オンデーズ / OWNDAYS

破天荒フェニックス

オンデーズ再生物語『破天荒フェニックス』ついに発売となりました!

2018年9月5日(水)発売 生まれて初の著者 #破天荒フェニックス 見本誌がキター!!♪───O(≧∇≦)O────♪めっちゃ良い感じ。帯の推薦コメントは西野君と、なんと島耕作でお馴染みの弘兼先生からも頂...
2019.12.20
くらし

SNSのプロフィール写真のみで本人実物を識別するのは相当難しかった

SNSでつながっている相手とリアルに会う場合、プロフィール写真の印象があまりにも強いと本人と識別するのが難しい。意識的に様々な角度から撮影した写真も投稿したほうが良い→真剣に準備をした結果で感じたことです。(文中敬称略)...
2019.12.20
破天荒フェニックス

ベンチャーキャピタルやファンドの「営業トーク」話半分に聞いておけ

オンデーズが再生途上にあった時期、急成長している有望企業としてベンチャーキャピタルが盛んにアプローチしてきました。私が「今は無理だ」と言っても「大丈夫です!」と根拠のない見得を切って資料を入手した挙げ句に、手のひらを返し...
2020.01.14
ビジネス

銀行の融資「政治家の口利き」による特例措置?「忖度」はあるのか?

政治家を動かすことによって融資を引き出すことができるのか? 実例を紹介。銀行の融資について政治家が口を挟むケースはあります。実際に忖度して無理を通すのか? 時代によって変化はしているはずですが、私が現場で体験した「政治家...
2019.08.05
破天荒フェニックス

帝国データバンク等の信用調査報告書の情報は正確か?盲信する愚かさ

信用調査会社(帝国データバンクや東京商工リサーチ等)の報告書を盲信して手抜きをするお粗末な金融機関があります。調査員も呆れる調査書の利用方法。かつ昨今の企業信用調査の実態を知れば、実に愚かなことだと分かります。
2020.01.14
破天荒フェニックス

貸し渋り・貸しはがし「銀行員は冷酷非情?」融資回収の裏側

21世紀初頭、銀行による過酷な融資の貸し渋りや貸し剥がし(はがし)が社会問題化しました。実際に何が行われていたのか? 「貸し剥がし」にフォーカスしてその手法と実例を、メガバンクの最前線にいた私が書きましょう。(文中敬称略...
2019.11.15
タイトルとURLをコピーしました