目を酷使する現代人。健康維持のためにも眼精疲労のケアは重要なポイントになります。蒸しタオルやホットアイマスク等を試してきて、たどり着いたのは玄米カイロの仕組みを使った「アイハーブカイロ」。電子レンジでチンするだけで心地よい温かさが持続します。

▼スポンサーリンク▼

蒸しタオル~蒸気でホットアイマスク

スマホやパソコンを使っていると目が疲れませんか? 眼精疲労には目のまわりを温めると良い、と聞いてい色々と試してきました。

電子レンジで蒸しタオル

その昔は、濡らしたタオルをビニール袋に入れて電子レンジで加熱。「アチッ」と言いながら仰向けに寝て目の上に置いていました。

目の疲れはとれるのですが、すぐに冷めてしまうため、温かみを求めてタオルをひっくり返しながら使っていたものです。

 

蒸気でホットアイマスク

そうこうするうちに登場したのが花王の「蒸気でホットアイマスク」でした。封を切ればじわじわと温かくなり、かなりの時間持続します。

 

携帯するにも便利で、出張の宿泊先へもよく持っていきました。

しかし、いかんせん使い捨てでお値段も安くはない。目の痛みは取れても長期にわたって常用し続ければ懐が痛くなってしまいます。

 

便利でおすすめ「アイハーブカイロ」

そこで「蒸気でホットアイマスク」に代わって利用するようになったのが「アイハーブカイロ」です。電子レンジで30秒チンするだけで、温かさが持続する時間はホットアイマスクに引けを取りません。

 

 

玄米カイロの「湿熱」が効果を生む

「アイハーブカイロ」の中身は玄米です。

玄米は水分を含んでいるため温めることで蒸気となって放熱され玄米の遠赤外線効果により芯まで温まります。

EYE GERB STORE より引用

 

数年前からブームとなっている「玄米カイロ」は一般的な「使い捨てカイロ」と温め方の質が異なります。

玄米カイロ 湿熱法 体の芯を温める
使い捨てカイロ 乾熱法 表面を温める

 

温熱法の方がより眼筋をほぐす効果が期待できることは、論文「ホットパックの乾熱法と湿熱法の違いが筋硬度に及ぼす効果」でも検証されています。

今回の結果では,HP(=ホットパック)は筋硬度を低下させる手段として有効であり,とくにその効果は湿熱法の方が乾熱法より高いことが示唆された。

これらの知見から,臨床においてHPをストレッチの前処置など,筋腱の伸張性を求めるアプローチに使用する場合,湿熱法の方が効果的であることが示された。

論文「ホットパックの乾熱法と湿熱法の違いが筋硬度に及ぼす効果」より引用

気持ちいいですよ!

 

おすすめ記事