砂糖や異性化糖の摂取を控えていたら拒絶反応を起こす体質になった

砂糖や果糖ぶどう糖液糖といった甘いものを避ける食生活を続けていたところ、たまに摂取した時に拒絶反応を示す体質へ変化しました。麻薬に匹敵する砂糖の中毒性について注意喚起する意見には賛否両論?でも自分の身体は正直です。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

砂糖入りドリンクを口にすると体調が悪くなる?

私がSNSに投稿したボヤき・・・コンビニのくじ引きでペットボトル飲料が当たったものの「砂糖入りのドリンクに口をつけると気持ち悪くなる」という内容でした。

ただし、厳密に言うと「砂糖(ショ糖)や異性化糖(果糖ブドウ糖液糖など)が入った飲料」のことです。

異性化糖という甘味料

異性化糖とは、でん粉を酵素により分解して精製したぶどう糖をさらに酵素で異性化した甘味料

主成分は果糖ぶどう糖です(結合はしていない)。

食品の原材料表示によく見られる「果糖ぶどう糖液糖」という名称は、異性化糖の果糖含有率(果糖の割合)による分類です。

異性化糖の分類(日本農林規格)

分類果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)
ぶどう糖果糖液糖50%未満のもの
果糖ぶどう糖液糖50%以上90%未満のもの
高果糖液糖90%以上のもの
 

下の引用元の解説によると、異性化糖は果糖の含有率によって砂糖よりも甘くすることができます

砂糖の甘みの強さ(甘味度)を100とすると、ブドウ糖の甘味度は65~80、果糖は120~170です。

その結果、異性化糖の甘味度は、果糖分42%の異性化糖が70~90、果糖分55%の異性化糖が100~120とされています。

異性化糖って、何だろう? – 日本甜菜製糖株式会社 より引用

この異性化糖は、1960年代後半に日本の研究者によって開発されました。

コーンスターチ(とうもろこしでん粉)から作られるため、砂糖の代替として「米国の大手清涼飲料メーカー」が使用することによって、広く普及するようになったのです。

異性化糖が普及したわけ

この異性化糖は、日本の研究者が、砂糖の代替として、1960年代後半、世界に先駆けて大量生産の道を開いたものです。

当時キューバ革命により砂糖を輸入できなくなった米国の大手清涼飲料メーカーがこれに着目して、世界的に売り出した結果、広く普及するようになりました。

異性化糖の話|農畜産業振興機構 より引用

早いときには数分で気持ち悪くなる

「甘すぎる飲食物を口にすると気持ち悪くなる」身体の反応は、大げさな話ではなく実際に起きている現象なのです。

普段は糖分を加えた飲み物は、買わないし注文しないので、避けることができていました。

しかしバンコク(タイ)のケンタッキーフライドチキン(KFC)で食事をした時のことでした。

KFCの注文カウンターでの意思疎通が上手くいかず、出てきたアイスコーヒーは見るからに甘そうな感じ・・・

恐る恐る一口飲んでみると、途端に口の中に違和感を覚えて気持ちが悪くなったのです。

日増しに拒絶反応が早く強くなってきた

バンコクのKFCでドリンクを一口つけて残した事件のその後も、菓子パンやお菓子を口にしたときには異変が起きるようになりました。

飲み食いした後の、数分から遅くて1時間くらい経つと、頭がぼーっとして気分が悪くなります。

だんだんと症状が酷く、反応が出るまでの時間が短くなっていきました。

以前は菓子パンとか大好きだったのに、今や食べると必ず後悔するようになってしまったのです。

意識して砂糖の摂取を控えていたら体質が変化した

私はもともと甘いものがダメだったという訳ではありません。大好きだった菓子パンやお菓子は食べすぎても全く平気でした。

砂糖の摂取を意識して控えるようにして1年くらい経ってから、甘いものを飲み食いした際の体調の異変を感じるようになったのです。

砂糖の中毒性~砂糖依存症

インターネットで「砂糖 中毒」とか「砂糖依存症」で検索すると、たくさんの情報が出てきます。砂糖や異性化糖には麻薬に匹敵する中毒性があると指摘する意見や実験結果もあります。

大手飲料メーカーは異性化糖の使用を正当化

異性化糖を大量に使用する「米国の大手清涼飲料メーカー」にとって、異性化糖バッシングはビジネスに大きな影響を及ぼす問題です。

同社の日本語のウェブサイトでは「異性化糖とショ糖は非常に類似しているため、これらを置き換えても肥満または健康への明確な影響はない」と異性化糖の利用を懸念する風潮に異論を唱えています。

論点はショ糖と異性化糖の影響の差ではない

しかし飲料メーカーの異論は「ショ糖(砂糖)そのものの”肥満または健康への明確な影響”ついて」は触れておらず「”異性化糖とショ糖の置き換え”による大きな違いはない」とも読めます。

少なくとも私は、ショ糖や異性化糖の摂取を控えたことによって、体質が変わりました。

腐った食べ物を口にした際と似たように身体が拒絶反応を示すようになったのです。

最後に信じるのは自分の身体しかありませんヽ(´o`;

タイトルとURLをコピーしました