「三井住友信託銀行」と「SMBC信託銀行」違いを正しく理解しよう

三井住友銀行の略称はSMBCSumitomo Mitsui Banking Corporation)です。

しかし「三井住友信託銀行」と「SMBC信託銀行」は別々の会社であり、かつ異なる企業グループに属しています。

なぜ? どうして!? (゜o゜)

この2つの信託銀行を識別するには、金融グループ再編の歴史を知る必要があります。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

三井住友信託銀行とSMBC信託銀行は違うもの?

飛行機の機内誌をパラパラと眺めていたところ、ある広告が目に入りました。

 

SMBC信託銀行 プレスティア』という広告

 

私がいるOWNDAYSではグローバルでSMBC(三井住友フィナンシャルグループ)とお取引をしていますので、当然ながら「SMBCグループの信託銀行なのだな」ということは分かります。

しかし一方で「三井住友信託銀行」という銀行の存在も知っています。

 

SMBC信託銀行 VS 三井住友信託銀行

 

今まであまり意識をしてきませんでした。しかし改めて社名を並べてみると、あまりにも紛らわしすぎます(笑)

2つの大きな金融グループを理解していないと、この2つの銀行の違いを理解するのは困難ではないでしょうか…

 

三井住友フィナンシャルグループと三井住友トラストホールディングスを区別する

SMBC信託銀行と三井住友信託銀行は、それぞれ別の金融グループに属しています。

細かいことは無視して極力簡単に図表で説明します。(脚注)

信託銀行SMBC信託銀行三井住友信託銀行

グループの
中核会社

三井住友フィナンシャルグループ三井住友トラストホールディングス
グループの
前身銀行

三井銀行
太陽神戸銀行
住友銀行
太平洋銀行

住友信託銀行
三井信託銀行
中央信託銀行
 

2つの金融グループ(中核会社)の変遷図

三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)

三井住友トラストホールディングス(SMTH)

全国銀行協会『平成元年以降の提携・合併リスト』より引用

 

 
▼スポンサーリンク▼
 

シティバンク銀行の分解が状況を複雑化

三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)と三井住友トラストホールディングス(SMTH)の区別を複雑にしている一つの要因は、シティバンク銀行の業務を分割して2つのグループに営業譲渡したことによります。

アメリカのシティグループの日本法人である「シティバンク銀行」が個人金融ビジネスから撤退するにあたり、「リテール(個人向け)銀行業務」と「クレジットカード(ダイナースクラブ)業務」を分割して売却したのです。

  • リテール(個人向け)銀行業務 ➡ 三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)
  • クレジットカード(ダイナースクラブ)業務 ➡ 三井住友トラストホールディングス(SMTH)
 

そもそもクレジットカード事業については、個人銀行取引の一環としてサービスを連携していたにもかかわらず、バラバラに別々のグループへ売却されてしまったわけです。

 

(注)実際の金融業界の業務分野は複雑で、再編の動きも入り組んでいます。予備知識のない方を対象に、混乱するような話は端折って説明しています。

もっとお客さま目線が必要では?

広くユーザーの目に触れる(銀行の)名称を「自分たち都合」で紛らわしいものにしてしまう残念な状況・・・

私は過去にも 三菱UFJ銀行「顧客は置き去りかいな?の新名称」嘲笑を買う自己都合 でぼやきました。

 

何とかならないのかなー

 
 
タイトルとURLをコピーしました