The Longest Timeのアカペラはビリー・ジョエルの一人合唱

アメリカのシンガーソングライター ビリー・ジョエル のアカペラ曲「The Longest Time」は、実は全てのパートをビリーが一人で歌っています。YouTube上で最近のアーティストたちが多重録音を再現しています。(文中敬称略)

実は一人コーラスの多重録音”The Longest Time”

まずは、ビリー・ジョエルの1983年の大ヒットアルバム Innocent Manイノセント・マン に収録されている The Longest Timeロンゲスト・タイムPV動画を視聴してみましょう。

Innocent Man – Billy Joel

▲画像クリックでAmazonへ▲

Billy Joel – The Longest Time (Official Video)

ビデオではあたかも、ビリー・ジョエル・バンドのメンバーがバック・コーラスをしているように見えます。しかし実際は、ビリー・ジョエルが全てのパートを歌って多重録音しているのです。

アルバム発売当時のレコードのライナーノーツにも「バックコーラスがしっくりこなかったので、全部自分でやってみたら意外と良かった」という趣旨のビリー・ジョエルのコメントが書かれていたのを記憶しています。

YouTubeにある一人コーラスの”The Longest Time”

ビリー・ジョエルが一人コーラスをしている事実を知っているのでしょう。YouTubeには実際に一人で全パートを歌う様子を見せる動画がいくつかあります。

ここでは2つの作品を紹介しましょう。

Chris Bandy

アメリカのアーティスト Chris Bandy の一人パフォーマンス。

「ビリー・ジョエルもこんな感じで歌い分けしていたのだろうな」と想像できる出来栄えです。

The Longest Time — Chris Bandy

Anne Reburn

同じくアメリカの Anne Reburn の作品。表情が豊かでキュートです。

The Longest Time – Anne Reburn

The Longest Time – Anne Reburn

▲画像クリックでAmazonへ▲

タイトルとURLをコピーしました