映画

エンタメ

ビージーズの映画サウンドトラック「メロディ・フェア」が一番好き

恐らく30歳代より下の世代にはほとんど認知されていないかもしれない「ビージーズ」。映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のサントラで大ブレイクしたBee Gees は、1950年代から活動するスーパーグループなのです。...
2020.01.05
エンタメ

タップの歴史に輝く「ニコラスブラザーズ」ストリートダンスにも影響

フレッド・アステアとともに私のお気に入りのタップダンサーは「ニコラスブラザーズ」。後のストリートダンスにも影響を与えたと言われるアクロバティックダンスはいつ観ても爽快です。(文中敬称略) 映画「ストーミー・ウェザー」で...
2020.01.08
エンタメ

オリビア・ニュートン・ジョン「衝撃だった」ザナドゥからフィジカル

’70年~'80年代に大活躍したオリビア・ニュートン=ジョン。憧れのブロンドお姉さんがばっさり髪を切ったイメージチェンジは衝撃でした。1992年の乳がん治療後にがん研究センターの設立やチャリティーと積極的にがんの啓蒙活...
2020.01.02
エンタメ

寺山修司の監督デビュー作品「書を捨てよ町へ出よう」は覚悟して観ろ

「アングラ四天王」の寺山修司が初めて監督した映画作品『書を捨てよ町へ出よう』を学生時代に観に行きました。映画のタイトルはカッコいいフレーズ。しかし内容は前衛的な実験映画であり、予備知識なく鑑賞しようとするとショックを受け...
2020.01.05
エンタメ

故佐藤重臣「アングラ映画のジューシン」黙壺子フィルム・アーカイブ

1988年に亡くなった映画評論家の「佐藤重臣(しげちか)」は、アングラ映画の自主上映に情熱を注ぎ「アングラのジューシン」の異名もありました。佐藤重臣が手がけた伝説の「黙壺子フィルム・アーカイブ」。学生時代に観に行ったこと...
2020.01.07
エンタメ

映画イースターパレード「タップは楽器」フレッド・アステアが魅せる

ハリウッドスターのフレッド・アステアの後期作品の中で最も好きな映画の一つ『イースター・パレード』。彼が踊るソロはまるで楽器の一部となったようなリズム感と躍動感。観たらタップ・ダンスをしたくなる!?(文中敬称略) フレッ...
2020.01.05
エンタメ

チャップリン「日本人秘書」ポーレットゴダードと喧嘩して飛び出した

知る人ぞ知る「高野虎市」は、喜劇王チャールズ・チャップリンの信頼を得た日本人秘書でした。高野がチャップリンのもとを去る要因となったのは女優ポーレッド・ゴダードの高野に対する激しい嫉妬でした。いまだ人気の衰えないチャップ...
2020.01.08
エンタメ

フレッド・アステアがオーケストラをダンスで指揮する凄い映画シーン

最も好きな映画スターは誰か? と聞かれたらフレッド・アステア(Fred Astaire)と即答します。ペアで踊るダンスも最高ですが、ソロで踊るシーンの中で最も衝撃を受けたダンスシーンを紹介します。(文中敬称略) ペアな...
2020.01.04
エンタメ

ストーミー・ウェザー「空前絶後の黒人映画」ファッツ・ウォーラー

オール・ブラック・キャストの異色エンターテインメント映画。大学生の時に初めて観て、今でも最も好きな映画である「ストーミー・ウェザー」。現在はパブリック・ドメイン(=著作権消滅)になっている「ファッツ(太っちょ)・ウォー...
2020.01.08
エンタメ

ジェームズ・ディーン愛用のメガネブランドTartのArnel

ジェームズ・ディーンが大好きで、普段の彼のメガネスタイルが素敵で憧れていました。ジミーが好んだメガネブランドTARTはジョニー・デップも愛用。同ブランドは廃業してヴィンテージになっていたものの復刻版が出ています。(文中敬...
2020.01.07
タイトルとURLをコピーしました