LINEで送る
Pocket

実話をもとにしたビジネス小説「破天荒フェニックス」がベストセラーで話題を呼んでいるオンデーズ(OWNDAYS)。
社員の多くが心を震わす曲があります。イギリスのロックバンド「オアシス(Oasis)」の「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」です。(文中敬称略)

OWNDAYSにおいて特別な曲:Oasisの「Don’t Look Back In Anger」

倒産寸前のメガネチェーンが窮地から奇跡的な再生を果たした実話をもとにした小説『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』がベストセラーを記録しています。


破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

画像クリックでAmazonへ

田中修治(著) NewsPics Book(幻冬舎)
2018年9月5日発売


オンデーズ(OWNDAYS)のスタッフの多くが特別な想いで聴く曲があります。

イギリスのロックバンド「オアシス(Oasis)」の「ドント・ルック・バック・イン・アンガー(Don’t Look Back In Anger)」です。

 

Oasis – Don’t Look Back In Anger (1996年)

 

各国で年に一人だけ選ばれる「OWNDAYS by OWNDAYS(=社長賞)」表彰式の定番BGM

東南アジアを中心に10カ国以上に店舗を展開をするOWNDAYSでは、各国で年に一度「OWNDAYS SUMMIT(オンデーズ・サミット)」と称する社内イベントを行います。

オンデーズ(OWNDAYS)は様々のユニークな制度がマスコミで紹介されてきました。

中でも最も注目を集めたのが「上司を投票で決める」管理職の選挙制度

営業の最高ポストであるエリアマネージャーの解散総選挙(年1回)は、サミットの大きな会場で行われます。

(テレビ東京「WBS」とNHK「クローズアップ現代+」で特集された内容は後述)

 

OWNDAYS SUMMIT In JAPAN(毎年4月に開催)

4月に日本で開催されるサミットには、各国で選抜されたメンバーも集結。マスコミのカメラも取材に入ったり、大掛かりなイベントとなります。

イベントのクライマックスでは「OWNDAYS BY OWNDAYS(=社長賞)」を1名表彰します。「最も OWNDAYS らしかった人」が対象。

表彰式で使われる曲がオアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」なのです。

OWNDAYS SUMMIT 2018 in JAPAN

 

初回からずっと、この選曲は変わりません。

OWNDAYS SUMMIT 2017 in JAPAN

 

シンガポールでもOasisの曲「Don’t Look Back In Anger」

世界各国のOWNDAYSでも日本と同様のイベントが行われてOasisの曲が流れます。

OWNDAYS SUMMIT 2018 in SINGAPORE [JP]

 

台湾でもOasisの曲「Don’t Look Back In Anger」

OWNDAYS SUMMIT 2017 in TAIWAN [JP]

 

テレビのビジネス番組で大きく特集されたユニーク制度

NHK「クローズアップ現代+」の特集(2016年6月放送)

2016年6月6日(月)放送。「自分の上司は、自分で選ぶ!」新入社員から社長まで全社員が投票し管理職を選ぶという、前代未聞の制度を6年前に導入した社員1000人のメガネチ...

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の特集(2016年4月)

株式会社OWNDAYS 低価格帯のメガネチェーンで業界3位の株式会社オンデーズ。 ここ数年で急速に成長し注目を…
 

オアシス(Oasis)は”イギリスの国民的ロックバンド”

オアシス(Oasis)は1991年結成→2009年に解散しています。しかし、いまだに根強い人気を誇り、CMやドラマにも使われています。

ビートルズ、ローリング・ストーンズなどから続く正統派ブリティッシュ・ロックを踏襲する、90年代に隆盛を誇ったブリットポップ・ムーブメントの代表格かつ近年のイギリスの国民的ロックバンド。

世界的にも人気があり、全世界でのCDトータルセールスは1億枚を超える(2018年現在)。

オアシス (バンド) – Wikipedia より引用

 

いつでも聴けるよう、私のお気に入りの2曲を張っておきましょう。

Oasis – Stand By Me(1997年)

 

Oasis – All Around The World(1998年)


 

おすすめ記事

 
LINEで送る
Pocket