2002年4月9日、株式会社みずほホールディングス(みずほ銀行の親会社)の前田晃伸社長が衆議院の財務金融 ...

飛行機

2018/5/2

2017年ゆるキャラグランプリ「うなりくん」いきなり順位爆上げの謎

2018年エントリー開始。2017王座獲得の裏には成田市の悲願と必勝態勢が。毎年恒例となった「ゆるキャラグランプリ」。ご当地部門の前年ゆるキャラは千葉県成田市の「うなりくん」でした。初回からエントリーするも万年下位だったうなりくんの躍進はなぜ起きたのでしょうか。 「ゆるキャラグランプリ2018年」は5月7日からエントリー開始 公式ウェブサイトに公開している参加資格は以下のとおり。「ご当地キャラ」とともに「企業・その他」部門というのもあります。 参加資格 まちおこしのために頑張っているキャラクター ご当地ゆ ...

2018/5/1

きらぼし「合併初日にシステム障害」みずほ銀行の事故を覚えてますか

2018年5月1日に誕生した「きらぼし銀行」でいきなり初日からシステム障害のトラブルが発生。2002年のみずほ銀行の事件を思い出しました。当時のみずほの現場では、復旧目処が全く立たない中で「銀行の破綻」が脳裏をよぎりました。みずほの旧3行のシステムの比較と合わせて振り返ります。(文中敬称略) 「東京きらぼしフィナンシャルグループ」(持株会社)と「きらぼし銀行」誕生 八千代、東京都民、新銀行東京が経営統合し「東京きらぼしフィナンシャルグループ」を持株会社とする「きらぼし銀行」が2018年5月1日に誕生しまし ...

ケーキを盛り付けるパティシエの腕

2018/4/5

クラレアンケート「子供の将来就きたい職業ランキング」検証してみた

毎年恒例の子どもの「将来なりたい職業」アンケートを他社と比較してみた。子どもが「将来就きたい職業」アンケート最新結果が公表されました。「YouTuber」が初ランクイン。男「スポーツ選手」女「お菓子屋・パン屋」は不動の1位。他社アンケートの結果と比較検証してみました。 クラレアンケート2018年版、「ユーチューバー」? 昨日(2018年4月4日)プレスリリースされた”2018年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」親の「就かせたい職業」”・・・男の子の将来の夢に「ユーチューバー」が初めて20位以内にランク ...

神奈川県立歴史博物館のドーム屋根

2018/4/2

三菱UFJ銀行「顧客は置き去りかいな?の新名称」嘲笑を買う自己都合

「東京」の文字を消しただけの三菱UFJ銀行、なにそれ? 2018年3月1日、三菱東京UFJ銀行は、その名称から「東京」の文字を外して三菱UFJ銀行となりました。「東京」の由来である東京銀行に関する話題から、銀行の提携・合併の変遷やみずほ誕生時の裏話までを簡単に。 「東京銀行」特異な外国為替銀行 「東京銀行」といえば、私たちバブル世代にとっては「外国為替専門銀行」※として、BOT(バンク・オブ・トーキョー)の呼称は特殊な響きを持っていました。 ※外国為替専門銀行 外国為替銀行法によって大蔵大臣の免許を受け、 ...

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.