13歳”声変わり少年”スティーヴィー・ワンダーのスタンダード曲集

久しぶりに引っ張り出して聴いてみたCDアルバム ”With A Song In My Heart/わが心に歌えば”。スティーヴィー・ワンダーが声変わりの少年時代に歌ったスタンダード・ナンバーのアルバムです。(文中敬称略)

若いスティーヴィー・ワンダーが歌うスタンダード曲集『わが心に歌えば』

8年前(2019年6月現在)に人から勧められて購入した後、廃盤になって新品が入手できなくなってしまったので、感謝しているCDを聴いています。

”スティーヴィー・ワンダー/Stevie Wonder” の初期の頃のオリジナル・アルバム ”With A Song In My Heart/わが心に歌えば” です。

わが心に歌えば(紙ジャケット仕様)

▲画像クリックでAmazonへ▲

1963年12月に発売された、若き日のスティーヴィー・ワンダーがスタンダード・ナンバーばかりを歌った変わり種のアルバムです。

スティーヴィー・ワンダーがまだ13歳の作品

スティービー・ワンダーは1950年5月生まれなので、アルバム『わが心に歌えば』が発売された1963年は、まだ13歳ですね。

成人してからのスティーヴィー・ワンダーの歌い方に馴染んだ人は別人のように聞こえるかも知れません。

▼1985年、スティーヴィー・ワンダー35歳のとき▼

U.S.A. For Africa – We Are the World (Official Video)

声変わりの時期の特殊な歌声

ちょうど声変わりの時期にあたるのでしょう。歌声に不安定さを感じる部分もあります。しかし”少年”スティーヴィー・ワンダーはやはりただ者ではないです。

With A Song In My Heart

Smile

On The Sunny Side Of The Street

じっくりと聞きたい、全10曲です。

タイトルとURLをコピーしました