フロッピーディスクってまだ使っている人がいるんだー!?驚きました

20世紀に使っていたフロッピーディスク(FD)が部屋の隅から出てきました。20年以上前のディスクの中に何が入っているのか、気になるのでFDドライブを注文。するとFDそのものもまだ販売されていることを知って驚きました。(文中敬称略)

数十年前のフロッピーディスクが出てきた

部屋を片付けていたら、懐かしいモノが出てきました。

フロッピーディスク(FD)です。

ラベルに「MFD」と書いてあるのは「Magnetic floppy disk」の略ですね。

どれくらい前のものだろー?

少なくとも、21世紀に入ってからは使っていないと思うので、20年以上は経っているはずです。

FDの中身が気になるので読み込むドライブを探した

このまま捨ててしまっても生活には何ら影響はないでしょう。しかし、中に何が入っているのか? 少し気になります。

気にはなるものの、もはやフロッピーディスクドライブが付いたPCなど手元にはありません。

それほど高くなければ、外付けのFDドライブを買って中身を確認してみようと思いました。

FDドライブを注文した!!

Amazonで調べてみると、1,000円前後から数千円するものまで、まだ多くの種類が売られています。

安かろう悪かろうで、持っているFDが読み込めなかったら意味がありません。そこで、とりあえず中間くらいの価格の製品を注文してみました。

20年以上忘れ去られていたフロッピーディスクに何のデータが入っているのか? ドライブが届いてからのお楽しみですー。

オウルテック 外付けUSB3.5インチフロッピーディスクドライブ

▲画像クリックでAmazonへ▲

フロッピーディスクがまだ売られている!?

それはそうと、Amazonで調べてみて驚いたのは、フロッピーディスクそのものがまだ売られていることです。それも多くの種類があります。

しかし、高いです!

1枚あたり300円以上はします。DVD-Rの値段の10倍以上!?

SONY 2HD フロッピーディスク DOS/V用 Windowsフォーマット 3.5インチ ブラック 10枚入り 10MF2HDQDVB

▲画像クリックでAmazonへ▲

いまだに(バカ高い)フロッピーディスクを使っている人たちって!?

興味があるので、調べてみることにしましょう。

つづきは 今更ながら「フロッピーディスクドライブ」を購入したのだけど・・・ へ。

タイトルとURLをコピーしました