フレッド・アステアがオーケストラをダンスで指揮する凄い映画シーン

最も好きな映画スターは誰か? と聞かれたらフレッド・アステア(Fred Astaire)と即答します。ペアで踊るダンスも最高ですが、ソロで踊るシーンの中で最も衝撃を受けたダンスシーンを紹介します。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

ペアならフレッド・アステア & ジンジャー・ロジャース

フレッド・アステアといえばジンジャー・ロジャースとのペアで出演した映画シリーズが最高峰。私は、競技ダンス部の新入部員勧誘チラシにも「アステア&ロジャース」のイラストを描いてダンスの魅力をアピールしていたくらい好きでした。

競技ダンス部の勧誘チラシ

フレッド・アステアはソロの踊りも凄い

ペアダンスを踊るフレッド・アステアも最高ですが、ソロナンバーにも圧巻のパフォーマンスが多く存在します。

「セカンド・コーラス」での圧巻のソロダンス

そのうちのひとつが、『セカンド・コーラス』の最後の方で「フレッド・アステアがダンスを踊りながらオーケストラを指揮する」シーン。

Amazonもインターネットもまだない学生時代、日本で発売されていない輸入ビデオやLD(レーザーディスク)を探しまわり、苦労して入手したLD「フレッド・アステア物語」の中に収録されていたダンスシーン。

当時は該当する映画のタイトルすら知らなかったのですが、今ではインターネットで簡単に検索および入手ができます。便利になったものです。

指揮するは人気の「アーティーショー楽団」

フレッド・アステアが指揮するのは「アーティーショー楽団」。「ビギン・ザ・ビギン」のヒットで大人気を得たオーケーストラです。

珠玉のパフォーマンスをとくとご覧あれ!

Second Chorus 1940 (1080p HD) (Audio Remastered)
Second Chorus 1940 (1080p HD) (Audio Remastered) (Better Than Official Blu-Ray)
タイトルとURLをコピーしました