回覧印のハンコ「お辞儀するように斜めに押させる」銀行の慣習は事実

銀行内部の回覧印を押す方法をツイートしたところ、数百にも達するコメントをいただきました。「非効率な慣習を批判する」大多数の意見に対しシニカル(皮肉な態度)なネガティブ意見もあったので、私の反論と合わせてブログに記録します。

銀行の書類「回覧印」を押す方法をツイートした

銀行の内部で回付する書類の「回覧印」を押す方法について、私の実体験をツイートしました。

ツイートに寄せられた多くのコメント

このツイートには半日で700件を超えるコメントやリツートがありました。内容は大きく分けると4つです。

  1. 信じられない! ネタだろー?
  2. バカみたい。非効率極まりない!
  3. あるある。あったあった。
  4. ハンコを斜めにするだけ。何で騒ぐ?

当然ながら、2の「バカみたい。だからダメになるんだ」という声が最も多いです。

意外と3の「あるある」のコメントも数十件? 銀行に限らずメーカーや商社などにも存在する慣習との報告がありました。

4はこの押印の慣習を否定するコメントに対するネガティブ意見。2件ありました。

「コストもかからない慣習だし良いじゃないか。否定的なコメントが理解できない」という趣旨のものです。

ネガティブ意見に対する反論

ネガティブ意見の「コストもかからない慣習だから別にいいじゃないか」という部分に、私は違和感を覚えました。そして次のような反論をツイートしました。

削減可能な無駄をコストと考えない思考は危険です。「やらなくても良いこと」をえぐり出して取り除いていく地道な取り組みがなければ、組織はじわじわ衰退していきます。

タイトルとURLをコピーしました