デュラン・デュランの特徴”パワーステーション”とロバート・パーマー

当ブログの記事 デュラン・デュラン音楽的特徴はダンスミュージック×シンセポップ に「”デュラン・デュラン/Duran Duran” の音楽の特徴として二面性がある」ことを書きました。その特徴の一つ「ビートの効いたダンスミュージック」を知るためには、一部メンバーが別に組んだバンド ”パワーステーション/The Powerstation” を聴いてみると良いです。(文中敬称略)

デュラン・デュランの一面「ビートの効いたダンスミュージック」

パワーステーションは、デュラン・デュランの ”アンディ・テイラー/Andy Taylor”が ”ロバート・パーマー/Robert Palmer” に対して「昔から大ファンだった。是非一緒に」と猛烈なアタックを行って誕生したバンドです。

なおロバート・パーマーは、ソロアルバムの製作を優先するために、パワーステーションへの参加はレコーディングとテレビ出演のみで、ライブツアー前に脱退しています。

パワーステーションの参加メンバーは次の4人。

ロバート・パーマー/Robert Palmerボーカル(ソロ・シンガー)
アンディ・テイラー/Andy Taylorギターデュラン・デュラン/Duran Duran
ジョン・テイラー/John Taylorベースデュラン・デュラン/Duran Duran
トニー・トンプソン/Tony Thompsonドラムシック/Chic

1985年、ファースト・アルバムがヒット

パワーステーションは、1985年にファースト・アルバム ”ザ・パワー・ステーション/The Power Station” を発表します。プロデューサーは、アメリカのR&Bバンド”シック/Chic””バーナード・エドワーズ/Bernard Edwards” でした。

Amazon music

The Power Station

▲画像クリックでAmazonへ▲

Apple Music

全米トップ10入りしたシングル曲

ファースト・アルバム ”ザ・パワー・ステーション/The Power Station” からシングルカットされた2曲は、全米ヒットチャートでTOP10入りの大ヒットとなりました。

サム・ライク・イット・ホット – Some Like It Hot

1985年3月リリースの ”サム・ライク・イット・ホット/Some Like It Hot” は、英14位・米6位(#14 on the UK Singles Chart and #6 on the US Billboard Hot 100)。

The Power Station – Some Like It Hot

ゲット・イット・オン – Get It On

1985年5月リリースの ”ゲット・イット・オン/Get It On (Bang A Gong)” は 、英22位・米9位。

The Power Station – Get It On (Bang A Gong)

パワーステーションは1996年に再結成、セカンドアルバム発表

パワーステーションは、1996年に再結成し、セカンドアルバム ”リヴィング・イン・フィア/Living In Fear” を発表しました。

ベーシストは 1stアルバム ”The Powerstation” でプロデュースを担当した ”バーナード・エドワーズ/Bernard Edwards” でした。

しかしバーナード・エドワーズは、”シック/Chic”として日本武道館で来日公演を行った際にホテル・ニューオータニで急死(死因は病気説や薬物過剰摂取説など定かでない)。同年12月に行われたパワーステーションの来日公演にバーナード・エドワーズの姿はありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました