映画『ワンダーウーマン』ガル・ガドットのアクションシーンに興奮!

アクションシーンのひとつを「ちょい見」するつもりで再生を始めた『ワンダーウーマン』のブルーレイ。”ミス・イスラエル”のガル・ガドットが演じるヒロインの戦闘シーンが面白すぎて、ストーリーそっちのけでアクションを最後まで追いかけてしまいました。(文中敬称略)

映画『ワンダーウーマン』ちょい見するするつもりが・・・

最近、サラウンドシステムを構築するべく試行錯誤しておりまして、サラウンド効果のモニターとしてアクション映画のBlu-rayをいくつか再生しました。

主に過去に鑑賞したことのある映画をスキップしながらアクションシーンを追いかけていきます。

しかしまだ観ていない映画「ワンダーウーマン(Wonder Woman)」(購入したまま観ていない映画ソフトが相当数あります)も少し再生を始めてしまったのです。

この「ちょっとだけ・・・」がいけません。美しすぎるダイアナ(ワンダーウーマン)の無双の強さに夢中になってアクションシーンを最後まで観てしまいました。

Wonder Woman (2017) – No Man’s Land Scene (6/10) | Movieclips

物語が進行するに従って激しさがエスカレートしていく、ヒロインの戦闘シーン

上の動画の荒野の戦闘シーンから市街地での戦闘シーン(下の動画)に移ります。そして映画の終盤にはバトルの激しさが更にエスカレートしていきます。

ワンダーウーマンはもはや不死身の強さとなり、「甲手とかすね当てとか防具はいらないんじゃねーの!?」とさえ思ってしまいます。

Wonder Woman (2017) – Saving Veld Scene (7/10) | Movieclips

▼個人的には、1:38辺りからの「装甲車に体当りして、持ち上げてひっくり返す」シーンがサイコーです。

ガル・ガドットが美しくてかっこよくて素晴らしいぞ!!

主役のワンダーウーマンを演じるのは ”Gal Gadot/ガル・ガドット” 、イスラエル出身のモデル・女優さんです。映画『ワイルド・スピードMAXシリーズ』に出演していました。

ガル・ガドットは、18歳のときから2年間イスラエル国防軍に所属して戦闘トレーナーだった(ガル・ガドット、“ワンダーウーマン”役作りに兵役時代の経験を生かす-シネマカフェ)とのこと。

華麗なアクションシーンをガル・ガドット自ら演じているのには納得がいきます。

下の動画ではアクションのトレーニングやメイキングシーンが紹介されています。極寒のイギリスロケでは、(一人だけ寒い)肌を晒した衣装で頑張っている姿には恐れ入ります。

ガル・ガドット、衣装のまま極寒ロケ!『ワンダーウーマン』メイキング

そんなこんなでストーリーとか関係なくアクションシーンだけを繰り返して観てしまったので、なんか申し訳ないと反省しています。。映画はちゃんと腰を据えて鑑賞しなければいけません。

タイトルとURLをコピーしました