テープカッター「切り口がギザギザにならない」知らぬ間に進化してた

久しぶりにテープカッターを買ってみたところ、切り口が大きなギザギザにならない進化に驚嘆しました。数十年前から旧型製品を使い続けている中高年は最新のモノにも目を向けてみると良いと思います。(文中敬称略)

テープカッターが進化しているようなので買ってみた

頻繁に使うことがない人にとっては「昔から実家に置いてあった」とか「数十年前に買ったやつをまだ使っている」が多そうな文具のひとつに「テープカッター」があります。

「どっしり重くてテープカットしやすいモノはないかな?」と相当に久しぶりに物色してみたところ、知らないうちにテープカッターもしっかり進化していたことに驚きました。

購入の決め手となったのは2つのキャッチコピー。

  • 軽い力でよく切れる!
  • まっすぐ切れる!

大きなギザギザの刃ではなくなっている!!

私が知っているテープカッターの切り口はギザギザが大きくて扱いにくいヤツです。私はテープの切り口をまっすぐにしたくてハサミを利用することが多く、「大きなギザギザ」はテープカッターを使わなくなった大きな要因となっていました。

ところがこの製品「カルカット」は切り口がまっすぐらしい!?

確かにカッター部に大きなギザギザは見当たりません。

よく見れば微小なギザギザはあります。しかしほぼフラットであり、もはやハサミを使ってまっすぐに切り直す必要はないレベルです。

切り口を拡大するとこんな感じ。小さなギザギザが見えます。

「軽い力でよく切れる」ようにするために刃は相当によく切れるのでしょう。よく目立つ位置に注意書きが貼ってあります。

長年使い続けている定番文具でも新しい発見ができるかも!?

ほとんど買い替えしない定番文具でも、実は意外な進化を遂げて、使いやすくなっているかもしれない・・・他にもそんな発見を期待できそうな刺激的な製品でした。

コクヨ テープカッター カルカット 白 T-SM100W

▲画像クリックでAmazonへ▲

関連記事 「切り口まっすぐ」のテープカッターは複数のメーカーが発売していた もどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました