成田空港の階段を転げ落ち「クレジットカードの海外旅行保険」を利用

投稿日:2018年10月 1日(月) 更新日:

成田空港の階段

海外出張から帰国した際に、空港の階段を転げ落ちて怪我をしたことがあります。結果としてはクレジットカードに付帯する海外旅行保険を適用して治療費を受け取りました。この事故で学んだことを書きました。

成田空港のバゲージクレームに下りる階段を転げ落ちて怪我をした

2017年5月のことです。シンガポール出張から日本へ帰国し成田空港へ到着した際の出来事でした。

イミグレーション(入国審査)を抜けた場所はデッキ状になっており、吹き抜けの一つ下のフロアにバゲージクレーム(預け荷物受取所)があります。

この下のフロアに下りるためのエスカレーターと階段があります。(下の写真を参照)

 
成田空港のイミグレーションを抜けた場所

↑奥に見えるエスカレーターと階段

 

私はトイレに行きたくて急いでいました。

エスカレーターはすでに何人か乗っていて追い越しできる状態ではありませんでした。このため、私はエスカレーターの隣の階段を下り始めました。

ところが階段を下りる3歩目で、足がもつれて前につんのめりました。7時間近く座りっぱなしの直後です。思ったように足が動かなかったのです。

重いリュックを背負っていたことから、そのままゴロンゴロンと2回前転。続けてゴロゴロと横転しながら一番下まで転げ落ちました

 
成田空港のバゲージクレーム階段を上から見た写真

↑階段を上から見た様子

成田空港のバゲージクレームの階段

↑この階段を上部の数段目から一番下まで転げ落ちた

 

エスカレーターに乗っていた外国人の方々は「オーマイガー!」と驚き、航空会社の係の方がすぐに駆けつけてきました

幸い私は高校時代に柔道部だったため、とっさに無意識で受け身を取れます。頭部は無事で体と足に痛みを感じていました。

職員の方が「だ、大丈夫ですか?」と心配そうに尋ねてきました。しかし私は、トイレに行きたかったのと、めちゃくちゃ恥ずかしかったため、スクッと立ち上がり何事も無かったかのように振る舞い「大丈夫です」と言うとトイレに走っていってしまいました。

 

クレジットカード会社へ電話~診療~保険請求

私はトイレに寄った後、荷物を受け取って税関を抜けると、Arrivalラウンジへ行きました。トイレ内で改めて、シャツをはだけ、ズボンを脱いで怪我の状況を確認したところ・・・

肩には打撲の跡がコブ状になっています。両足の膝下には血がにじみ、階段のヘリにぶつけているのが明白です。

 

クレジットカード会社の保険デスクへ電話して状況を説明した

「もし骨に影響あったら治療費もバカにならないかな?」と思った私は、クレジットカードに「海外旅行保険」が自動付帯されていることを思い出しました。

クレジットカード会社の保険デスクへ電話したところ、予想外に親切丁寧な対応でした。渡航先や日程等いくつか質問された後、

 

「階段を落ちたのを誰か見ていましたか?」

「空港の職員の方が見ていて、声をかけられました」

「その方の証言は取れますか?」

「いや、もう税関を抜けて出てきてしまったので・・・証言がないとダメですか?」

「いいえ。あればベターですが、さもなければ申請書にご自分で状況をお書きいただければ結構です」

ということで、後に郵送されてくる書類に事故の状況を記入することで事足りました。

 

海外旅行保険は帰宅するまで適用される

保険デスクへ電話をしたときに教えてもらいました。保険が適用される期間は自宅を出発したときから自宅へ帰着するまでの間。よって空港の入国後のエリアで起きた事故も当然に保険対象となるのでした。

 

【責任期間】

会員資格期間内に日本を出国した旅行期間(海外旅行の目的をもって住居を出発したときから住居に帰着するまでの間で、かつ、日本を出国する前日の午前0時から日本に入国した翌日の午後12時(24時)までの間)とします。

ただし、日本を出国した翌日から3ヵ月後の午後12時(24時)を限度とします(出国日当日も補償します)。例)7月26日に出国した場合、10月27日の日本時間午後12時(24時)までの旅行期間を補償します。

ダイナースクラブカード 保険サービスご利用の手引き より引用

 

病院で診療、検査~保険金請求の書類を放置すると催促される

翌日、さらに痛みが増したため、整形外科へ行きました。レントゲン撮影等の検査をした結果は「骨に異常なし。打撲だけ」とのこと。

治療費は湿布代や交通費を含めて4千円弱でした。

手続きするのも面倒くさいので、保険会社から送られてきた保険金申請の書類を放置しました。すると進捗確認(提出催促)の連絡が数回入りました

しつこいので領収書を添付して申請書類を保険会社へ送ったところ、しばらく後に銀行口座へ保険金が振り込まれてきました。

 

学んだ教訓:極力エスカレーター、手すりを使う。保険の電話はその場所で。

この事故で学んだ教訓

  • 飛行機から降りた直後は極力エスカレーターを使う。(階段を含め)歩いて下りる場合には手すりを使うかすぐつかめる状態にしておけ。
  • 事故が起きたらその場で保険デスクへ電話するほうが良い。場合によっては目撃者を確保する必要があるかも。
 
 

おすすめ記事

 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を

= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 
Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2018 All Rights Reserved.