日産自動車が元気だった時代~バブル期の「シーマ現象」の背景を知る

バブル時代に流行語にもなったシーマ現象。「高いからバカ売れした」という一言で消費者側の心情だけで片付けられてしまうことが多いです。しかしその背景には快進撃を遂げた日産の社内の環境変化も大きく関わっているのでした。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

「シーマ現象」って何?

バブル時代に流行語にもなった「シーマ現象」。簡単に説明しましょう。

シーマとは?

シーマ(Cima)」とは日産自動車が1988年に発売したセダンタイプの乗用車です。主な特徴を3つ挙げると、

  • Y31セドリック/グロリアをベースとした3ナンバー専用ボディー
  • 3リッターV6エンジン搭載
  • 最上級グレードは500万円を超える高級車

シーマ現象とは?

バブル景気に沸いた日本では、シーマが3ナンバーの高級車としては異例のヒットとなりました。

購入者アンケートの結果でシーマを買った理由として「値段が高かったから」という答えが最も多かった・・・という逸話もあり、バブル時代の消費性向を象徴するムーブメントとして「シーマ現象」と呼ばれています。

バブル時代の伝説! シーマ現象って何?
今や伝説のように語り継がれる日本のバブル景気。「就職するとクルマをもらえた」「タクシーを停めるときは万札をかざす」など、自動車に関するバブリーなウワサを聞いたこともある。中でも気になるのは、バブル期に起こったという「シーマ現象」。シーマって、日産の? いったい日本に何が起こったの? 本日はこちらの話題を解説していこう。

「セドグロ」から「シーマ現象」への経緯

シーマは「単純に価格が高かったから売れた」という訳ではありません。

ボディーベースとなったY31セドリック/グロリアの成功からの系譜を下のリンク先では詳しく解説されています。

▼日産「シーマ」(初代) なぜ「現象」と評されるほど世間に受け入れられたのか
日産「シーマ」(初代) なぜ「現象」と評されるほど世間に受け入れられたのか | 乗りものニュース
日産「シーマ」(初代)は、「シーマ現象」という流行語が生まれるほど、知名度と人気の高さを誇るクルマです。なぜそこまで受け入れられたのか、そこにはもちろん、納得の背景がありました。

日産の開発エピソード

また日産内部で起きていた改革のムーブメントは下の記事が詳しく説明しています。

▼ S13シルビアやZ32フェアレディZ…バブル期の日産はなぜ次々と名車を生み出せたのか?
S13シルビアやZ32フェアレディZ...バブル期の日産はなぜ次々と名車を生み出せたのか?
今から25年ほど前、バブル景気に乗じて日産は今に語り継がれるような名車をどんどん輩出し、ユーザーの支持を集めていました。その理由はもちろんクルマがよかったからに違いありませんが、ではなぜそういうクルマが生み出せるようになったのでしょうか。

上の記事によれば、Y31セドリックのデザイナーが、経営陣の承認を得た後にもかかわらず、さらに「リファイン」と称して大幅なデザインの変更を断行してしまった。→すると主管は腹をくくって社長に直接承認を取り付けに行く。→社長は「良くなったのなら大いに結構」と快諾。

その結果、Y31セドリックは「グランツーリスモ」という新しいコンセプトのもとに大ヒットしたのでした。

ニッサン セドリック/グロリア Y31

▲画像クリックでAmazonへ▲

Y31型セドリック/グロリアのすべて(モーターファン別冊)

▲画像クリックでAmazonへ▲

Y31セドリックの開発陣はその大ヒットにも満足しませんでした。「お客様はより明確な個性とステータスを持った高級パーソナルカーを求めている」と、ついにシーマの開発を「もぐり」で始め、熱意で会社を動かしていきました。

シーマの開発は言うなれば「事後承諾」

若林デザイナーは信ずるところを自由にデザインし、三坂主管は社内を説得して回りました。「お客様はこういうクルマを求めている」。

そしていよいよ彼らの熱意は会社を動かすのです。シーマの開発は言うなれば「事後承諾」。

さらにどうしてもターボエンジンが欲しかった三坂主管はレパード用に開発中だったVG30DETを「譲ってもらう」形でシーマに採用。

レパードの開発陣も協力的だったと言います。この当時日本最高スペックの大パワーターボエンジンを得て、シーマと日産は豪快に加速して行くのです。

 CarMe S13シルビアやZ32フェアレディZ…バブル期の日産はなぜ次々と名車を生み出せたのか? より引用

日産 セドリック シーマ ブルー

▲画像クリックでAmazonへ▲

初代 日産 シーマ のすべて (モーターファン別冊)

▲画像クリックでAmazonへ▲

シーマの成功が日産の快進撃を導く

Y31セドリック/グロリア/シーマの成功により日産の社員は自身を取り戻します。

本当に良いと信ずるものを作ればお客様は応えてくれる、この思いが次のヒットを生み、そのヒットがまたその次のヒットを生む、そしてさらに自信を深めるという良き成功の連鎖を築き上げます。もちろんシェアも回復し、経営も上向き、そうなると資金運用にも大きな余裕が生まれてくるわけです。

 CarMe S13シルビアやZ32フェアレディZ…バブル期の日産はなぜ次々と名車を生み出せたのか? より引用

 

こうした妥協のないモノづくりが、後年に「名車」と呼ばれるクルマを次々と世に送り出したのでした。

シルビア(5代目)S13/KS13型(1988年 – 1993年)

ニッサン シルビア S13 K’s

▲画像クリックでAmazonへ▲

S13シルビアのすべて―美しきクルマの美学がここに
(モーターファン別冊 日本の傑作車シリーズ第9弾)

▲画像クリックでAmazonへ▲

セフィーロ(初代)A31型(1988年-1994年)

ニッサン セフィーロ A31

▲画像クリックでAmazonへ▲

ニューモデル速報 第63弾 セフィーロのすべて

▲画像クリックでAmazonへ▲

フェアレディZ(4代目)Z32型系(1989年 – 2000年)

ニッサン フェアレディ 300ZX

▲画像クリックでAmazonへ▲

Ultimate Nissan 300ZX (Fairlady Z32) Sound Compilation

改訂新版 アイラブZ32 フェアレディZ (NEKO MOOK 1127 I LOVE series)

▲画像クリックでAmazonへ▲

スカイライン(8代目)R32型(1989年-1993年)

Driving an R32 in America!-R32 GTS-T Skyline Review

『日産901活動で誕生した名車3選』ー記憶に残るクルマたちはこうして生まれた
2017年の世界販売実績で、トヨタを抜き「2位」を達成したルノー日産アライアンス(ルノー・日産・三菱の連合)。これまで何度となく、倒産の危機に直面していました。いまからおよそ30年前の1980年代も同様で、日産自動車の販売シェアは下降を始めはじめ、その対策として、1990年代までに技術世界一になり、1990年代に開発す...
あの輝きをもう一度!日産デザインがイケイケだった時代の名車たち6選
昔の日産車はカッコ良かった…。Z32にS13シルビア、180SXにF31レパード…確かに、記憶に残るクルマが多くありました。現行の日産車は、長年のファンからすると少し物足りないといった意見が散見されますが、みなさんはどう思いますか?
タイトルとURLをコピーしました