シーナ・イーストンのデビューアルバム「モダンガール」原題は異なる

投稿日:2018年10月 14日(日) 更新日:

シーナ・イーストンのレコードジャケット

@defotoberg/Depositphotos.com

1980年代前半に彗星のごとく登場してNo.1ヒットを連発した「シーナ・イーストン」。シニア世代はもちろん、テレビCMで曲を聴いたことのある若い人も多いと思います。アルバムも持っていた私が感じている個人的印象をさらっと書きました。(文中敬称略)

'80年代前半にヒット曲を連発した「シーナ・イーストン」はポップ・クイーンだった

自分だけそう思っているのかもしれませんが、シーナ・イーストン(Sheena Easton)は不思議なスターだと感じています。

No.1ヒットを連発してグラミー賞も獲得。1980年代前半のトップスターであったことは疑いようない事実です。

同年代の人たちはみんな知っている。実は私もアルバムレコードを持っていました。

だけど気のせいでしょうか? 熱狂的なファンやニュース報道を目にすることがあまりない感じがします。

Sheena Easton - Modern Girl (1980年)

 

彗星のごとく現れてポップス界を一気に席巻し、あまりにもポピュラーになりすぎて・・・

何だか空気みたいな、好きで当たり前というか、改めて「凄いんだぜ!」とアピールする必要もないような、そんな不思議なアーティストです。

▼絶対に”通して”聴くべき▼
Sheena Easton - 9 to 5 (Morning Train) - (1980年)

 

デビューアルバムの邦題「モダンガール」→原題は「Take My Time」

私が繰り返し聴いていたアルバム「モダンガール」の原題は「Take My Time」だとAmazonで気が付きました。A面3曲目のタイトルですね。

 

▲画像クリックでAmazonへ▲

 

アップ・ビートな曲調に変わった「Telepone」もお気に入りでした

Sheena Easton - Telefone (Long Distance Love Affair) - (1983年)

 

シーナ・イーストンはイギリス出身、現在は米国を活動拠点としている模様

シーナ・イーストンはイギリス・スコットランドの出身ですが、1992年に米国の市民権を得て在住しているとのこと。

シーナ・イーストン公式facebook

 

 

おすすめ記事

 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を

= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 

ブログ内検索

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.