"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

生活と文化

大きくならない「マリモ」はニセモノ?北海道(阿寒湖)観光のお土産

何年も前に北海道旅行でお土産に買った「マリモ」。ずっと冷蔵庫の中で放置されていたのに気がつき、取り出してみると、大きさが変わっていません。「これってニセモノ?」と家族が残念がっているので、調べてみました。(文中敬称略)

8年経っても大きさの変わらないお土産マリモ

8年前に家族で北海道を旅行したときに、阿寒湖のお土産屋さんで子どもたちが買った「マリモ」。自宅ではずっと冷蔵庫の中に放置されていました。

 

 

昨日、家族がそのお土産マリモを取り出してきて、ボヤいていたのです。

「このマリモ、全然大きくならないよね。ニセモノなのかなー?」

球状になる緑藻であるマリモ。直径が数十センチにも大型化するのは、世界でも北海道の阿寒湖に生息するマリモだけとのことです。

 
 

しかし、おみやげ屋さんで買ったマリモの大きさは8年経っても全く変化がありません。

「偽物なのかー?」といぶかしがる家族に変わって調べてみました。

 

まー、よくよく考えてみれば、阿寒湖のマリモは日本の特別天然記念物であり、行政の許可なく採集とかできません。

湖に生息しているマリモをそのまま販売することなど有り得ないでしょう。

 

お土産マリモは内職で丸められている!?

ネットで検索してみると、テレビのバラエティ番組『有吉弘行のダレトク!?』の2014年7月の放送回で「お土産マリモの作り方」を放送していました。

実際には「内職のおばちゃんが藻を手で丸めている」とのことです。

 

Wikipediaにも記載がありました。

観光地などで「養殖マリモ」の名で販売されているものは、地元漁協が釧路湿原国立公園内のシラルトロ湖で採取したマリモ糸状体を人工的に丸めただけのものであり、実際には「養殖」し増やしたものではない。

材料を採取しているシラルトロ湖ではこのマリモの販売のため、マリモが減少し、絶滅の危機に瀕している。販売されているマリモは天然のマリモに比べて形が壊れやすいといわれている。

Wikipedia マリモ より引用

 

「マリモ糸状体」というのは下の写真のような形状の緑藻です。

 

実際の生物を人工的に丸い形にしたものにつき、観光用マリモを「ニセモノ」と呼ぶのは違うような気がします(笑)

「形が壊れやすい」お土産マリモが8年経っても全くキレイなままというのはラッキーでした。たぶん冷蔵庫でずっと保管していたからだと思います。

もし部屋で飾っていたら、今ごろは鞠(まり)の形を保っていなかったかもしれません。

 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を

= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 
******************************
プロフィール


奥野 良孝 Owndays(オンデーズ)CFO

ヨシオクノ 奥野良孝
OWNDAYS 取締役|
メガバンク~投資銀行
[融資/債権回収/再生ハゲタカ]
→脱サラ
→オンデーズ再生に参画
→次は自分3.0?
音楽全ジャンルとダンスLOVER
  • ******************************

    NewsPicksインタビュー

    ▲画像クリックでNewsPicksへ▲
  • ******************************

    NewsPicksインタビュー

    ▲画像クリックでNewsPicksへ▲
  • ******************************

    NewsPicksインタビュー

    ▲画像クリックでNewsPicksへ▲
  • ******************************

    破天荒フェニックスに登場


    ▲画像クリックでAmazonへ▲

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

-生活と文化

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.