R&Bの名曲”ツイスト&シャウト”の動画を集めてみたよ!!

ツイスト&シャウト / Twist & Shout という曲が好きです。オリジナル曲へ遡って聴いてみると、R&B色が強いサウンドから始まり、ビートルズのカバー以降はロック色が濃くなっていく様子が分かって面白いですよ。(文中敬称略)

”ツイスト&シャウト”ビートルズ初期で最も好きな曲の1つ

初期の ビートルズThe Beatles で私が最もお気に入りな曲の1つは、実は Twist & Shoutツイスト&シャウト です。

ビートルズの1963年のデビューアルバム PLEASE PLEASE MEプリーズ・プリーズ・ミー に収録されています。

The Beatles – Twist And Shout (Remastered 2009)

The Beatles – PLEASE PLEASE ME

▲画像クリックでAmazonへ▲

ビートルズの Twist & Shout はジョン・レノンの声がキーポイント

ツイスト&シャウトでリード・ヴォーカルを務める ジョン・レノンJohn Lennon のシャウトがたまらなく良いのです。

下のエド・サリヴァン・ショーに出演時の動画では、ジョンの歌声のキレが良くありませんね。

ビートルズのこの曲の重要なポイントが「ジョンの絶妙なシャウト」である事実をよく示しています。

The Beatles – Twist & Shout – Performed Live On The Ed Sullivan Show 2/23/64

ツイスト&シャウトのオリジナルをさかのぼる

ビートルズのお気に入りの曲と紹介しましたものの、ツイスト&シャウトは実はカバー曲です。

オリジナル曲をさかのぼってみます。

登場したのは1961年のトップ・ノーツ

ツイスト&シャウトが初めて登場したのは1961年、アメリカの The Top Notesトップ・ノーツ がリリースしたシングル曲でした。

シャカシャカと軽快なサウンドで、ビートルズの演奏とは印象がかなり違います。

アイズレー・ブラザーズがカバーした曲がヒット

ツイスト&シャウトがヒットしたのは、 アイズレー・ブラザーズThe Isley Brothers が1962年にカバーした曲でした。

The Isley Brothers – Twist & Shout

Isley Brothers – The Essential

▲画像クリックでAmazonへ▲

ビートルズ以外にもカバーするアーティスト多し

アイズレー・ブラザーズの曲のヒットのあと、ツイスト&シャウトをカバーしたのはビートルズだけではありませんでした。

ブルース・スプリングスティーンはロックの王道?

アメリカのロック・スター ブルース・スプリングスティーンBruce Springsteen がカバーするツイスト&シャウトは、より迫力が増したロック色の強いテイストとなっています。

Bruce Springsteen – Twist & Shout / La Bamba (Live)

Bruce Springsteen and The E Street Band – Twist And Shout (Remastered) [Live]

▲画像クリックでAmazonへ▲

若手バンド”ザ・ヴァンプス”はビートルズへのオマージュ?

イギリスのロックバンド The Vamps/ザ・ヴァンプスのカバーです。The Vamps は(L’Arc〜en〜Cielのボーカリストhydeが結成する)日本の VAMPS とは別物です。

ビデオの冒頭には、ジョン・レノンの有名なシーンが挿入されています。

イギリス王室が臨席するショーで「安い席の皆さんは拍手をしてください。あとの方々は宝石をジャラジャラ鳴らしてください」と、痛烈なジョークを言い放つ場面です。

Twist And Shout (Cover By The Vamps)

ザ・ヴァンプス – Meet the Vamps

▲画像クリックでAmazonへ▲

変わり種は”ソルト・ン・ペパー”のラップバージョン

アメリカの女性ヒップホップ・グループ ソルト・ン・ペパ/Salt-N-Pepa です。

このグループに関する日本語版のWikipediaはありません。 Where are they now?で詳しく紹介されています。

Salt-N-Pepa – Twist & Shout

ソルト・ン・ペパー – Twist And Shout

▲画像クリックでAmazonへ▲

タイトルとURLをコピーしました