“the bird and the bee”でダリル・ホール&ジョン・オーツを聴く

2010年頃、仕事に集中しようとするときにBGMとしてよく聴いていたアルバムがあります。アメリカの男女ユニット ”ザ・バード・アンド・ザ・ビー/the bird and the bee” です。ジャジーなエレクトロニカ・ポップ・ワールド!(文中敬称略)

”ザ・バード・アンド・ザ・ビー/the bird and the bee” ホール&オーツのカバーアルバム

アメリカの二人組ユニット ”ザ・バード・アンド・ザ・ビー/the bird and the bee” の3枚目のアルバムです。全ての曲が、1970年代から80年代にかけて人気を誇ったデュオ ”ダリル・ホール&ジョン・オーツ/Daryl Hall & John Oates” をカバーした構成になっています。

 
Interpreting The Masters Volume 1: A Tribute To Daryl Hall And John Oates

▲画像クリックでAmazonへ▲

 

私のようなホール&オーツの全盛期を聴いていた年代にとっては、ほとんどがお馴染みの曲です。しかしシンガー ”イナラ・ジョージ/Inara George” 独特のジャジーな歌い方が、ピコピコなエレクトロ・ポップと絶妙に組み合わさり、良い感じの気だるさ? を生み出しています。BGMとして重宝しました。

 
I Can’t Go For That

 
Private Eyes

 

ジャジーなエレクトロニカ・ポップ・ワールド!

ユニバーサル・ミュージック。ジャパンのウェブサイトではデビューアルバムの商品説明です。

 

全米クラブ・チャート1位! ブルーノートが放つ超異例の次世代ポップ・ユニット、デビュー!!

すでに問い合わせ殺到!いたずら天使イナラと変幻自在なグレッグのサウンドが奏でる、ジャジーなエレクトロニカ・ポップ・ワールド! ブルーノートの姉妹レーベル、メトロブルーからのデビュー。

一度耳にすればすぐさまに惹きこまれる2人の音楽。おとぎ話の世界にいるような幻想的だけどキャッチーなサウンド。綿密に計算されたプログラミングと耳に残る美しいメロディー。確かな才能とオリジナリティを持つブルーノート期待の新人。

ユニバーサル・ミュージック。ジャパンのウェブサイト より引用

 

ユニットの女性はシンガソングライターの”イナラ・ジョージ/Inara George”(”the bird”)、男性は ”グレッグ・カースティン/Greg Kurstin” (“the bee”)

ちなみに英語で “the birds and the bees”(複数形)は「性教育」を表す表現です。

多くの人が耳にしたことがあるかもしれない、デビュー曲は ”Again & Again”

 
the bird and the bee

▲画像クリックでAmazonへ▲

 
the bird and the bee – Again & Again

 
タイトルとURLをコピーしました