およげたいやきくん”店のおじさん”のモデル「浪花家総本店」神戸守一

1975年の大ヒット曲「およげ!たいやきくん」のモデルとなった店と”おじさん”は実在します。東京3大たい焼き店のひとつ麻布十番「浪花家総本店」の三代目店主”神戸守一”です。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

およげ!たいやきくん「店のおじさん」のモデルは老舗たい焼き屋の店主

『およげ!たいやきくん』の曲の中に、ある朝「店のおじさん」と喧嘩して海に飛び込む という歌詞があります。

▼ジャケットの右下に描かれているメガネ姿でコック帽をかぶったおじさんです。

実は、この「おじさん」にはモデルとなった人物が存在します。赤坂十番にある「浪花屋総本店」の神戸守一(かんべ もりかず・故人)さんです。

「浪花家総本店」 元会長の神戸守一(かんべ もりかず)さん

「およげたいやきくん」に登場する「たいやきおじさん」のモデル、たい焼き店「浪花家総本店」会長の神戸守一さんの写真がありました。(2010年5月5日、満86歳で死去)

▼神戸守一のインタビューあり
浪花家総本店 「街ログ」【東京の老舗グルメ&名品】 | バラエティ | 無料動画GYAO!
無料でお楽しみいただけます。昭和の名曲「およげ!たいやきくん」。なんと、このお店の三代目店主、神戸守一さんは、その歌に出てくる「店のおじさん」のモデルとなった人なんです。 東京都港区 浪花家総本店 

麻布十番「浪花家総本店」”東京3大たい焼き屋”の一つ

”(江戸)東京3大たい焼き屋” と言われている有名店があります。

  • 麻布十番「浪花家総本店」
  • 人形町「柳屋」
  • 四谷「わかば」

東京近郊に住んでいる人だったら、いずれかの店のたい焼きは口にしたことがあるのではないでしょうか?

麻布十番の「浪花家総本店」は、創業は明治42年(1909年)。たい焼きの発祥とも言われる老舗のたい焼き屋さんです。

初代店主の神戸清次郎が浪花(現在の大阪)出身であったため、故郷にちなんで「浪花家」と名前をつけたとのこと。

神戸守一は3代目店主でした。「浪花家総本店」のたい焼きを贔屓(ひいき)にしていた山本嘉次郎(映画監督)の金婚式で、神戸守一がコック帽と蝶ネクタイでたい焼きを披露したことがきっかけとなり、守一のトレードマークとなったと言われています。

▼浪花家総本店の店主の特徴が書いてある記事
たい焼き焼いた - SERVUS!
  たい焼きに「天然物」と「養殖物」があるのをご存知でしょうか。これらは、「たい焼きの魚拓」という本を出された写真家宮嶋康彦氏の命名です。一世を風靡した「およげ!たいやきくん」に歌われているような、...
タイトルとURLをコピーしました