”宇宙戦艦ヤマト”は”アルプスの少女ハイジ”に挑んで討死した

「機動戦士ガンダム」と同様に、シリーズが多くコアなファンも多い人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」も、初回放送時には低視聴率で早期に打ち切られました。実は「アルプスの少女ハイジ」へ裏番組としてぶつけて討ち死にしたのでした。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

アルプスの少女ハイジのアニメの最終話?

ここ数年、CS放送でテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』が頻繁に放送されています。

アルプスの少女ハイジ

▲画像クリックでAmazonへ▲

アルプスの少女ハイジは、もとは私が小学生の時に放送されたアニメ番組です。

私は、大昔の記憶を呼び起こしながら、子どもたちと一緒にテレビ画面を眺めていました。

すると、最終話に近い放送回の映像については「見たことあるシーンだ!」という記憶が蘇りません。

実は私は、ハイジの終盤のお話を知らなかったことに気が付いたのです。

ハイジの裏番組で宇宙戦艦ヤマトが始まった

思い返すと、たしかハイジが放送されていた1974年の途中から、裏番組で『宇宙戦艦ヤマト』の放送が始まり、私はヤマトを観るようになったのです。

当時はまだビデオデッキなど一般家庭に普及していませんでした。

宇宙戦艦ヤマト- 松本零士

▲画像クリックでAmazonへ▲

確認してみると、やはりハイジが放送された1974年の終盤3ヶ月がヤマトの放送開始と重なっていました。

▼「アルプスの少女ハイジ」と「宇宙戦艦ヤマト」の初回放送年月

ハイジ:アルプスの少女ハイジ、ヤマト:宇宙戦艦ヤマト、犬:フランダースの犬

放送年月フジテレビ日本テレビ
1974年01月ハイジ 
1974年02月ハイジ 
1974年03月ハイジ 
1974年04月ハイジ 
1974年05月ハイジ 
1974年06月ハイジ 
1974年07月ハイジ 
1974年08月ハイジ 
1974年09月ハイジ 
1974年10月ハイジヤマト
1974年11月ハイジヤマト
1974年12月ハイジヤマト
1975年01月ヤマト
1975年02月ヤマト
1975年03月ヤマト
1975年04月 
1975年05月 

ハイジの後には『フランダースの犬』

『アルプスの少女ハイジ』は、カルピスまんが劇場(後の世界名作劇場)シリーズ。同テレビアニメシリーズは、毎年新しい物語に変わります。

ハイジの次(1975年)の物語は『フランダースの犬』でした。

フランダースの犬は「世界名作劇場」シリーズの中でも平均視聴率No.1を誇る大ヒット番組です。

そしてヤマトの視聴率は低迷を続け、本来の回数から短縮されて終了することになったのでした。

ポテンシャル高ければ再チャレンジの価値あり?

「機動戦士ガンダム」も「宇宙戦艦ヤマト」も、初回の放送時には回数短縮の憂き目にあったにも関わらず、再放送や映画化をきっかけにファンを拡大し、シリーズとして現在の不動の人気を勝ち得ているのです。

質の良いコンテンツは、たとえスタート時のファンは少なくても、時間をかけてファンの輪を広げていくことのできる良い事例でしょう。

ごく短期の成果に一喜一憂することなく、腰を据えて取り組む重要性も教えてくれます。

タイトルとURLをコピーしました