"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

音楽

ビッグ・オー「ロイ・オービソン」魅惑の"ザ・ヴォイス”とサングラス

2018年10月 16日(火)

ロイ・オービソンのWikipedia表示

@sharafmaksumov/Depositphotos.com

1964年に「オー・プリティー・ウーマン」を大ヒットさせた「ロイ・オービソン」は魅惑のヴォイスを持ったシンガーでした。ビートルズも一目置き、1988年カムバック直後に惜しくも亡くなった彼の名曲を振り返ります。(文中敬称略)

「オー・プリティー・ウーマン」のオリジナルはロイ・オービソンの1964年大ヒット曲

当ブログの昨日の記事 ヴァン・ヘイレン「オー・プリティ・ウーマン」MVが非難を浴びた理由 で紹介したヴァン・ヘイレンのヒット曲「オー・プリティー・ウーマン」。

この曲のオリジナルは、アメリカのシンガーロイ・ケルトン・オービソン(Roy Kelton Orbison)( 1936年4月23日 - 1988年12月6日)の曲です。

1964年発表のその曲は全米と全英でNo.1の大ヒットを記録しました。

(1964年/全米1位・全英1位)
"OH, PRETTY WOMAN" - Roy Orbison on American Bandstand 1966

 

”The Big O" ロイ・オービソン(Roy Orbison)トレードマークはサングラス

サングラスがトレードマークのロイ・オービソン。

▲画像クリックでAmazonへ▲

 

▼下の記事によると、オービソンは近眼のため普段はメガネを使用していた。

あるツアーに向かうとき、飛行機の中にメガネを忘れたため、手元にあった度付きのサングラスをかけてツアーを続けざるを得なくなった。

するとそのスタイルがクールで気に入り、自分のトレードマークとしたとのこと。

その他、ビートルズとの興味深いエピソードも書かれています。

 

▼ロイ・オービソンとデビュー直後のビートルズ。Nelson、Lefty Wilburyというのは覆面バンド”Traveling Wilburys”におけるジョージ・ハリスンとロイ・オービソンの変名。

 

ロイ・オービソンの美しい「ザ・ヴォイス」の特徴

つい聴き惚れてしまうロイ・オービソンの歌。ザ・ヴォイス(ロイ・オービソン・ストーリー)では1960年に大ヒットした「Only the Lonely」について次のように表現しています。

「孤独」「ブルー」といった言葉、美しいメロディー、流麗なストリングス・オーケストラにロックするボレロリズムを絡めたバック、高く舞い上がるファルセットという構成は、「オペラ的」で、驚くべき声域を持つ美声をうまく活かしており、誰にもマネの出来ない素晴らしい出来映えでした。

ザ・ヴォイス(ロイ・オービソン・ストーリー) より引用

オンリー・ザ・ロンリー Only the Lonely

(1960年/全米2位・全英1位)
Roy Orbison - Only the Lonely (Monument Concert 1965)

 
また同じ記事にはこう書かれています。
 

この人の1964年のヒット「オー!プリティ・ウーマン」は、そんなに困難な曲じゃないほうですが、バラードものの「クライング」「イン・ドリームス」なんかは、「声域3オクターブ半」という人間離れしたオービソン以外歌えません。

素晴らしい曲ばかりの偉大な作曲家、世界一のシンガーと世界中で認められながらも、誰も真似が出来なかったために、長年にわたり伝説の中に葬られてきた大歌手、ロイ・オービソン。

ザ・ヴォイス(ロイ・オービソン・ストーリー) より引用

 
その”人間離れした”2曲はこちら・・・

クライング Crying

(1961年/全米2位・全英25位)
Roy Orbison - Crying (Live 1964)

 

▼”クライング”が誕生した背景には、事故で家族を失って悲しみに打ちひしがれた、ロイ・オービソンの悲劇がありました。

 

イン・ドリームス In Dreams

(1963年/全米7位・全英6位)
Roy Orbison - In Dreams (Live)

 

1988年、覆面バンド「トラヴェリング・ウィルベリーズ」に参加しカムバック

1988年、スーパースター5人が実名を伏せて「変名+サングラス着用」で組んだ覆面バンド「Traveling Wilburys」にロイ・オービソンも参加します。

発表したアルバムは大ヒット。1970年代以降は目立った活動をしていなかったロイ・オービソンは音楽シーンの第一線にカムバックしました。

【参加メンバー】

▲画像クリックでAmazonへ▲

The Traveling Wilburys - Handle With Care(1988年)

 

1989年、遺作となったアルバム『ミステリー・ガール』と「You Got it」のヒット

ところが、「トラヴェリング・ウィルベリーズ」のヒットの矢先、1988年12月6日にオービソンは心筋梗塞により急逝しました。

そして翌年1989年にアルバム『Mystery Girl』とシングル「You Got it」が発売されると、久々のヒットを記録したのでした。

▼「You Got it」をプロデュースしたジェフ・リンが、自身を失っていたロイ・オービソンと出会って復活をサポートする経緯が書かれた感動的な記事があります。

 

(1989年/全米9位・全英3位)
Roy Orbison - You Got It

 

▲画像クリックでAmazonへ▲

 

2017年、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のアレンジを組み合わせたニューアルバム発売

ロイ・オービソンヴォーカル・テイクと「ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団」のオーケストラ・アレンジを組み合わせたアルバム。ゴージャスです!

Roy Orbison - Oh, Pretty Woman (with the Royal Philharmonic Orchestra)

 
 
 

60年代ポップスに関する話題

 
 
 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を

= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 
******************************
プロフィール


奥野 良孝 Owndays(オンデーズ)CFO

ヨシオクノ 奥野良孝
OWNDAYS 取締役|
メガバンク~投資銀行
[融資/債権回収/再生ハゲタカ]
→脱サラ
→オンデーズ再生に参画
→次は自分3.0?
音楽全ジャンルとダンスLOVER
  • ******************************

    NewsPicksインタビュー

    ▲画像クリックでNewsPicksへ▲
  • ******************************

    NewsPicksインタビュー

    ▲画像クリックでNewsPicksへ▲
  • ******************************

    NewsPicksインタビュー

    ▲画像クリックでNewsPicksへ▲
  • ******************************

    破天荒フェニックスに登場


    ▲画像クリックでAmazonへ▲

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

-音楽

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.