LINEで送る
Pocket

もっとキチンと勉強しとけば良かったなと思うこの頃。『神授業、見放題。』で盛んにCMを流している、リクルートの『スタディサプリ』。受験用のサービスですが、社会人の利用も増えているらしい。実は私も使い始めました。

本来は受験生向けのサービス

受験生の子供にアカウントを与えてみた

高校生の子供は、中学生のときに塾に通っていました。しかし、じっくり考えて理解するタイプのその子は、どんどん進んでいく授業が苦痛だったようで、高校での塾・予備校通いを頑として拒んでいました。

私も同じく授業が嫌いな性格だったため、大学受験では塾や予備校には全く行きませんでした(Z会と独学のみ)。そういう意味ではその子の気持ちがよく理解できます。とはいえ、勉強しないのも宜しくないので、黙ってリクルートの「スタディサプリ」を申し込んでログイン情報を与えてみました。

 

内容を確認していたら自分もやりたくなった

子供のアカウントを申し込むにあたり、念のため内容を知っておく必要があります。いくつかサンプル授業を視聴してみたところ、これがやけに面白い!

月額980円という価格もあって、思わず自分のアカウントも申し込んでしまいました。

 

社会人の利用も増えてるらしい

しかし、受験生向けのサービスを社会人が申し込むことに対して少し引け目も感じたため、同士がいないかインターネットで探してみました。するとこんな記事が。

受験生の心強い味方としてすっかり定着したリクルートの「スタディサプリ」。ところが最近では、教師や社会人の利用者までもが急増しているという。「学習」の新たなイ...

スタディサプリを始めてみると、受験生ではない予想外の顧客が利用している事実が明らかになった。社会人の利用である。社会人に一番人気があったのが英語(特に英文法)、そして日本史、世界史であった。内容は受験生向けにもかかわらず、社会人の「学び直し」のニーズが、スタディサプリとマッチしたのである。さらには、子どもに勉強を教えるために親が学習したり、大学院等の受験に備えるために利用する社会人も出てきた。

ダイヤモンド・オンライン 山田英夫のビジネスモデル・ラボ より引用

同じ人たちがいました! そうなんです。社会に出てみると、英語は当然ですが、歴史や化学をもっとしっかり学んでおけば良かったな、と感じる場面が多々あります。

 

人気の先生(一部)

英語の「関正生」先生

この関正生さんの教え方は定評ありますね。息子が通っていた予備校でも英語の先生が関正生の参考書を推薦していました。

勉強嫌いだった(高校生の)子供が自発的に、ほぼ毎日この先生の授業を視聴し続けているのには驚いています。

高3 スタンダードレベル英語~文法編~

 

化学の「坂田薫」先生

私の中学~高校時代の理科の先生は、おとなしくてボソボソ話す方ばかりだった印象です。(居眠りしていてよく覚えていないのもある)

この坂田薫先生はハキハキ気持ちよく、ユーモアあふれる語り口で面白いです。化学を本気でやり直してみようかなと思わせます。

高3 トップ&ハイレベル化学~理論編~

最も印象的な説明はこれ ↑

『この原子がひたすらブリブリブリブリ繋がって、一つの物質になっていくもの・・・』

もう、やばいです。

 

激安、月980円。ダメもとで試してみても良いじゃない?

数万本の授業動画が見放題で月980円です。1日ランチとコーヒーを我慢すれば収まる程度の金額です。スマホのアプリもあるので、コマ切れ時間に利用できます。

電車の中で、スマホゲームに興じているより、良いことあるかも!

 

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。
南インドで見た小学校の様子と海外と日本の事情。2015年9月、メガネのオンデーズとして初の Eye Camp(海外ボランティア活動) を南インドで行いました。その際に訪れた...

 

LINEで送る
Pocket